九州

2010年4月30日 (金)

さつま揚げなら「徳永屋本店」

熊襲亭で「お土産にいい、美味しいさつま揚げはどこで買えますか?」と聞いたら、すぐ近くの徳永屋さんを紹介してもらえました。

Kyushu201004

店内はあたりまですが、さつま揚げがたくさん。きびきびとした若い女性がいろいろ説明してくれました。

Kyushu201005

いろいろ試食できるので試してみましたが、一番はこれ!

Kyushu201006

「超特上揚」!

何が超、なのか聞いたところ、これは捕れたばかりの鯛を使っているのだそうです。他にエソという魚のすり身も入っているらしいのですが、とにかく美味すぎ!

もちろんたんまりとお土産にさせていただきました。この日は仕事が終わって帰宅したのが夜の9時。日帰りだったのでかなり疲れたのですが....この超特上揚で夕食をいただきました。この週はちょっと重要な仕事でいっぱい一杯だったのでお酒を飲まずにいたのでちょっと惜しかったなぁ。

| | コメント (0)

鹿児島の「はらドーナッツ」

Kyushu201001

食後に散歩をしていたらコーヒーが飲みたくなりました。メインストリートからちょっと外れた、車を止めた駐車場の近くにカフェを発見。

2階はシンプルな落ち着く作りでした。

Kyushu201002

調べたら神戸の豆腐屋さんのドーナッツなんですね。ここでPCをネットにつないでちょっとだけ仕事ができました。(Eモバイルですが)

Kyushu201003


| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

鹿児島の「熊襲亭」でランチ

Kyushu201001

月曜日は日帰り出張で鹿児島まで行きました。午後からの仕事だったのですがフライトの都合でちょっと早めに着きました。そこで市街でランチを探しに。見つけたのが薩摩料理の「熊襲亭」。

午後1時を過ぎていたので空いていました。

Kyushu201002

見てください、このテカテカのキビナゴの刺身。キビナゴは唐揚げぐらいしか食べたことがありませんが、地元では刺身なんですね。あっさりとしていますが、脂がのっています。

Kyushu201003

鹿児島といえば薩摩揚げ。うま味のしっかりした甘い薩摩揚げです。

Kyushu201004

さて、この日のポイントはこの料理。「酒ずし」です。なんでも薩摩藩主が残ったご飯とおかずと酒(焼酎です)をごたごたにしてほおっておいたら、翌日なんとも芳醇な香りがしていたとか。

そう、この寿司は米と焼酎が半々とかでお茶の少ないお茶漬け状態。食べる端から酔っぱらってきます。午後の会議大丈夫だろうか...。でも美味い!

Kyushu201005

4月なので高校を卒業したばかりの女性が「研修中」という名札をつけて接待でした。とてもきちんと教育されているのか、素朴ながら気持ちの良い接客でしたよ。都会ではなかなか出会えない、こんな「日本の良さ」再発見でした。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

宮崎青島マラソン ハーフ完走

朝5:30に起床して、前日家って置いたパンと餅&団子で腹ごしらえ。餅米系が腹持ちがよくてゆっくりエネルギーを伝えるのと、甘いパンですぐにエネルギーを得られるのと一石二鳥。

7時の宮崎発の列車にのって、会場に着いたのは8時少し前。サンマリンスタジアム宮崎がスタート地点だ。しかし寒い。やはり西なので太陽が東京より遅い。実際6:30はまだ暗かった。太陽が徐々に上がってきてなんとかしのげたものの、この寒さでは先が思いやられる。

しかし9時のフルマラソンのスタート時間になるとぽかぽか。
Miyazaki005

この大会は1万2000人が参加している。これまでは海沿いのコースだったのが、宮崎県知事が東国原氏になってから、県庁を含めた市内を走るコースに変更されたらしい。しかしフルマラソン、スタートの合図がなっても全然進まない...。

さていよいよハーフは9:15スタート。かなり気温が上がっている。私はとにかく「完走」だけが目的なのでスタートからキロ7分のペースを守ることにした。1キロ目は7分30秒。ちょっとだけペースを上げて2キロ目が14分ちょうど。調子は悪くない。

最近は女性にブームなマラソン。かわいいランニングウェアに身を包んだ若い女性にドンドン抜かれていく。しかし気にしない。ペースを刻もう。

もう一つ特徴的だったのは「伴走」と書いたゼッケンを付けている人が多いこと。目の不自由な方も走れるように配慮された大会なのか、伴走者に付き添われ、みなさん頑張っている。素晴らしいことだ。

なんだかんだとペースを守っていたら、7キロは47分だった。少しだけキロ7分より早い。そのままペースを守るつもりだったが、実際にはペースアップしている。

いよいよ10キロ地点。まだ体には何も起こらない。この辺りで膝が痛くなることが多いのだが行けそうだ。まだこの時点では海は見えない。高速道路を走っているだけ。

そして14キロ地点から海が見え始める。これは素晴らしい眺め。しかし急に膝に痛みが出始めた。とくに右膝。いつも右膝から...

15キロ地点では薩摩揚げとゼリーが振る舞われていた。これで少し元気が出る。海岸沿いは爽快そのもの。

そのあたりからフルマラソンの上位の方がすさまじいスピードで追い抜いていく。特に1~3番目あたりは自転車がついていて、走者の前で「道を空けてください!」とスペースを作っている。

膝の痛みは消えない。そして17キロ地点。あと4キロとちょっと。痛みはクリティカルなものではない。「行くか?」と自分に聞いてみた。「行こう!」と自分が応えた。

そしてペースを上げる。サクサクとペースが上がることに自分でも驚いた。なんと膝はこれ以上痛くならない。

そしてそのままゴール。時計を見たら2時間10分。これは自分にとってはとても良い記録だ。というのは練習があまり出来ていなかったこと、3月以来20キロは走っていないし、6月以降10キロもままならなかった。たった2週間のトレーニングでここまで持って来れたのはびっくりだ。(ちなみに写真やビデオ撮影などでは時計を止めていたので公式記録ではありません)

Miyazaki006

一緒にハーフを走ったTさんも初ハーフ完走。飛行機の時間があるので先に出てしまったフルを走った4名のタイムは不明だけど、メールを見るとみんな完走をしたようだ。

宮崎でのマラソンは爽快だった!これでフルマラソンに挑戦する気持ちが高ぶってきた...

| | コメント (3)

宮崎 青島マラソン前日

いよいよ明日は宮崎の青島マラソンです。私はハーフにエントリー。一緒に来ている会社のマラソン仲間6名のうち4名はフルマラソンに出場です。
今日のお昼頃やっと全員集合しました。
まずは腹ごしらえと、宮崎市の繁華街の一番街(アーケード)に繰り出しました。
もちろん皆さんは宮崎名物の鶏南蛮です。

Miyazaki002

旨そう。

私は肉を避けてカツオ丼。

Miyazaki001

カツオのづけ、途中で出汁を入れて二度楽しめます。これが美味。

あまり運動をしたくないのと、来週のギター発表会の練習をしたいので午後はホテルにこもりました。

そうそう、サイレントギターを持参して来たのです。ヤマハのものでクラシックタイプが出ています。これはアンプにもつなぐことが出来るし、いろいろ発展性がありそうです。驚いたのはインプットをつなげるので、たとえばiPodをインプットにして、自分のギター演奏を一緒に聴くことが出来る。たとえば唄に合わせて伴奏いれるとか。

私は来週、フルートの成田さんとニューシネマパラダイスを演奏するのですが、たまたまiPodに「いちむじん」の同じ編曲の演奏を見つけました。こちらはギター二重奏ですが、私たちはそのメロディーだけフルートに置き換えたので同じなのです。

これを繰り返し聞きながら練習。

そして夜は炭水化物ナイト!

宮崎市のデパート山形屋の6Fにある「ワールド・グルメ・バイキングアレッタ」に繰り出しました。

Miyazaki003

たったの1980円で食べ放題。しかも全部美味しい。各国料理が盛りだくさん。

もちろんスパゲッティーからご飯から、カレーから炭水化物オンパレードをしました。理由は私がいつも長距離を走った後低血糖で倒れてしまうから。とにかく前日は炭水化物を取って体に蓄積させておく必要があるらしいのです。それと走っている間の糖の摂取ですね。

Miyazaki004

ということで明日はハーフ、走りきれるか?

例の風邪で体調を壊して1ヶ月トレーニング出来なかったので心配です。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

福岡で野球観戦

Fukuoka027

「福岡ソフトバンクホークス」対「東北楽天ゴールデンイーグルス」の試合を観戦しました。普段は野球をあまり見ない私ですが、地域密着はサッカーより野球に見習う所も多いようです。それはファンサービスなのです。

そしてこのヤフードームは今年度から新しい取り組みをしました。それがシスコゾーンです。

Fukuoka028

ぼんやり見えているディスプレイ、気になりませんか?これはシスコゾーンの一番の特徴であるIT活用によるエンターテイメント提供です。

観客はこのPCでマルチアングルを楽しんだり、各イブニングのプレイバック映像を見たり、MIPの投票をしたりして試合と共に楽しみます。

Fukuoka029

そして料理もホテルのシェフによるもので美味しいのです。

Fukuoka030

このシスコシートは通常ペアで15000円、年間で100万円なのですが、年間シート100席ほどはすでに完売です。(ビジネス的な視点はこちらで)

試合はソフトバンクのホームランなどで2点先行してそのまま逃げ切り体制だったのですが、なんと後半に入って楽天が3点を入れて逆転。楽天の山崎がHRを打った時の球場の静けさはびっくりでした。水を打ったようにシーンとしてしまったのです。サッカーだったら相手チームのサポーターはもちろんですが、入れられたホームチームサポーターもバックスやGKに対してやじ?(あるいは励まし?)で結構騒ぐのですが...。

しかし一番上の写真は7回のシーンですが、野球ならではですよね。イブニングの間の時間を利用して楽しむ。サッカーは?ビールに口を付ける暇もなく観戦です。いつ点が入るか分からないから。

様々な工夫が勉強になりましたし、またファンの団結した応援スタイルも見ていて楽しかったです。もちろん名プレイもあり、スポーツを楽しめました。

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

福岡「だぼ」で魚堪能

Fukuoka022

仕事で再び福岡へ。食品会社のMさんにお願いして、またまた福岡の魚を堪能しに出かけました。長浜近くの「だぼ」。う~ん、明後日のゴルフを象徴するような名前だなぁ。気になる(笑)。

Fukuoka018

花オコゼを丸ごとしゃぶり尽くす....。まだ口とエラが動いているのが不気味ですが、新鮮そのもの。刺身は最初はコリコリと締まっていましたが、小一時間も過ぎると甘く柔らかに。カサゴは初めて食べました。一度釣りに出かけてオコゼがかかり、しかし岩場に逃げられて糸を切られたことがあります。その恨み(笑)。

         Fukuoka023

メニューはホワイトボードとすべてボール紙にマジックで書いてあります。見ると値段は高くないが「3人分」とか「4人分」とか書いてあってどれもボリュームが..。

Fukuoka019

これは甲貝です。コリコリした歯ごたえと身の柔らかい部分とがあり噛みしめると味があります。

Fukuoka021

そして黒ソイ。揚げても焼いても、と言われて生を見せていただきました。揚げるのはちょっと重かったので塩焼きに。

オコゼもそうですが、こういった魚はなかなか目にすることがありません。東京でも良く出る定番の魚がほとんどですが、「寿司屋のカラクリ」によると定置網にかかって捨ててしまうような雑魚が旨いのだとか。この店はそういう珍しい魚がずいぶんあるようです。

Fukuoka024

お店はそれほど広くもなく、落ち着けるサイズ。きびきびしていて気分が良いです。この日もサッカー談義でもりあがりました。

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

福岡のラーメンスタジアム

ランチタイムは懲りずに九州ラーメンを食べよう、とキャナルシティーラーメンスタジアムへ。キャナルシティーは巨大なショッピングモールです。アメリカの巨大な建物式のショッピングモールはミネアポリスなど寒いところにあることが多いです。理由は単純、寒いから。

福岡は寒くないのにこの大きなモールはびっくりしました。その4階にラーメンスタジアムはあります。店舗数は8。それほど広くないので簡単に全部を見て回れます。

Fukuoka014

ところがこのラーメンスタジアム、期待していた九州ラーメンの聖地、ではありませんでした。むしろ九州以外の北海道、大阪といった「地方」のラーメン屋が多い。ウィキペディアによると、当初は博物館形式だったものが、スタジアムとして腕を競う場に進化。現在は人気店のみが生き残り、不人気は入れ替え制だそうです。現実は九州の店は人気が高いのであまり入れ替わらず、その他の地域はよく入れ替わるとか。数えたら撤退店舗はすでに45!

さて私は九州ラーメンの体験をしに来たのですが...博多(2店)、北九州の3店舗しかありません。

まずはつけ麺に惹かれて「博多元助」へ。ここでは麺の盛りを200,250,300グラムから選べますが値段は変わりません。今日は2店ぐらい回りたいので200グラムにします。しかしなかなか運ばれてこない。どうしたのか?空いているのに。ラーメンが運ばれてきて合点がいきました。なんと、麺は極太。これは茹でるのに時間がかかります。

Fukuoka015

これはうどんなみの太さ。 スープから立ち上る煮干しの香りがすごい。豚骨という意識は吹っ飛びました。こってり魚出汁、です。

麺をつけて食べてみると、そのこってりさが分かります。この太い麺には味がしっかりしたスープでないと、しかもつけ麺ですから、負けてしまう。これは旨い。濃厚さと煮干しの出汁をここまでぶ厚くぶつけてしまう。後を引きます。

Fukuoka016

脱帽いたしました。

つけだれはスープで割ってもらえます。が、あまりに濃いのでご遠慮し、2件目を物色。

福岡ではありませんが、北九州の「むらさき食堂」へ。なんか聞いたことがある名前。 有名なんですね、きっと。

こちらは細麺の九州ラーメン。

Fukuoka017

やはり思ったよりあっさりしている。これが本当の豚骨九州ラーメンなんですかね。昨日の夜の一竜もそうでしたけど。

となると正直、食べる順番を間違えた、と後悔してしまったのです。先ほどの博多元助の味が濃かった分、こちらの味が薄く感じます。大失敗です。ですので、味がうまく表現出来ません。ごめんなさい。

麺だけを食べたので炭水化物を少し取りすぎたのと、さすがにちょっと胸焼けをしたので地下のスタバでコーヒーを啜って仕事に戻ったのでした。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

中州でラーメンですね

夕食後、中州を歩いていて感じたことは人の多さです。最近は東京も人の流れが以前より少なくなり、タクシーも客待ちの列がとても長い。東京でタクシーの運転手さんに聞いたら、夜は1時間待ってやっとお客さんを乗せられる、というのが普通だとか。福岡のタクシーに聞いたらそれほどでもない、と言われました。

いずれにしても福岡は飲み屋街に関しては不況を感じません。(お店の人に言わせると不景気なった、ということはあるかもしれないですが)

さて、中州を歩いて目指すのは屋台でラーメンです。地元の人に聞いたら「一竜がいいんじゃない」ということ。川縁の一番手前にありました。人が結構並んでいます。

Fukuoka011

屋台の外にもテーブルがあり、そこでも食べている人がいます。夜の11時だったので、比較的待たずに屋台の席に着くことが出来ました。

Fukuoka012

ラーメンはすぐに出来てきました。九州の豚骨ラーメンって私は東京ではほとんど食べません。あまりに脂がどぎつくて、こってりしすぎで気持ち悪くなります。が、このラーメンはあっさりしているのです。??です。

翌日仕事に出かけるタクシーの中で運転手さんに聞いても、福岡のラーメンがこってりしているという意見ではありませんでした。むしろあっさりしていて、北海道の味噌ラーメンの方がこってりしている、と。理由は定かではありませんが、東京の豚骨ラーメンって違うものかもしれないです。今の東京のラーメン事情ってのは、豚の背脂なんかぶっかけてこってりした若者向けのラーメンが多い。だから九州ラーメンもそうしているのではないでしょうか。表参道の「じゃんがらラーメン全部入り」なんて食べたら胸やけがしてつらいです。

しかしこのラーメンは全然濃くない。するりと食べられてしまいます。同行のMさんは「旨い魚を食べて、飲んでから最後に屋台でラーメンを食べる。福岡はこれが至福だね。」とご満悦。しかし体型管理に気をつかわないとあとが辛いですよ。

Fukuoka013

中州の夜景。

| | コメント (2)