旅行・地域

2012年8月13日 (月)

富士山登頂成功3(下山編)

Fuji19

分けもわからず九号目まで下山開始。

Fuji20

この時間に登ってくる方々もたくさんいます。時間的にはご来光は無理なので、山小屋で朝食を食べてからゆっくりと出発したのでしょう。もしかしたら五合目から夜通し登って来たのかもしれません。

だんだん明るくなり、雲が下に見え始めます。皮肉な事に霧が晴れ太陽が見えるようになります。

Fuji21

頂上は霧があるのか、あるいはご来光が見えたのか、今となってはわかりません。下山の最中はあまり休憩をとらなかったので、手持ちのコンパクトデジカメでの撮影。せめてここだけでも一眼レフを出したかったけど余裕がなかった。

そしてガイドさんが突然立ち止まり太陽と反対側の雲に向かって手を振りはじめました。「ブロッケン現象です!私もかなり久しぶりに見ました。」と毎日のように登るガイドさんが感激しています。

ブロッケン現象とは自分の影の周りに虹が見える現象です。こちら参照。

Fuji22

わかりますか?コンパクトカメラなのでピントがうまく合わせられずに奇麗には撮れませんでしたが、丸く虹が見えますよね。手を振ると真ん中の自分の影が動きます。これはご来光以上に遭遇が難しい現象です。霧があり、良いタイミングで太陽が背にあるわけですよね。奇麗に晴れ渡っていたら見えない。どちらが良かったのかなんとも微妙な気持ちです。

そうこうするうちに山小屋に到着。

山小屋で朝食をいただくが、疲労とがっかりした気持ちが折り混ざって食欲もわかず、ご飯をおなかに入れただけ。ツアーガイドさんから「10時半にはバスで出発したいので、五合目には10時までには着いてください」と言われる。ここからの下山は自由行動とのこと。

まだ6時なので4時間あり、余裕があるので少しまったりと過ごす。だいたい2時間半で下山できるらしいが、7時に出発をすることにしました。

Fuji23

前を歩く入社2年目の女性。後ろから見ながら「月面に降り立った宇宙飛行士みたいだな」と。自分の後ろ姿も同じでしょうけど。雨が降りそうだったのでリュックにカバーをしているのです。

下山はスリップとの戦い。ちょっと気を許すと足が滑って尻餅をつきます。事実前後で「ズルッ!」と音がしており、自分も振り返ったりして足下に集中しないと「ズル」。

Fuji24

そんな状態だから会話もなく、ひたすら足下に注意です。たとえば会話をすると自然と前の人が相手を見ようと振り返ったりするでしょ。そうすると「ズル」っとなるわけです。

吉田ルートは砂すべりらしいのですが、富士宮ルートは登って来た山道を下るので砂はありません。階段を降りる要領で岩を降ります。

Fuji25

この植物は何でしょうか?

こんな景色を見ながら「富士登山って自然を考えると面白くないなぁ」と自然と思ってしまいます。私は山好きですが、どちらかと言うと景色が好きなんです。樹木があり、野鳥がいて、歩くと小さな湖に遭遇して爽やかな風が頬をくすぐる。

でも富士登山はどうでしょう?五合目から山頂にかけて木はない、あるのは写真の植物ばかり。富士宮ルートだけなのでしょうか?いずれにして岩と砂利の道を登って降りるだけの登山です。ご来光が見られなかったので特に感じます。

だんだん晴れて来て気持ちがよいのですが、時間との戦いも待っています。各山小屋で休憩をしていたら10時に間に合わないほど時間が経っていました。

バタバタと降りながら、結局五合目に到着したのが10時15分。「お疲れさま」と登山入り口のおじさんに声をかけられてホッとしました。

Fuji26

この日は富士山清掃のイベントがあり、300名ほどの方々が環境大臣と共に六合目まで登っていました。皆さんゴミ袋を持って。正直、マナーが良いのでゴミは全然落ちていません。環境大臣の広報活動に見えなくもない。テレビカメラを従えた放送局の人たちを取り巻きにした大臣と途中ですれ違いましたが、山登りをしているとはとても思えない軽装備でした。

でもおかげでミス富士山と遭遇。無理矢理割り込んで写真を撮らせてもらいました。ここでは営業力がいかんなく発揮されました。赤いシャツを着ているK君は若手営業のホープでして、私が目で合図をしたら、たくさんの人垣をかき分けてあっさりとミス富士山の隣に。私が女性営業マンの部下にカメラをあずけたら彼女がパッパと撮影。無言でこのチームワーク(笑)!

あとでガイドさん(男性)に見せたら悔しがっていました。

さて、せっかく10時半に間に合わせたのに帰りのバスが着たのは午後1時。なんと2時間半も待たされました。折しもお盆直前の土曜日で、高速道路が渋滞。

思い出すと昨日の11時頃、我々も多少の渋滞にはまりながら五合目に到着。レストハウスのレストランでは疲れ果てて居眠りをしている人たちがたくさんいました。そうなんです、今日は我々が疲れ果てて居眠りをするはめになったのです。本来10時に到着予定の本日のツアーの方々は大変だったでしょう。午後1時に到着をして、ランチをしてから登山を始めると九合目に着くのは午後8時ごろ。もう消灯の時間です。

しかも雨が降り始めました。雨の登山なんて考えたくもない。ご来光は見られなかったけど、雨には遭わずに全員無事下山したことでよしとしましょう。

最後に思った事は「なんの為に登ったのだろうか」という素朴な疑問です。富士登山で真っ先に思い浮かぶのはご来光の感動です。そのために一眼レフをかついで登ったのです。結局苦行のように登り、すし詰めの布団で寝て、暗くて頂上がなんだかわからずに下山。ろくに景色も楽しめず、頂上を極めた、という事実だけ。10時に下山したものの東京に到着したのは午後7時半。バスに乗っている時間と登頂をしている時間がほとんど同じなんて皮肉です。

また来年登りたいか、と聞かれて即答できず。正直Yes and Noです。Yesはご来光を絶対見てやる、という気持ち。Noは山小屋での就寝。

最後に体の疲れについて。昨年も登頂して今年も企画した我がチームマネージャーのOさんが「谷口さんはフルマラソンしてるから楽勝ですよ」と言って誘ってくれたのです。彼も今年東京マラソンを走っています。

正直登山自体は全然つらくなかった。フルマラソンの30キロ地点の苦しさを思い出すとその10分の1ぐらいの大変さです。3月の京都マラソン以降、ろくにトレーニングもしていないのに、です。呼吸さえしっかりしていれば体力的には大丈夫。

そう考えるとまた登るんだろうな、とナチュラルに思った次第です。

ちなみに翌日、太ももとふくらはぎの筋肉痛が強烈にきました。

| | コメント (0)

富士山登頂成功2(山頂編)

マタイ受難曲は79曲あり、約3時間の大作。バッハの死後ずっと忘れ去られていたのですが、メンデルスゾーンが発掘し、バッハの再発見と言われています。普通ならそんな大作をずっと聞き続ける事はなかなか出来ません。ましてや一つの布団に大の男が3人で寝ているのだから落ち着かないわけです。しかもまだ午後8時です。
しかしこの時は5時間かけて富士山を登って来た疲労と、酸素が薄い状態で頭がもうろうとしていて、いびきと寝言の合唱がマタイ受難曲の合唱といい感じでハーモニーとなり(嘘です)きちんと眠る事はできないものの、5時間のあいだ体を休める事は出来ました。

もう寝られない、と時計を見ると午前1時30分。起床まであと15分ですが、隣のいびきの主を除いてみんなもぞもぞとしています。結局(しつこいけど)いびきの主を除いて全員起床して荷物をまとめはじめました。時間となり布団をはぐと、いびきの主は「頭が痛い」と言いながら起き上がります。そうなんです、高地で良く眠ると高山病になりやすい、と。
私が思うに、寝ていると呼吸が浅くなるので酸素不足になるのではないかと。しかもいびきをかいているのでその分、空気を充分に取り込めていないんではないでしょうか。

Fuji14

とにかくなんとか全員で出発することが出来ました。午前2時15分です。
頭にはLEDライトをつけて、山道を一歩一歩登ります。ちなみに食事は取っていません。登頂してこの山小屋に戻ってからとなっています。

Fuji17

さすがにみんな無言です。自分の前の人の足と斜面の岩しか見ていません(見えていません)。呼吸を整えながら、無理せずゆっくり登ります。30分も登ると九号五勺の山小屋に着きました。その周りで休憩。何か口にしなくては、と水を飲んだり携帯食を食べたりしました。
山頂まではあと30分ほどです。
私は順番を入れ替わり、一番前でガイドさんの後ろについて登りました。小さい段差を探しながら一歩一歩。「一般の方は追い越してください」とガイドさんがまた声を上げています。
やがて「みんなよくやった、もうすぐ頂上」とガイドさんのつぶやき。

午前3時半ごろ、少し開けた場所にベンチがあり、そこが富士宮口の頂上とのこと。正直暗くて何がなんだかわかりません。

Fuji15

ここはどこなんだ?状態です。感動もなし。何も見えないから。
そしてガイドさんのドドメの一言。
「今日は霧が濃いのでご来光は見えません。五合目では日中雷雨が予報されているのでお鉢巡りも中止して下山します。一応、剣が峰までは行きますので暗闇ですが写真を撮ったらすぐ下山です」。

5分ほど休んで、剣が峰まで20分ほど歩きます。これがつらい!風がひどくて、しかも細かい砂利道の上り。足が滑るし寒い。今回の登山で一番ここがつらかった。

Fuji16

そしてガイドさんが「お疲れさまでした。剣が峰到着です。順番に写真を撮ってください。終わったらすぐに戻ります」と
暗闇で何がなんやら全然わからないままに、まわりに促され写真を撮りました。

Fuji18

少し明るくしてありますが、ほとんど暗闇です。霧が凄いのでフラッシュが使えません。フラッシュを使うと霧に反射して写らないのです。いやはや。
そして有無を言わさずに下山開始です。

私はここでのご来光のために一眼レフを背負って来ました。荷物の中で一番重いのがカメラです。しかし霧が入るのが怖くてレンズの装着もしませんでした。しかも肝心要のご来光を撮影するチャンスがないのです。結局ソニーのコンパクトデジカメですべてを撮影したのでした。

(続きは次の記事で)

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

富士山登頂成功(登山編)

会社のチームでの富士登山。今年で2回目ですが、昨年参加をしなかったために私は初の富士登山挑戦です。

Fuji01

新宿に午前7時に集合して一路五合目へ。今年は富士宮口からの登頂となります。いくつかの登頂口がありますが、富士宮口は五合目が一番高く、急な坂で時間的には早い、と言われています。
富士宮口の五合目は他の五合目と比べて設備はあまり大きくありません。着替える場所もゴミ箱もなし。レストランとトイレだけなんです。一般登山の方は荷物を預けることもできません。ロッカーがないのです。幸い我々はツアーで食堂の横で500円で預かってもらえました。またツアーによっては宿泊者と同様に更衣室を使わせてもらえます(ただし下山後は使えない)。

Fuji02

天気も良く、上まで見張らせます。こうやって見ると簡単そうに見えるのです。あそこまで登るだけじゃないか、と。実際五合目で2400メートルあるので、あと1776メートルなわけですよね。

登り始めてほぼ30分。なんてことなく6合目に到着。なんだ、この繰り返しでいいんだ、と甘い考えを抱きました。実際坂も厳しくなく、ストックを使う事もありませんでした。
しかしガイドさんから「これから坂が急になるので必ず手袋をしてストックを使ってください」とのこと。

Fuji03

相変わらず天気も良く、砂利まじりの坂を淡々と登って行きます。8名のチームは皆元気で、歌を歌ったり、仕事の仲間を茶化したり、しり取りをしたりと余裕でした。

富士宮口には七合目が二つあります。新七合目と元祖七合目。なんか地方名産の戦いみたいなことを想像しますが、理由はこのようになっているそうです。

「富士宮口は正式には村山口と言います。
現在、村山の郷から村山古道を歩いてくると六合目に出ますが、
本来ここは村山口四合目です。

もともと富士山スカイラインが開通した時の終点は三合五勺でした。
しかし、先に開通していた富士スバルラインの終点に合わせて、
富士山スカイラインの終点も五合目に改めた結果当然ながら矛盾が生じました。
五合目より四合目の雲海荘さんの方が上では格好がつかないわけです。

そういうわけで四合目を名乗っていた雲海荘さんが六合目になり、
六合目にあった御来光山荘が新七合目に、
七合目だった山口山荘さんが元祖七合目となりました。」
Yahoo知恵袋から

六合目の次の新七合目に着くまで約1時間。そこから「よし!」と気合いを入れて更に1時間登ると元祖七合目。なんか少しがっかりしますよね。

Fuji04

富士宮口は勾配が急なため早く登るとそのぶん早く酸素が薄くなり高山病になるリスクが高まります。私は脚力には自信があるのですが、高山病はいかんともしがたい。しかしガイドさんが心得たもので、ゆっくりゆっくり、休み休み登ってくれます。「一般の方はお先にどうぞ、ゆっくり登っていますので!」と声をかけて。

Fuji05

とはいえ、3010メートルにもなると当然こうなります。パンパンに膨らんでいます。
新七合目からは急な岩場が増えてきます。ガイドさんが「とにかく大回りでもいいので小さく登れる場所を探してください」とゆっくりゆっくり登ります。

Fuji06

元祖七合目あたりからもう雲の上。登っている時には正直全く余裕がないのですが、ガイドさんが何度か休憩時間を3分ほど取ってくれます。そこで景色を楽しみます。

余裕がない理由は、比較的空いていると言われる富士宮口登山ですが、それでも人がドンドンと続いて来ています。立ち止まるとそこから渋滞をするので、ゆっくり登りながらもほとんど立ち止まれないという状況なのです。

空気が薄くなって来ている実感が出始めます。それは心臓の鼓動が普段よりも早くなっていることからわかります。私はマラソントレーニングと加圧トレーニングで呼吸法を少し習っているので、なるべくこまめに大きく吸い込むようにしていました。特に加圧呼吸法が役立ちます。下半身の加圧をしている時には血液の1/3は流れませんから心臓の鼓動が大きくなります。そこで鼻で大きく吸って口から大きく吐く、という呼吸法となります。心臓の鼓動が大きいので、同じ呼吸法が役立ちました。

Fuji07

八合目についた時にはもう風が強くて寒くなっています。体感気温は10度ぐらいでしょうか。時間は午後4時半ごろ。宿舎は九合目です。あと1合登ります。多少鼓動が早いぐらいで疲れはそれほどありません。しかし八合目では顔面蒼白で座り込んでいる人が何人もいました。高山病です。ひどい頭痛と吐き気がするようです。

20120812_120040

今回登山チームの弊社のリーダーが登山前日に「ムンクの叫びみたいな人がいっぱいいますよ。あぁならないように気をつけましょう」と言っていましたが言い得て妙。実際高山病にかかっている人には申し訳ありませんが、頭を抱えてうずくまっています。この時点でも私たちのチームは誰も高山病にはかかっていません。

Fuji08

八合目を出発してほどなくすると万年雪が見えてきます。このあたりは急勾配の岩が続きます一歩一歩足下を確認しならが、ストックをうまく使って登ります。呼吸も深くゆっくり。

最近の(と言っても過去は知りませんが)富士山はレジャー化しているのか子供さんが多いです。この時も小学生がたくさん家族連れで来ていましたが、さすがにこの岩場は大変のようで、登ったのは良いけど泣きながら下る子供が何人かいました。急勾配なのでどうしたら良いかわからず、たまらず泣き出してしまう。しかし親も細かい手助けはせずに言葉をかけるだけ。立派です。

Fuji09

そして太陽が山肌に沈み始めます。ちょうど逆光で奇麗でした。

途中休憩で地面にやたらと1円玉が落ちている場所がありました。何だろう、とふと見上げると.......

Fuji10

こんな高地に木が。まさか自然に生えているわけでもなさそうだし。左右に二本あるので、元々は鳥居だったと思われます。風雨に長年さらされて壊れて裂け目が出来て、そこに誰かが小銭を差して無事を祈ったのでしょう。手の届く範囲に差せるスペースは見つかりませんでした。

そして到着しました、宿舎の萬年雪荘がある九号目。

Fuji11

時刻は午後6時30分。外気は7度です。寒い。ツアーガイドさんが宿舎と部屋割りを決めている最中は外で待機だったのですが、あまりに寒い。レインウェアの下はフリースと長袖シャツだけです。

Fuji13

夕食はカレー。軽い高山病なのでしょうか、食欲はあまりありませんでしたが、明日のためには完食が必須です。若者達は足りないらしく、おでんやらカップラーメンやら、モツの煮込みやらを追加していました。ビールもあります。我々は飲まなかったけど、結構居酒屋状態の人たちもいました。たぶん頂上に登らず、こちらでご来光を見る方々なのでしょう。余裕でした。

さて、部屋割りが決まり案内されてびっくり。なんと3畳間に6名が寝るという狭さ。布団は2枚です。つまりひとつの布団に3人が寿司詰め。これが普通らしいのですが。

Fuji12

消灯は午後8時です。食事が出たのが午後7時ですから、そこからご飯を終わらせ、トイレに行き、汗だくのシャツを着替えたらもう寝なくてはなりません。起床は午前1時45分。出発が午前2時15分です。

あっという間に電気が消され、寝返りも打てない状態のまま寝に入ります。方々でいびきが聞こえ始め、隣からも(くっついているんですよ)いびきが。私は予想していたので、ソニーのノイズキャンセラー付きのイヤホンでバッハの「マタイ受難曲」をずっと聞いていました。でもいびきはノイズではないのか、消してくれませんでしたが。

(登頂以降はは次に書きます)

 

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

「アラ」を食べました!

「アラ」は私のあこがれの魚です。そもそも九州にはほとんど縁がなかったのです。アラは東京ではめったにお目にかからない。幻の魚、と言われていて、福岡ではよく鍋などで食べられるらしい。

で、何故あこがれなのか?それは相撲です。私は20年前から大相撲ファンでした。そして様々な相撲の本を読んだりテレビを見たりしたのですが、力士は九州場所で「アラ」を食べるのを楽しみにしているのだとか。いったいどんな魚なのか興味津々でした。いやぁ20年の悲願がついに目の前に!

Fukuoka007

いよいよアラの投入です。野菜などを加え完成。

Fukuoka008

たっぷりの大根おろしにたれをつけて、橙を搾ります。どんな味だろうか...コラーゲンたっぷりで、フグ鍋に似た食感。いや、もっととろりとしている。骨までしゃぶり尽くす。これは旨いです。やみつきになります。

これはなんだと思いますか?

Fukuoka009

タバコの箱の1/3の大きさの釣り針。アラをさばいたら出てきたというのです。そのアラはなんと32キログラム。巨大です。

Fukuoka010

アラ鍋を食べたら、とてもゴマ鯖茶漬けに行き着きませんでした(笑)。

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

福岡で堪能「ふじけん・鮮魚店」

福岡に出張で来ました。海外出張が原則禁止のため、これまであまり対応をしてこなかった国内各地に行くチャンスも増えそうです。

夜は食品会社にお勤めのMさんが予約をしていただいた「ふじけん・鮮魚店」に行きました。場所は中州でしょうか。

なんと!お通しは活きエビの炭焼き。

Fukuoka001_2

エビがだんだんと朱くなり、頭からかぶりつける新鮮さ。

Fukuoka002_2

これは今日のお勧めお造り。奥がフグ。これほど肉厚なフグは食べたことがありません。噛むほどに旨みがジワッと沸いてきます。手前のエビは「うちわエビ」という名前で、少し歯ごたえがあり、噛みごたえがあります。

Fukuoka003

どんなエビか...うちわの形なのです。東京では見たことないですよね。

東京から来たので何か九州らしいものを...とメニューを見てMさんに相談をしていたら、「ごま鯖はこの辺じゃぁ普通だけど東京ではあまり見ないね」ということでした。ちなみにMさんは東京から単身赴任ですが、出身は福岡なのです。

Fukuoka004

そもそも鯖の刺身自体が東京ではなかなかお目にかからない。関鯖などあるけれどとんでもなくお高いのですが、このゴマ鯖の刺身はとってもリーズナブル。しっかりした歯ごたえで味も醤油だれにつけ込んだため濃厚。本当は締めにお茶漬けが良いのだとか。

お酒は福井の「艶」。

Fukuoka005

大吟醸です。フグに刺身にふんわりと香る吟醸香がよく合います。

Fukuoka006

こちらのお店ではカウンターがお勧め。目の前で魚をさばいている調理人さんとお話をしながら楽しめます。

そしてついに、あのあこがれのあの魚を食べたのです(明日に続く)...

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

美ら海水族館

Okinawa013

名護から車で30分ほど「美ら海水族館」。

ここに来て思ったことはとてもシンプルなものだった。これ..。

Okinawa014

作業をしているのだけど...潜りたい。そう、ダイビングをしたい。もう5年以上潜っていない。すでに初心者に戻ってしまった。静かな海と魚たち。今年こそ潜るぞ。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

こてこて大阪ナイト3~ラーメン編

東京にいると、大阪でラーメン、というイメージが全くありません。東京には全国のご当地ラーメンがあるのですが、少なくとも私は知りません。

しかし道頓堀には有名なラーメン屋さんがあります。「金龍ラーメン」ですが、もう10年も前に、よく大阪に出張に来ていたときに大きな店舗の金龍ラーメンでその日のシメをしていました。午前1時ごろで、そのころは私もメタボまっしぐら...

Osaka013

こちらは小さなお店ですが、6カ所ある路面のテーブルは満席。でも回転が速いのですぐに座れそうです。

メタボ脱却をした私は夜のラーメンは申し訳ないけど食べられない。が、たこ焼き&ビールでちょっと麻痺した親父二人は食い足りないらしく、ラーメンまっしぐら。

Osaka014

なぜかキムチが無料で、キムチを入れながら食べていました。

Osaka015

とりあえず試食だけさせてもらいました。豚骨ベースなのですが、コテコテの割と味は濃くなく、これが大阪のテイスト、なんでしょうかね。

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

こてこて大阪ナイト2~たこ焼き編

Osaka009

道頓堀を歩くと、至る所にたこ焼き屋があります。中でも一番目だったのはこの「本家日本一大たこ」の看板。露天なのに5名も働いています。

一度通り過ぎたのですが、ここは食べないと。同僚達はコンビニでビールを調達していざ出陣。

                       Osaka010

たくさんのたこ焼きを一度に焼くのは大変な仕事ですね。写真撮らせてもらいました。

Osaka011

このたこ焼き屋にあつまるのはどうみても観光客なのですが、我々も観光客なので気にしない。(というかどこが旨いのかわからない) とにかく10個500円で購入です。

Osaka012

近くの橋のたもとでビールを飲みながらたこ焼きをつまみました。やはり大阪、タコが大きい。ソースコテコテ。

この店は道路不法占拠、とかで何かと市民に議論が多いようですが...他に美味しいたこ焼きやがあればぜひ教えてください。

| | コメント (2)

2008年9月18日 (木)

こてこて大阪ナイト1

Osaka005

京都と大阪って新幹線で15分の距離なのになんでこんなに文化が違うのでしょうか。昨夜、京都でほっくり、まったりしていたのですが、道頓堀はコテコテ。歩いている若者達のファッションも全然違います。東京と横浜ではそんなに違いがないのに、関西は歴史があるからでしょうが、この違いがとても興味深いし楽しいです。

Osaka006

そしてこの道頓堀の通りが、私にはまるで大人の遊園地です。

これ、行きたかったけど同僚達は興味なし。う~ん、大阪をディープに知ることが出来る「劇場」の様相なのに...

Osaka008

Osaka007

入場料が315円かかりますが、コンパクトに大阪がつまっていそうです。次回は必ず入場して報告します。

道頓堀極楽商店街

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

伏見稲荷大社

Kyoto057

2011年に1300年目を迎える伏見稲荷大社。藤森神社からタクシーですぐのところにあります。

Kyoto058

お稲荷さんは、商売繁盛の神さまです。ここ 伏見稲荷大社は、その総本宮なのです。1000本の鳥居があると言われますが、全てのルートをまわるには数時間かかりそうです。

お山巡りの地図

Kyoto059

修学旅行の中学生達が、本数を数えながら登っていました。全部数えるのは大変だぞう...。

境内の隣に「東丸(あずままろ)神社」があります。祭神は荷田東丸(春満:1669~1763)で稲荷社祠官、羽倉家の生まれで近世国学(和学 倭学)を発展させ、「万葉集,古事記,日本書紀」研究の基礎を作った人。そのため勉学向上祈願がされていて、受験校合格祈願では千羽鶴がたくさん奉納されていました。

Kyoto060

千羽鶴を折るか、勉強をするか、ウムム悩ましいですねぇ。毎日数羽を勉強の前に折って、精神集中するのが良いのではないでしょうか。受験生ガンバレ!

伏見稲荷大社HP

| | コメント (0)

より以前の記事一覧