サンフランシスコ

2011年11月27日 (日)

サンフランシスコ「ZUNI Cafe」

マーケットストリートを繁華街から1マイルほど行ったところにあるZUNI Cafeは薪を使って料理をする人気のレストラン。

Dsc02141

お店に入って気に入ったのは絵画の数々。

Dsc02147

モダンなアートが落ち着きと華やかさを誘ってくれています。

最近白ワインが好きなので数々のカリフォルニアのシャルドネから選んだのがLewis

Dsc02140

1992年にナパで設立されたこのワインはあっという間に人気のワインになりました。シャルドネはナパとソノマのビンヤードがありますが、ワインリストにはソノマのワインがありました。このシャルドネはしっかりとした重みがあって、このレストランの人気料理のチキンにもちゃんと応えてくれます。

残念ながら人気のチキンは調理に1時間かかる、ということでチョイスせずに私は白身魚。

Dsc02148

同僚のMさんは同じチキンでも調理時間の少ないこちら。

Dsc02149

どちらの料理も良くも悪くもアメリカ的。つまり多少大味です。まぁワインが引き立つということで。

Dsc02154

お店の雰囲気は最高ですよね。
課題はサービスかな。Yelpにも出ていましたが、この雰囲気ならもっと顧客の側にたった笑顔のサービスを期待しますが、とにかくお客が多くて忙しそう。担当するテーブルが多いのでしょうかね。せわしなかったです。

Dsc02155


| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

SFMOMA(サンフランシスコ現代美術館)

ロサンジェルスからサンフランシスコへの移動は週末です。11時にはサンフランシスコに着き、中華街でベトナム料理店でフォーを食し、空いた時間はSFMOMAで過ごすことにしました。

Dsc02054

SFMOMAに向かって歩いていると、ちょうどこんなお店のオープン前にに並ぶギャルたち。日本人ではありません。白人に中国系も。お店の名前は「Harajuku Hearts」。これぞコンテンポラリー(笑)

土曜日ということもあり、チケット売り場は並んでいました。

Dsc02059

全体的には現代美術ということもあり、フロア毎に特徴があります。2Fはその時により展示が変わるのでしょうか。このときにはアートというか、インダストリーデザインとしてブラウン(あのひげそりの)電気製品が展示されていました。

Dsc02060

特に私が素敵だと思ったのはこのテレビ。現代でも通用する洗練されたデザインです。

3Fに上がると60年代前後のアートがずらり。

Dsc02062

右はジャスパー・ジョーンズで真中がアンディー・ウォーホル。そして

Dsc02063

ロイ・リキテンスタイン。

私が今回気に入ったのはこちら。

Dsc02072

Andrew Schoultz。この作品は色遣いが鮮やかですね。きらきらな紙(たぶん広告とか、何かのイベントで使ったものとかの再利用でしょう)を切って絵の上から3次元的に展開されています。

Dsc02071

一方こちらは3色で描かれた「スモッグ?」。真ん中の煙突から煙が噴き出しています。とてもシンプルな色なのに、繊細で色遣いが鮮やか。

今回は良い作品に出会えました。

また寄ってみようと思います。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

サンフランシスコのイタリアン「Brindisi Cucina di Mare」

サンフランシスコの夜にどこでディナーをしようか迷いに迷ったのですが、同僚の希望は蟹ではなくスパゲッティー。そこで取り出したのがいつものJCBガイド。すでに成田空港のJCB窓口は閉鎖されていて、でも自由にもらえるスタンドがあります。そこで発見したのが「古い」ガイドブック。今はジャバラの新しいガイドなのですが、古い方が充実しているのです。「う~ん」と眺めながらふと目にとまったのが、ホテルから歩けるBrindisi Cucina di Mareです。早速JCBに電話をして予約を取ってもらいました。ちなみにこの店はJCBが使えるので予約は取ってくれますが、新しいガイドには載っていませんでした。

Sanfran296

マーケットストリートやユニオンスクエアから歩いて10分はかからない場所です。

店に入って「あれ?来たことがあるデザインだ」とデジャブー。どうも来たことがある気がする。しかし思い出せない。でも店の名前など全く記憶にない..

Sanfran297

ともあれ、疲れた体にはシャルドネ(笑)

Wine039

Franc Family Vineyardsです。Rich Frankというディズニーのエグゼクティブが休暇を過ごす場所について悩んでいる頃、Kornell Champagne Cellarsのオーナーからナパでワイナリーが売りに出ていることを聞きます。早速購入して立ち上げたのがこのワイナリー。
しかしまぁ、疲れた体に染み渡る「濃い」シャルドネです。糖度も高いでしょう。これ一本でイタリアン全て行けそうです。

Sanfran298

まずは白アスパラガスをアンティパストに。ぶっといアスパラガスを期待していたら全然違って、ベーコンで巻いてありました。でもこれはつまむのにちょうど良かった。

隣のテーブルは15人ぐらいの団体さん。しかも全員ゼッケンをつけている。ある大手の金融機関の名前が入っており、それはどうも何らかの大会のスポンサーみたいです。みた感じマラソン大会。でもこの日は水曜日。平日にマラソン大会なんてあるのでしょうか?

なんとはなしに話を聞いていると、エールフランスの方々らしいです。ときおりフランス語が混じっていました。団体でなにかの大会に参加したのですね。

Sanfran300

あとはメインとスパゲッティーにしようと、先に来てしまったメイン料理です。名前は忘れましたが、チーズの下は茄子、を期待していたら出てきたのはポークでした。でもこれ、すごく柔らかいのです。たぶん箸でも切れるお肉。

さてと、スパゲッティーです。あえて「パスタ」とは言いません。このお店、大柄の女性マネージャーが仕切っています。彼女は生粋のイタリア人らしい。英語 もイタリアなまり。しかしイタリア人らしくとても愛想がよく、またお客さん達にいろいろ話しかけてきます。我々にも「どこから来たの?」から始まり、「私 は日本をずいぶん旅行した。新宿はよく覚えている」、と通りかかるたびに何か一言話しかけます。その時に通路側に座っているAMさんの肩などを何気なく触 れていくのもイタリア人のスキンシップでしょうか。

Sanfran301_2

彼女は次のように言っていました。「ニューヨークにイタリア人が食べても本当に美味しいイタリア料理の店が一軒だけあるの。でもサンフランシスコにはなかった。だから私たちはこのサンフランシスコに最高のイタリアレストランを作ろうと考えたの。アメリカのスパゲッティーって伸びてしまっていて美味しくないでしょ。私たちはアメリカのイタリア人を料理人にするのではなく、イタリアから料理人を連れてきて、イタリアの味をのもを出そうと考えたのよ。だからのこスパゲッティーもアルデンテでしょ。それに付け加えると、このスパゲッティーはこの店でちゃんと手打ちしているのよ。どう?美味しいでしょ。」

美味しくないはずがありません。あまりに美味だったので、なんでこのアメリカでこんなにイタリアっぽいスパゲッティーが食べられるのか質問をしたら先の説明だったのです。

Sanfran302

このティラミス。ちなみに日本人は平坦に発音しますが、彼女は「ティラミスゥ」と語尾にアクセントをつけていました。我々もそれに習って「OK, we take ティラミスゥ」ってオーダーをした訳です。もちろんここで作っているので美味しい。まぁアメリカ流にサイズが大きいので二人で1つをお勧めしますが。

Sanfran303

(そのデザートのメニューです。クリックして拡大。)

自分の鼻の利き具合には今日は満足です。イタリア人街があり、あまたのイタリア料理から勘でこの店を選んだ。それがどこにでもあるアメリカンなイタリア料理ではなく、ちゃんとしたイタリア料理の店。そしてデジャブー。

サンフランシスコでは蟹にこだわっていた今日この頃ですが、今回の出張では蟹の前後に食べるベトナム料理やら、イタリア料理やらが見つけられたよい旅でした。
最近ではテクノロジーの進歩によって出張が減ってきたのでまたいつ来ることができるかわかりませんが、もしブログを読まれている方でサンフランシスコに行かれるチャンスがあればぜひ行ってみてください。もちろん比較のために、アメリカンなイタリア料理も一度試されることをお勧めします(笑)。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

寒いゴルフの後に蟹が!

この日のゴルフは前の組がスロープレイでアメリカにしては珍しく5時間かかりました。終わったらもう7時を過ぎていて、Deanが「ディナー一緒にしよう」という誘い。断る理由は何もありません。「ステーキでいい?」と軽く言われ「いや、肉は食べないから」と返事をするとゴルフ場のクラブハウスで聞いてきてくれました。

Sanfran293

この町はDaly CityでそのショッピングモールWestlake Shopping Centerに隣接するSouth Gate Centerにある中華料理「King Wah Seafood Restaurant」に何気なく入ったのです。

まずは冷えた体を暖かいスープで温めました。そしてTapa君がメニューを見た瞬間「この蟹が食べたい」と主張。サンフランシスコではほとんど蟹の店を開拓しつくしたかなぁ、と思っていたのでこの中華料理の蟹はうれしかった。なんとなくサンフランシスコの蟹ハンターになりつつあるので。
写真の奥がゴルファーのDeanで、彼は体が大きいのでかなり大食いです。

Sanfran294_2

この蟹ももちろんダンジネスクラブですが、中華風にカラリと揚げてあります。美味。
でももっと旨かったのはこのインゲンに似た野菜。蟹がガーリックベースと聞いたので、ガーリック抜きで料理してもらったのですが、サクサクしていて止まらなかったです。

Sanfran295


店員の人たちもニコニコ、きびきびと働いていて、お客さんも大半が中国人。これって良い中華レストラン、ってことです。

これでホテルに帰ったのが午後9時。しかし日本時間が営業時間に入り、仕事の電話や電話での会議参加に忙殺されて解放されたのが午前1時半。せっかくの楽しい休日が最後にはつらい仕事となったのは残念至極でした。外資系企業、華やかに見えるかもしれませんが、こんな感じですよ..。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

Harding Park Golf Course

出張に来ているのに遊んでばかり、と思われるでしょう。言い訳すると仕事は3日間。夏休みを3日間足して、間に週末を挟んでいます。(なお最後の休みの日はアメリカからの移動日でして...)つまり平日2日間と土曜日は休暇で、その内容をブログにしています。(かなり言い訳していますが)

さて2日目の休暇はサンフランシスコでゴルフです。同僚のゴルフの才人Deanにメールで相談したら、午前中仕事をやっつけて午後1時半にはサンフランシスコでゴルフできるから、と予約をしてくれたのがHarding Park Golf Courseです。サンフランシスコのダウンタウンから車で30分かからない距離、だいたい15キロです。海辺に面していて、この一体が大きな公園になっています。他に同じシスコのエンジニア・ディレクターのTapa君(見た目40歳ぐらいのインド人)。

Golf055

さてティーオフ前に心配事が。それは寒さ。気温は15度ぐらいでしょうか。以前同じサンフランシスコのPresidio Golf CourseでDeanと夏にゴルフしたときにも寒かったので一応夏用のゴルフ用長ズボン持参でしたが、それは生地が薄いので断念。更にソックスはくるぶしまでの短いもの。ソックスは仕方ないのですが、ズボンは困ったので仕方なくスーツ以外に持ってきた仕事用ズボンで代用。上は長袖シャツにカーディガンを羽織り、更にサンフランシスコでたまらず購入したナイキのウィンドブレイカー。

コースは前半は左側が道路、後半は湾の海、という全く違ったロケーションになります。つい先日もタイガー・ウッズがプレイしたトーナメントが開催された結構格式のあるコースです。

しかし寒さには勝てません。前半はとにかく体が回らず左の道路側に打ち込む始末。一緒にラウンドした地元の方(我々3名に追加で入った)などは金網を大きく超えて「ボコン!」と車に当てる始末。大丈夫なんでしょうかねぇ。

Golf056

ドライバーはずっと左に引っかけるばかりでもう怖くてしかたない。でも後半の終わり3ホールあたりでDeanが「左足の先がスウィングの途中で浮いているよ。かかとが回って体をひねらずにそのまま左に回転している」とアドバイス。左足をしっかりと踏ん張って体を回したらナイスショット、が出たではないですか。しかし時すでに遅し。上がってみたら101点。

寒くてたまらなかったけど、アメリカでゴルフをするのはそれはまた日本と違う楽しみです。Tapa君とはいろいろ話したのですが、ソニーやパナソニックやら住友系の会社やらに勤めていたり、起業してたたんだり、若いのに苦労人でした。

ゴルフは始めたばかりで先生はDean。私は翌日に会う予定のアメリカの顧客企業のディレクターの名前を聞くので教えたら「インドの同じ町の出身だからよく知ってるよ」だそうで、世界は狭いな。社内のソーシャルアクティビティーって重要だと思いますが、日本みたいに飲みに行くことが少ない分、ゴルフをしたりして屋外で過ごすことが多いみたいですね。

アメリカの企業の日本法人に勤めて足かけ20年以上になりますが、つくづく本社とのパイプの重要性を感じる今日この頃です。でも本社側にいるアメリカ人同士はこうやってソーシャルアクティビティーでつながっていて、ツーカーで話が通せる。
会ったこともない本社の連中と電話会議で難しい要求をするのって、はっきり言って困難きわまりないのです。Deanも「お前がサポートを求めているあのSVPは俺のゴルフ仲間だよ」と彼らは部門は全然違うのに羨まし過ぎます。

寒さに震えながらそんな事を感じてゴルフをしたのでした。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

ベトナム料理で蟹「Kim Thahn」

寒いサンフランシスコでもやっぱり蟹でしょう。と、常に新しい蟹の店をチャレンジしているので探してきました。ベトナム料理「Kim Thahn」です。

入り口に水槽があり、そこに蟹や海老が泳いでいます。メニューを見てすぐに「時価」の蟹を注文。何種類かあるのですが、「ベトナム風」をチョイス。

Sanfran290

ビールを飲みながら待っていると、最初に春巻きが出てきました。

Sanfran285

中は野菜のみでかなりサクサクしています。右にある甘辛ソースにつけて、外は寒いけど、ビールが進む。

Sanfran284

待つことしばし...やってきましたタンジネスクラブ。カラリと揚げて、胡椒とベトナム風の香辛料で味付け。オイリーではないので食べやすい。これは旨いです!

Sanfran287

蟹にかぶりついていたらようやく野菜と焼きそばが来ました。麺のメニューがかなりしっかりしています。ベトナムの欄で1ページ。中華麺で1ページ。ベトナム風焼きそばを頼んだつもりですが、麺はフォーの麺ではなく、普通の小麦の麺でした。そこはチョイスの失敗かな。

お店は結構出入りがあり、人気店です。

Sanfran291

(このカメラマンはSEのAMさん)


| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

8月なのに真冬のサンフランシスコ?

寒いです。気温は華氏55度。摂氏12度。昼間も摂氏15度ぐらい。

ほら、コートを着ないと寒くて歩けません。

Sanfran283

サンフランシスコは寒流と霧の影響で夏は寒いのですが、今年は異常気象です。こんなに寒いことはなかなかない。私も夏に何度か来ていますが、ここまで寒いのは初めてです。

Sanfran286

街は霧で包まれています。

Sanfran288

この写真はサンフランシスコに向かう時に撮った写真。サンフランシスコの10キロほど手前です。ここまでは暑いのです。だいたい25度ぐらい。

Sanfran289

そしてゴールデンゲートブリッジ。霧に煙るのは夏の風物詩でしょうか。

東京は猛暑で異常気象。カリフォルニアの北方面は寒さで異常気象。地球を大切にしましょう。

| | コメント (2)

2010年5月11日 (火)

「Fog Harbor Fish House」で蟹三昧

最後の夜はサンフランシスコです。私のわがままで行ったことのない蟹料理の食べられる店をなんとか探しだしたい、と思っていました。正直、ブログに載せるためのネタ探しですね(笑い)。
車でサンフランシスコに向かっている最中にJCBに電話をして店を予約してもらいました。ところでこのJCBパスポートはもうすぐ成田での配布が終了するそうです。このパスポートはすぐれもので、たとえば今回もワインをサンフランシスコで購入しましたが10%引きになります。このレストランでもカラマリのアペタイザーが無料になります。全く困ったことです。続けて欲しい!ぜひお願いします。

さてPier39にあるこの「Fog Harbor Fish House」、海岸からの景色が素晴らしいそうです。

蟹三昧ということでサービスのカラマリ以外で頼んだのはダンジネスクラブのガーリック炒め。そしてハーフダンジネスクラブのリングイネ。

Sanfran279


ガーリック炒めはとにかく「蟹」!この蟹自体はあまりうま味のない肉のようですが、味付けのしっかりした料理をすると生き返る。つまりソースをよく吸って活かされるのですね。手をベタベタにしながら頬張ります。

Sanfran280

リングイネもソースの味付けは濃いものの悪くないですよ。

ワインはこれ。ナパはSt. HelenaのSilveradoにあるワイナリー。Rombauer

Wine031

重めのシャルドネです。この重さなので味の濃いしっかりした蟹料理にはもってこい、と思ってオーダーしました。最初はそれで良かったのですが、全体が重く、途中からつらくなってきました。やはりここはソービニオンブランの方が良かった気がします。
でもワイン自体は私が好きなうま味系シャルドネ。しっかりとして果実味もあり合格でした。

そうこうしているうちに夕暮れです。
ボートが入江に出入りする様子が綺麗ですね。

Sanfran281

(クリックして拡大)

デザートはここから選択。いやはやでかい!最後の夜なので思い切ってオーダーしてみました。満腹。ごちそうさまでした。

Sanfran282

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

サンフランシスコのチャイナタウンでベトナム料理

Nさんが行っておきたいレストランとしてタイ料理とベトナム料理を推薦してくれた。久々にチャイナタウンを歩き、その一番端にあったのがその2つのレストラン。「タイ料理は辛めだけどビールが飲める、ベトナム料理は胃に優しい料理でアルコールはなし。どっちがいい?」と聞かれ、一同ベトナム料理で合意。

Sanfran274

HPもないだろうな、この店は。「My Chanh

店内は極めてシンプル。

Sanfran275

ビールもなし。お茶で乾杯して、野菜炒めや麺類、チャーハンなどをオーダー。当たり前だけど、なにも凝った食事を毎日する必要はない。アルコールもあれば飲んでしまうが、なければないで飲まないだけ。飛行機で帰ることを考えると、前日はアルコールを抜いた方が健康によいに決まっている。

ところで飛行機で中年がアルコールを飲むことの危険性ってご存じであろうか?私はとても怖い思いをしたのでここに記載したい。それは成田からエコノミークラスにてサンフランシスコに飛んだ時のこと。機内ではビールを飲んでワインをたしなみ、少しだけ眠って着いた。

その日はお客さんとソノマに宿泊し、翌日はナパで視察の予定。もちろんサンフランシスコ空港からソノマに直行し、ランチは太陽の下で白ワインで乾杯。そして2カ所ほどのワイナリーを巡りテイスティングをした。夜はタクシーで寿司屋に出かけてまた飲んだ。

実は昼間からなんか唇の左下がおかしい。触っても感覚がない。まるで歯医者で麻酔をかけられているようだった。それは1週間後に帰国しても直らず、いつものドクターに相談に行った。そうしたら即座に「それは脳梗塞だよ。MRI撮って。」と言われ、診断結果はなんと軽い脳梗塞だったのだ。

飛行機ではただでさえ乾燥しており血液が濃くなりやすい。更にアルコールを流し込むとどろどろに。そのうえエコノミー症候群になりやすいということで分かるように体を曲げているので血栓が出来やすい。つまり、普段からコルステロールが高く、動脈硬化のある人は飛行機の中でアルコール摂取をすると脳梗塞になりやすいのだ。実際、私のアメリカ人の同僚が上海に到着したその日の夜に倒れて病院に運ばれた。彼はアルコールを飲まないが、コカコーラ中毒。

飛行機の中ではアルコールを飲まずに、ペリエと紅茶で過ごすようにしている。もし血栓や動脈硬化がはがれて飛んで、脳の主要部分に詰まったら...病院で2,3時間以内なら注射で溶かしてかなり助かるらしいが、機内ではどうしようもないのだ。お気をつけください。

と、話は長くなったが、ここの麺類はとても旨い。

Sanfran276

この写真の右上にある野菜を薬味としてたくさん入れて食べるのだ。

Sanfran277

Sanfran278_2

チャーハンはさらさらしていて食べやすい。大満足してホテルに帰ったのは言うまでもない。

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

Plumpjack Cafe

Sanfran267

ナパのPlumpJack Wineryを訪れたのはもう5年ほど前だったろうか。あれは今はクローズしてしまった、サンフランシスコで一番のワインレストラン「Rubicon」のソムリエディレクターのラリー・ストーンにワインを選んでもらい堪能した時だった。帰りに、「明日ナパに行くのだけどお勧めのワイナリーはない?」と聞いたのだ。その答えの一つにPlumpJack Wineryがあった。

ラリーにはいつも東京からメールをしてレストランの予約をしてもらっていた。彼がフランスに仕事で出かけているときには奥様が予約を代行してくれたりしていた。彼は若くして伝説のソムリエだったが、今はルビコン・エステートワイナリーのGMをなさっている。そういえばCaleraに行ったときには電話をしておいてくれていて、おかげでJoshが挨拶に来てくれた。

ともあれ、ワイナリーを持つビジネスを展開しているPlumpJackのレストランには一度行ってみたかった。伊藤忠テクノロジーで以前シリコンバレーで仕事をされていた、Tさんがサンフランシスコで食事をする際に勧めてくださったこともあったが、あの時は予約が取れなかった。まぁそんなこんなで電話をしてみたら見事に予約が取れたわけだ。

PlumpJackは「プランプジャック」と日本語表記されていることが多いが、現地の発音を聞いていると「プラムジャック」に聞こえる。どちらが正しいのか誰か教えてください。

店内は落ち着いているが「Cafe」という名前があるとおり、少しだけカジュアルだ。この店なら肩肘張ってネクタイをする必要は全くなさそう。気軽にワインと食事を楽しめる雰囲気。

Sanfran268

泡ものと白ワインのグラスで乾杯。

Sanfran269

食事に合わせたワインは、Nさんの希望で軽めで飲みやすい赤ワイン。ソムリエと相談してMinaerのROSELLA'S VINEYARDのピノにした。Santa Lucia Highlandsのもので、色は明るいルビー。香りも高く、希望通りのピノだった。

Sanfran270

これはアペタイザーです。メニューからは想像もつかなかったけれど、マグロのたたきとトビッコが和えてあり、それを揚げた春巻きの皮に包んだもの。味も風味もアジア料理。これは最初に飲んだシャルドネがよく合あっていた。

Sanfran271

メインはサーモン。ピントがちょっとずれたけど、かえって手前の盛りつけのこだわりが分かって良いかな。このサーモンは柔らかく満足のいくものだった。もう一工夫あっても良いけどね。

Sanfran272

普段はデザートを食べないのだけど、今回はマラソンの練習で結構走っていて体重も減っているので甘いものを食べても大丈夫、と開き直り。これはトーストしたアーモンドのパンナコッタ。思っていたイメージと違うが、このトーストしたカラメルとそのしたに柔らかいクリームが...ちょと体には負担があるかな。

Sanfran273_2  ライトもPlumpJackのワイナリーと同じデザインだった...当たり前か。

ワインリストは元々PlumpJackばかりと想像していたのだけど全くそんなことはなく、カリフォルニア中心にフランスやイタリアのワインも充実している。もちろんPlumJackを飲んで欲しいが、ピノは..ない。

PlumpJack cafe: http://www.plumpjackcafe.com/plumpjackcafe/

| | コメント (0)