オーストリア

2016年3月 1日 (火)

ウィーン:偉大な作曲家達のお墓

ウィーン中央墓地には偉大な作曲家のお墓がありました。

Wien201615_2

ブラームスは悩めるイメージですね。

Wien201616

こちらのシューベルトにもお花が。

Wien201617

ベートーベンは特にしっかりと祀られています。

Wien201618_2

こちらはヨハン・シュトラウス。

他にもお墓ではないけどモーツアルトの像や、彼と対決したサイエリのお墓もありました。

市街から近く、とても広い墓地です。

| | コメント (0)

ウィーン美術史美術館

こちらに紹介があるとおり、「絵画の分野では、古いものではハプスブルク家の家族、プラハにいた神聖ローマ皇帝ルドルフ2世、ブリュッセルのレオポルト・ウイルヘルム大公達により収集された作品や、他の多くの逸品が集められています。その中でもデューラー、ルーベンス、ティティアーノの作品や、世界で最大のブリューゲルの作品群が中核をなしています。古典古代・エジプト・オリエント部門の多彩な展示品は、神秘のヴェールに包まれた遠い過去からの使者です。」というハプスブルク家が収集してきた逸品ばかりが展示されています。

あまり時間がないなか、ルーベンス、フェルメール、フリューゲルの作品に絞り込んで見学をしました。

Wien201611

この(上の)フリューゲルの作品はあまりに有名。当時の農家の日常を描いた作品で知られますが、冬に狩りに行ったにも関わらず痩せた狐一匹の収穫。重そうな足取り。その辛い気持ちが伝わってきます。

Wien201612

フェルメールはこの1枚。背中を向けているのは自分。この1枚はフェルメールの死後競売にかけられた作品が多かった中、奥様が自分のために残そうとしたものらしいです。しかし貧困で手放さなくてはならなくなった....。

Wien201613

ベラスケスはこの3枚が並べて置いてあります。マルガリータの幼少から結婚前までの肖像。これらの絵はスペインに生まれた王女のすでに決まっていた輿入れ先のウィーンにお見合い写真のように成長の過程で送られたもの。なのでこの地にあるのですね。
今回は日本語ガイドの機器を借りて回りました。絵と歴史の解説がわかりやすいですよ。
時間があまりなかったので充分見ることは出来ませんでしたが、エジプト展も充実。

Wien201614

| | コメント (0)

ウィーン:アルベルティーナ美術館

Wien201608

1776年にルベルト・フォン・ザクセン・テシェン公爵が創設したコレクション。

この時は特別展でシャガールとマレービッチと称してロシア革命前後のロシア絵画が展示されていました。残念ながらカメラ禁止ということで写真を載せることが出来ません..

当時のロシアの時代を表す様々な画家が登場し、その途中でシャガールの絵が展示されていました。「屋根の上のヴァイオリン弾き」や「The Promenade」などの作品です。

そして進むとマレービッチ。抽象画のシュプレマティズムを創りだした画家で、徹底した抽象的な絵まで到達しました。そのひとつの「黒の正方形」が展示されていました。文字通り、黒い四角が描かれている絵です。

常設展ではカメラ大丈夫だったのですが、たとえばこのシャガールとミロが同じ部屋に展示。

Wien201609

モネの作品もあります。

Wien201610

他にも写真展などもあり、この日は合計4時間もアルベルティーナ美術館に滞在していました。いくらでも時間が過ごせる場所でした。


| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

ウィーン到着(寺院と図書館)

パリからオーストリア航空に乗るといきない「モルゲン!」とゲルマンな?挨拶。これまで優雅にフランス語に囲まれていたのですが、すでに機内はオーストリアです。機内のBGMもモーツアルト。2時間のフライトでウィーンに到着です。

ホテル「The Ring」にチェックインしてから早速市内に出ました。ギタリストの岡本拓也(ウィーン音大)と待ち合わせしたのはオペラ座前。
早速市内巡りに繰り出しました。
まず向かったのはシュテファン寺院。

Wien201601

Wien201602

ゴシック様式です。中は荘厳そのものです。
この塔を登ることが出来ます。エレベーターはなく343段の階段。

Wien201603

下りの階段で足が笑った.....

この日最も感動したのがオーストリア国立図書館。その大広間です。

Wien201604

Wien201605

とにかく圧巻。蔵書は20万冊。1500年代の書籍もあります。

Wien201606

その大広間にいると教会の中にいるような安心感を感じます。本に囲まれるということは幸せなんですよね。残念ながら中身は拝見できませんが。

この日の夜景です。

Wien201607

| | コメント (0)