日本酒

2013年4月18日 (木)

京都の酒にこだわる貴与次郎

Kyoto201310

京都は2012年12月26日の市議会で「乾杯は日本酒で行う」との条例を全会一致で可決したの、ご存知でしょうか?「京都市清酒の普及の促進に関する条例」で市長もブログに書かれています。そこで我々も京都で乾杯すべく行ってきました。選んだ店は京都の日本酒しか扱わない、という強者である「貴与次郎」です。

カウンターが4、5席。テーブルは3つの目の行き届くサイズ。シンプルで落ち着く内装です。

さて乾杯はどうしようか、と選んだのが桃の雫の大吟醸。

Kyoto201311

竹筒に入れられてお酒でちゃんと乾杯をしました(証拠写真)。

料理は文句なしです。

Kyoto201312

全国から直送された素材が活きています。ホタルイカは甘く柔らかい。

Kyoto201313

鯛はねっとりと甘く、鰹は初鰹!。ウニは、すみません痛風なのでMさんに差し上げました。

お酒は濁り生酒の「月の桂」。

Kyoto201315

ビール好きのMさんもこの日は「日本酒しか飲まない」と宣言をしてお互い顔を火照らせながらグイグイと酒が進みます。そういえば月の桂は私の大学時代の友人のお母様の実家だったので、彼の結婚式では盛大に振る舞われたのを思い出しました。

Kyoto201314

私が肉が食べられないということで鮭の幽庵焼きに山芋とイクラがけになりました。イクラも大半が食べられなくて残念ですが、これ親子盛りですよね。

Kyoto201316

旬の筍は柔らかく、味もしみて美味。

Kyoto201317

蛤のみそ汁にピカピカと光るご飯。

Kyoto201318

最期は月桂冠の純米酒を熱燗で。ちなみに月桂冠、東京では良い銘柄に巡り会いませんが、実は資金をつぎ込んで旨い酒も造っているんですよ。

銘柄は忘れましたがもうひと種類のお酒も飲んで二人で4合いただきました。

大将も女将さんもとてもサービスがよく、予約した私の名前でずっと呼んでいただけました。そういう気配りがとても良い印象に残るんですよね。

料理も京都のお酒も堪能した夜でした。

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

仕事納めは九平次で

私の会社は12月30日からが正式なお休みとなります。ところがGreat Place To Workとグリーン対策の一環で29日はオフィスシャットダウンと正式な休日となりました。更に27日と28日は特別な仕事がなければ有給休暇の申請を促す「有給取得奨励日」となり、私は24日の仕事を最後に仕事納めをしてしまいました。
さすがに24日に同僚を誘えないので、仕事納めならぬ同僚との「飲み納め」は12月22日となったのです。

仕事を早く切り上げて6時前から飲もうか、と言っていたわりには雑用があってミッドタウンを出たのが6時過ぎ。この日はどこも予約が取れない日というの知ってました?忘年会やら接待やらで、営業部門の連中が「全く予約が取れない」と愚痴っていたのです。さらに乗ったタクシーの運転手さんが「今日は1年で一番売り上げの多い日なんです」と解説してくれました。
例年、天皇誕生日の前日が一番需要が多いのだそうです。

予約のない我々は蕎麦屋ならなんとかなるだろう、と高をくくって赤坂の大好きな蕎麦屋「観世水」に行ったのでした。
しかし見通しは甘く「19:15に予約のお客さんがあるので、それまでなら」と言われ、これから探すのは無理と観念して45分一本勝負にしたのです。

その仕事納めに選んだのが醸し人九平次の生。

Sake001

「うすにごり」です。
グラスを見ていただくと分かりますが「なまなましい」(私はうすにゴリのシュワシュワしている日本酒の事をこう呼びます)。

今年も1年間、仕事ではいろんな事がありました。でも総括すると良い年でした。大きな失敗はなく、セールスとしてはぎりぎりのところでなんとか成功させた案件がいくつかありました。

ある案件は「もう諦めるか」とくじけそうになったのです。しかし結局会社を超えたチームワークで乗り切る事が出来ました。その方達と乾杯した時のお酒の美味しかった事。

しかし来年は厳しい年になりそうです。無謀な戦いに挑まなくていはならない案件が既に見えて来ています。

そんな話をしながら45分で生ビール一杯と九平次を飲みながら蕎麦をすすったらとても良い気分になり、そのまま千鳥足で帰宅しました。

| | コメント (1)

2010年3月20日 (土)

赤坂「あ、うん」で貴重なお酒

ギタリストの栗田和樹さんが「日本酒が飲みたい」という話だったので一緒に赤坂見附の「あ、うん」に行きました。
彼には先月から私が会長をしている浦安ギターサークルの講師になっていただいのです。

さて、あうんに来ると私はビールを飲みません。まぁ大概の日本酒の店では飲まないのですが。理由は「ビールを飲む分、飲める日本酒が減るから」つまり肝臓の処理能力は一定なので、ビールを飲んでしまうとそれだけ日本酒の許容量が減るのです。特に最近は酔いが重くて...弱くなりました。

Sake009

最初に大将が「もう2杯で終わり」と言って出してくれたのは田酒の「純米大吟醸山廃」。この青い「田酒」ラベルは初めてです。大吟醸の山廃。なかなかガツンと来るお酒でした。甘い香りにしっかりと舌に残る山廃の強さ。これは一滴一滴味わいたい。

Sake010

2杯目は大将のお勧めで「長珍」の純米大吟醸無濾過生。この酒蔵のお酒は初めていただきます。大吟醸らしい軽やかさと香りが鼻腔をくすぐります。無濾過生、ということで少しだけシュワシュワしていますが、すでにかなり炭酸は抜けたみたいで落ち着いていました。

Sake012

この日はお刺身盛りをいただきました。

最近はアルコールに弱くなっているので、いつもより控えめです。2杯飲んだらあとは水で充分。話もギターサークルのことから、日本のギター界のこと、楽器のこと、スペインのこと、海外のギターの先生達とコンクールの特徴などなど、あっという間に11時となっていました。7時前からだったので4時間!

さて帰ろうかとトイレに寄った時にふと目の端に気になる何かが入り込みました。冷蔵庫にあるなにやら見たことのないラベル。??十四代の「酒未来」

Sake011

 

 

「酒未来」というのは酒米の名前だそうです。日本酒ブログ(由紀の酒)に詳しく出ていますので引用させていただきます。

酒未来は、十四代の社長、高木辰五郎氏が父系に美山錦、母系に山酒4号で育種した酒米。この山酒4号は山田錦と金紋錦。龍の落とし子の母株、父株の逆転ということか。

十四代独特のふくよかさと甘さがあるのですが、私には最後に残るちょっとした苦みが印象的でした。悪い苦みではないです。この酒米の特徴なのでしょう。ただ甘く心地好く残るよりは、よりこのお酒の印象が強くなります。

う~ん、この日は飲み過ぎました。でも楽しいひとときでした。

 

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

お祝いごとで単焦点レンズ

親戚が集まりお祝いをしました。ホテルの宴会場を借りて、日本酒だけはしっかり持ち込みです。そこに単焦点レンズを持ち込んでいろいろ撮影をしました。

Sake201001

まずは発砲性の生酒「千代むすび しゅわっと空」。アルコール度数12度で微炭酸、とのことでしたが、油断して開けたらシャンパンよろしく栓が勢いよく「ポン!」と飛び出しました。かなりシュワシュワでした。オリがらみなので柔らかい白濁なのですが、すず音のような甘さはありません。結構硬派です。

Sake201002

次は福島県会津坂下町の酒蔵「曙酒造」の天明。その特別な酒「掌玉」です。これは大吟醸5年古酒。五百万石75%、山田錦25%の配合です。2005年に大吟醸として絞った酒を5年間低温保存したもの。すでに吟醸香は抜けているものの、吸い込むときの舌さわりとほのかに鼻腔をくすぐる香りは大吟醸。そして5年でまろやかになり、若干古酒の柔らかさが舌に残ります。ワイングラスで飲んでいましたが、おちょこに移すとまたさらに柔らかくなりました。

Sake201003

料理は和食でした。50mmのレンズでさらに接写ができなので料理を撮影するのは一苦労。一度立ち上がってフォーカスを決めて撮らないとなりません。しかも思い切って開くと被写体深度がこんなになります。

Shoku201001

仕方ないので途中から隣の席の料理を撮ることに。今度は向きさえうまく対応すれば座ったまま撮れます。

Shoku201002

タラの芽はしっかりと苦みがあったので天然物でしょう。

加賀友禅の着物も明るく綺麗に写りました。

Kanazawa201001

親、兄弟、近い親戚で14名の宴会は楽しいひとときでした。




| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年2010年

Shogatsu01

新年あけましておめでとうございます。本年もおつきあいのほど、よろしくお願い致します。

さて、今年のお屠蘇は田酒の純米大吟醸四割五分となりました。昨年末はとても残念なことがありました。私の10年以上の行きつけの銀座の日本酒と料理のお店「吟の蔵」が閉店をしてしまったのです。冷蔵庫にあったこのお酒をお屠蘇用にと購入させていただきました。普通は買えないのでしょうが、吟の蔵が通常仕入れをしているお店からの購入でしょう。

香りはまさにメロン。味もフルーツの甘さ。途中からコップに移して飲みました。

Shogatsu02

いつものようにお正月はかぶら寿司から始まります。父の実家が石川県で、能登半島の風習です。金沢からのお取り寄せ。これがないと1年が始まりません。今年はブリが豊漁のようで、身の厚い部分が使われていて食べ応えがありました。

大晦日に打った蕎麦。

Shogatsu03

今年は失敗をしてしまいました。6人分の蕎麦を打とうとそば粉を500gにしました。300gの袋2つを開けて100g残したのです。二八蕎麦なので20%は強力粉を入れます。100gの強力粉を入れるとちょうど5:1で2割と計算。実は違います...これだと1/6が小麦粉ですね。16.6%で実は小麦粉が少ない。ところが何を勘違いしたのか、父と二人で計って強力粉を200g入れてしまったのです。気がついたのは粉に水を振っているとき。水は50%入れるので300gを準備。全部入れても粉が固まりません。あれ?と思い父に「水は何グラム?」「半分」「でも小麦粉200g入れたので700gでしょ。350gの水を入れないと」...

間違えた!これ28%の小麦粉が入っているのです。三七蕎麦だな、と良いながら大笑い。

それでも小麦粉が多いと粘りが出るので麺としては打ちやすい。見ての通りうまく出来ました。ただ小麦粉はこねるとグルテンが出て粘ってくる。そうなると切るときに細くできないんですよ。包丁にちょっと粘り着いてくるから。更に打ち粉がなかったのでそば粉で代用。打ち粉はそば粉の芯の部分らしくさらりとしています。そば粉はちょっとボソボソしているのですね。だから切りにくい部分もある。

まぁできあがりがこんな感じでした。

Shogatsu04

見ての通り白い。二八蕎麦なら通常60秒茹でます。でもこの蕎麦は小麦粉が多いのと、太いので倍の120秒茹でてもまだ少し固め。しっかしした歯ごたえでした。これを食べると二八蕎麦ってのは先人の知恵なんだなぁとつくづく思います。やはり二八の方が蕎麦を堪能出来ます。

 

続きを読む "謹賀新年2010年"

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

六本木(乃木坂)「酒呑(ささの)」

昔は「乃木坂の酒呑(ささの)だったのに、ミッドタウンが出来てからすっかり六本木の酒呑になってしまいました。ちなみに東京ミッドタウンって皆さん六本木だと思われているのではないでしょうか?実は住所は赤坂です...

以前はカウンターと座敷だったのですが、奥の座敷がモダンな感じのテーブルに生まれ変わりました。ジャズが流れ、新鮮な空間となっています。

まず1杯目は「而今(じこん)」です。先日、お酒好きの外国人が口開けをしたのだとか。香りが高く、すっきりとした飲み口で、大吟醸の王道、という感じでした。最後に少し苦みがあるのが特徴でしょう。

ビール党のIさんが「これの3分の1のグラスってないのですか?」と聞いていますが「ありません、1本売りだったのです。」とお答えになっています。誰かが1本買ったけど呑みきれなかったのでお店が残りを買い取った、だから我々がご相伴にあずかった、ということですね。

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

赤坂「あ、うん」で動画

最近アメリカから輸入したツール「Flip Video」を持って出歩くようになりました。

昨夜はアメリカから来た同僚に「赤坂で最高の日本酒を飲ませてあげる」と言って「あ、うん」に連れて行きました。

ワイン好きのカルメン(女性)は黒龍の「火いら寿」にぞっこんです。結局空きボトルをもらい、そこからラベルをはがして持って帰りました。

ジョンは面白かった。とにかく辛口が欲しい。一番辛口、と言って注文したものが「旨い旨い」と。なんと日本酒度+22。辛口も辛口、ほとんど糖がないというものです。

それにも飽きたらず、もっと辛いの、と言って大将に挑戦。大将も負けじと「これならもっと辛いと思うよ」と出てきました。

そしてジョンは何を思ったか、らっきょうを注文。

そして....

続きを読む "赤坂「あ、うん」で動画"

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

どぶろく「比咩和楽」

Kanazawa200902

日本全国に2700もあるという、「白山神社」の総本山「白山比咩神社」。もちろん白山市にあります。この神社の参道入り口にある御茶屋さんで、合法のどぶろく「比咩和楽(ひめなごみ)」が飲めます。もちろんお土産にも購入可能。

Kanazawa200903

昔作っていたどぶろくですが、酒税法により禁止され、その造りのノウハウも、もうなくなりつつあります。白山市の鶴来地区は全国で数少ない「どぶろく特区」として造りが認められています。鶴来には菊姫と萬歳楽という有名な酒蔵があり、こちらに指導をしてもらって造られたとか。

Kanazawa200901

もちろんしぼりたて生なので発酵しています。こんな感じ。

Kanazawa200904

濾過されていないし、米もつぶされていないのでそのまま残っています。甘い、と思うでしょう?全然。むしろ酸味があり、味はしっかりしています。

Kanazawa200905 特徴はこれ。キャップの頭部に穴が空いています。発酵しているので、そのままキャップを閉じると爆発します。ここで調節しているのですが、もちろん横に倒すとこぼれます。運搬は慎重に。

旨いかって?日本の歴史を感じます...というのが私の答え。

正直、自分で造ってみたいです。もちろん許可されていないので無理ですが。

| | コメント (1)

2009年4月 6日 (月)

菊姫の焼酎

菊姫は米の旨みにこだわった焼酎も造っています。

これがポットスチル。焼酎の蒸留には常圧蒸留と減圧蒸留があります。酒の種類を出すために菊姫ではそれぞれを使い分けています。

Kanazawa009

焼酎を造るための麹は白麹でした。

Kanazawa010

通常、焼酎の麹は黄麹、泡盛は黒麹、と利酒師の試験では出ます。今は素材の味を活かす麹として白麹が使われることが多い様です。

蒸留されたお酒にコクを出すものは、このようにホワイトオークの樽で寝かされています。

Kanazawa011

そもそもすべて特A地区で取れた山田錦から造った焼酎です。そもそもは、吟醸酒や大吟醸を造った時に捨ててしまう米の部分の有効活用から始められたこの取り組み。大成功と言えましょう。

Kanazawa012

利き酒させていただきました。「しろもの(樽ではない貯蔵)」と「樽貯蔵」の2種類×「常圧蒸留」と「減圧蒸留」の2種類の組み合わせ。合計4種類の焼酎が造られています。どれもまろやかに山田錦の旨さがあります。山田錦でなければここまでしなかった、と言わしめる米。こういう使い方でも清らかな味わいを出してくれるのだそうです。実は焼酎を飲まない私ですが(意外!)、これは旨い。特に常圧蒸留 樽貯蔵は私の好きな米らしい味わいです。う~ん、利き酒をあまりする予定ではなかったのに、ここまで飲んでしまって気分がほんわかしてきました。

Kanazawa013

最後に柳社長と記念撮影。菊姫のこだわりと奥深さを知ることの出来た充実した時間でした。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

菊姫(続き)

さて、最後に利き酒をさせてもらいました。これは涙ものですが、市販されていない酒ばかりなのです。種類は大吟醸、速醸純米、山廃純米。

Kanazawa008

詳しくは書けないのですが、通常はどのお酒も火入れして、数年寝かせてから出荷するのです。だから菊姫のあの深いコクのある酒になる。しかし、利き酒したのはそうではありません。すべて生酒です。大吟醸も、純米酒もすべて生。絞りたて。商品にするにはこれから火入れをして寝かせるものです。つまり蔵でしか飲めないのですね。

これが旨い!大吟醸は「これが菊姫?」と目が点になりました。そう、これは涙して飲んだあの酒に近いのです。そして山廃純米酒の生のまた旨いこと。シュワシュワした生の感覚に、菊姫独自の米の旨み。柔らかくて、一切の苦みのない、ピュアな生まれたてのお酒。

しかし、この酒は一般には販売されないのです。いやもったいない。しかしこれは蔵のポリシーです。菊姫のこだわりの味わいにしないとアイデンティティーがなくなる。体調が今ひとつなので適当に利き酒したらおしまい、と思っていましたが、そこそこ注いでいただいた4つのお酒を、結局無駄にせずすべていただきました。

(菊姫は焼酎も..続く)

| | コメント (0)