サッカー

2011年1月10日 (月)

高校サッカー決勝

Soccer001

日本の高校生の頂点となるこのサッカーはこんなものなのか?
と正直そんな感想を持ってしまった。
いや、ドラマとしてとらえるとまれに見る面白さだった。4−1と3点差をつけられてしまった久御山は、後半終了間際に2点を加え、1点差に。会場はロスタイムで1点を加えることを期待し、久御山がボールを持つとわき上がった。
その前がかりな攻撃のために手薄になった守りの隙をつかれて失点。ここで力つきた。

昨日の午後3時過ぎのことだった。自宅からゴルフコーチのダニーを迎えに車で通りに出たところ、前を走っている小型バスに引き付けられた。
なんだろう、とバスのボディーを見ると「滝川第二高校」と書かれている。少し考えて合点がいった。私の家のすぐ近くに東海大浦安高校があるのだけど、昨年に立派な人工芝のグランドと衣替えをしたばかり。
おそらくトレーニングに浦安に来たのだろう。サッカー決勝はもう始まっている。

今日はドイツでコーチ兼選手兼スカウトで活躍している浦安JSCのOBの中山氏と一緒に観戦することが出来た。その中山氏の「ブンデスリーガー」の目線で試合を見ていたのだ。

開始3分で中山氏は久御山の戦術を高く評価した。シンプルに徹底されていること。
それは「ボールを奪って攻めに出たら広がってフィールドを広く使うことでパスコースを広げてつなぐ。ボールを奪われたらコンパクトになって相手のパスコースを狭める。」
そのため久御山のサッカーは細かいパスが面白いようにつながりゴールに迫ってシュートを放った。
立ち上がり10分は滝二は防戦一方。このままなら久御山の勝利かと思われた。

そういえば同じ事を昨夜聞いている。寒空の午後7時。浦安の少年サッカー場で浦安JSCの小学4年生が市川市を代表する強豪チームのフッチを迎えて練習試合を行った。上條コーチは4年生の子供達に作戦版を使って言った。「いいか、今日は2つの事だけやろう。ボールをとったら広がる。そうすればスペースが出来てパスが出せる。ボールを取られて守りに入ったら小さくなる。そうすれば相手が中央にボールをパスするスペースがなくなる。それだけ考えてやろう。」

さて久御山対滝川2高の試合。ボールを確実に回してゴールに迫る久御山だったが得点にはなかなか結びつかない。そして最初にゴールを割ったのは滝川二高だった。その後は一方的な展開に。後半早々に0−3で滝二がリードしたのだ。

その違いは一言で言えば「組織対個人力」で個の力が強い滝二が半ば強引に得点を奪って行く。攻めではあれほどの組織力を発揮する久御山は守りではその組織力が発揮できない。危険な選手をフリーにしてしまう。中山氏に言わせると「攻められた時にセンターバックがポジション確認を早めに徹底できないこと」だそうだ。

高校サッカーチームの事は全く知らないけど、想像すると久御山はこうだったのではないか。

府立高校(公立)のサッカー部が決勝まで来るのは高校野球もそうだが並大抵の事ではない。監督は集まった選手の力量を見て組織力がポイントだと確信したのだろう。特に目立った力のある選手はいないがバランスの取れた素直な選手達。戦略を組み立て、ルールを徹底してこれを覚え込ませる。そうやってこのチームは決勝まで勝ち上がって来た。とてもビューティフルだった。

3つの攻め口を持っていた。パスでつないでボールを前線に押し流す。次にボールをサイドの大きくフィードしてそこからセンタリング。そしてセンターの選手がボールを持ち込みながら、フォワードの選手がオフサイドぎりぎりで待ちながらGKとの隙間にボールが「ポン」と出てくるような裏を抜ける攻撃。事実それによってペナルティーエリアにボールが何度も持ち込まれた。しかし決定力がない。相手に囲まれてのシュートが決まらない。隙が出来た際にボールが来ても態勢が悪いと枠に飛ばない。すべては体幹の鍛え方が足りないからではないだろうか。そして決勝ともなれば組織力だけでは簡単に勝たせてもらえない。

滝二はどうだろうか。個人の力が強いので組織力に頼る必要がなかったのではないか。サイドの選手はボールを持つとどんどん中央突破を試みる。しかし中央にはセンターバックが控えている。簡単にサイドにボールを流せば突破できるのに、あえて中央を狙う。たまたま相手のシステムがほころんでしまったので得点が出来ているが、これが力のある組織のチームならこうはいかないだろう。

個人的には久御山のサッカーが好きだ。多くの高校部活サッカーが体力と突破力とロングボールで作られたものが多い中、組織を作り個人の実力以上の力を出せるサッカー。日本代表が目指すべき縮図がここにあったような気がするのだ。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

元Jリーグ監督のゲルト・エンゲルス氏と

サッカークラブがドイツのブンデスリーガーコーチを招聘して、1月2、3日に浦安で指導を行ってもらう事になりました。(クラブのブログ

そのイヴィツア氏が天皇杯準決勝を観戦することとなり、クラブ関係者がゲルト・エンゲルス氏と引き合わせたのです。そして一緒にディナーをすることになりました。

Jsc231

左から2番目がイヴィツア氏。挨拶をしたときに「イビチャ・オシムです」と英語でジョーク。どうもほぼ同じ発音らしいのです。私は「エビちゃん」と聞こえましたが(笑)。

その右となりがゲルト氏。
日本のビールを飲みながら、ほぼフライドポテトだけで4時間もの時間を過ごしました。

特にゲルト氏のサッカーへの情熱はまだ衰えず、熱く語ってくれました。日本のサッカーの課題はいろいろありますが、彼が特に気にしているのは若い世代、特に少年世代の指導者です。まだまだヨーロッパのレベルと比べると遅れているのが実情で、特に今だU12以下の世代で11対11の試合をやっていることに大きな課題を感じています。

今世界の潮流は8対8なのです。先に帰ってしまったブンデスリーガのスカウトマンは「11対11を少年にやらせているような遅れている国からは優秀な選手はスカウトできない」と半ば冗談、半ば本気で語っていました。

理由は単純。11対11ではボールタッチが少なく、更にポジションが固定されてしまい、成長が遅れるのです。8対8でボールタッチを増やしすこと。子供達は視野がまだ狭いので、その視野が活かせるピッチサイズで行わないと勝手なサッカーになってしまうこと。

ゲルト氏は日本で生活をしており、サッカー関係の講演をしたり、ドイツに優秀な選手を日本から紹介したり、いろいろと情熱を持って仕事をされています。

Jsc232

いろいろと興味深い話を聞く事が出来ました。
なかでも一番笑えた話。

まだ日本語がそれほど話せない時に、あるJリーグの試合を観戦に行ったそうです。近くにいた少年達が色紙を持って来て「サインください」と頼まれました。
快くサインをしてあげたのですが、ある子供が「日付書いて」と頼んだそうです。
で彼は色紙の一番上に「To Hiduke」と書いてサインをした。
ところが何人もの子供が「日付書いて」と頼むので「日本ってHiduke君が多いんだな」と思ったとか。「しゅんすけ」とか似ているでしょ。だからそう思った。
つまり「日付」を「ひづけ」という名前だと思ったのだそうです。それでも最初の子は何も言わずに色紙を受け取ったので特になんとも思わなかった。さすがに「おかしいな」と思い日本人の友人に聞いたら今日の日付だと言われて絶句。まぁ愛嬌でしょう。

そんないろんな話をして盛り上がったのでした。

最後に浦安のサッカークラブへのサポートをお願いしましたが、「一度見に行きたいね」と返事をもらい、1月に正式にご招待することになりました。楽しみです。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

浦安Gリーグ(サッカー)

Jsc201004

この3ヶ月は走ることばかりでゴルフだけでなくサッカーやフットサルもやらずに過ごしてしまっていた。久々にサッカーのイベントに参加。浦安少年サッカーチームのコーチ達の大会です。

今回参加は10チーム。我々は午後の部で6チームの総当たり戦。1試合25分でした。
マラソンで足腰を鍛えていたからサッカーも走れるだろう、と高をくくっていたのはまだ仕方ないけど、やっぱりサッカーはきつい。

右ハーフで出たのですが、ボールが出るのを見越してダッシュでゴールに向かったまでは良かった。ボールを受けてドリブルしながら左を見て「さてどこに出そうか」と、考えているうちに相手に迫られて慌てて蹴ったボールはとんでもない方向に。

走るのは良いとしても、ボールが蹴れない。パスを受けて、空いたスペースにボールを出すのはなんとかなるのです。でも、自分より20歳も若い人たちを相手に、ドリブルをしたり、ボールを奪いに言ったり、なんてのはやっぱり厳しい。

自分と同年代の人たちとサッカーをする機会がないものかなぁ、とつくづく思う。
勝ち負けはどうでもよくて、パスの交換がうまくいったり、相手より早くボールに追いついたり、そんなちょっとしたことで楽しいのです。となると、やはり同じレベルでやらないとうまく行かないわけですね。
ゴルフはハンディキャップがあるスポーツなので、上手い人とやってもそれなりに楽しめる。でもサッカーはハンディーというわけには行かない。たとえ点差にハンディーをつけて始めても、ボールにさわれなかったり、転ばされたりしていては楽しくないでしょう。
だから同世代がいいんですよね。
しかし近所のフットサルコートの大会を見ていても、フットサルを楽しんでいるのは30代以下の世代。40代後半から50代、ってのは中学高校でサッカーが今ほど盛んではなかったので仕方ないけど。
でもサッカーって本当に楽しいですよ。「すごい!」と感激するプロの技を見ているより、自分のちょっとしたパスが通った時の実際の方が何倍も何百倍も感激が大きい。

結局足腰が筋肉痛になったのでした。これはランニングとは違った種類の疲労です。今日はランニングもマシントレーニングも中止...

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

JEF千葉に勝っちゃった

昨日(10月3日)はサッカーチームの監督退任会見を行いました。チーム代表としてはとても残念な発表でした。でもチームとして、個人としても彼とは生涯のつきあいが出来る、とても貴重な財産です。
しかし、まだ高校生の試合が残っています。監督には残り数試合、勝って締めてもらいたいです。

Jsc185

その余韻の残る中、JEF千葉U18(主に高校3年生のチーム)が浦安にやってきて私のチーム(浦安JSC)と対戦しました。JEF千葉U18は高校生にもかかわらず、天皇杯千葉県の決勝まで進んだとても強いチームです。春の大会では11点差で負けてしまっています。

しかし昨日の試合は3-1で勝ってしまったのです。こちらは事実上U17,つまり高校2年生主体なので、ハンディをもらい、練習試合ということで若干名の社会人選手を起用したのですが、見ていて負ける気がしなかった。

祝杯を上げたいところでしたが、翌日(つまり今日)はギターの発表会があるのでアルコールゼロのアサヒビールを飲んで寝ました(笑)。

そのブログはこちらに書いてあります。

あまりに嬉しかったのでここにも書いてしまいました。

| | コメント (0)

2009年9月27日 (日)

サッカーで涙をしても

私が代表をしている浦安ジュニアサッカークラブ(浦安JSC)は幼児から社会人まで250人の選手がいます。チームはトップ、つまり社会人が一番強いという理想的なピラミッドで構成されています。トップは千葉県社会人リーグの1部(一番上位のリーグ)に属しており、今年は1位を取り、関東リーグ進出をMustにして戦ってきました。

そのレギュラーメンバーの写真です。
Jsc200949

千葉県リーグは激戦です。14チームのうち、社会人チーム1チームだけが関東の大会に進出できます。ちなみに埼玉は上位4チーム。弱いから少ないのではありません。登録チーム数が大きく違うからです。

さて最終戦が9月20日(日)でした。5連休のまっただ中。12時キックオフで試合会場は勝浦の国際武道大学。私は朝9時過ぎに出て2時間かけてたどり着きました。(試合後に5時間かけて那須まで行ったのです。)

最終節は2位で臨みました。1位のチームとは勝ち点で1差。しかし残念ながら直接対決ではありません。対戦相手は同じ勝ち点の千葉教員SC。ただし得失点差で浦安が上です。

浦安JSCも千葉教員も、勝てば1位になるチャンスがあります。引き分けなら千葉教員は1位がありません。浦安JSCは、勝てば1位のチームの引き分け以下で1位確定。引き分ければ1位のチームが負けないと1位になれません。

従ってこの試合はお互い勝たないとならない最終戦で、白熱した展開となりました。前後半のそれぞれ45分間、合計90分間+ロスタイムは少しもゆったりとした時間はなく、常に選手達は全力疾走で戦うという、すべての力を出し切る文字通り決死の戦いとなりました。

詳細はこちらのブログで見ていただくとして、後半残り3分までは2-1で勝っており、このまま勝利を手に出来る、と誰もが信じていました。しかし最後にまさかの失点。悔しい引き分けとなりました。

しかしまだ希望はあります。ここで暫定1位となったので、前節まで1位のチームが負ければ1位確定です。その試合は午後7時から行われ、那須にいる私に5分おきにメールで展開を知らせてくれました。

私はビールも飲まず、PCをにらみながら祈り続ける90分。しかしいつまでたっても0-0のまま試合は動きません。そして試合は終了し、勝ち点を積み上げたその2つのチームが1位と2位を分け合いました。

その瞬間は声も出せず、頭を抱えることに。悔やまれるのは最後の失点であり、もっとさかのぼると下位チームから勝ちを奪えなかった2試合です。やはり最後に他人任せでは駄目なのです。下位チームに勝っているだけで圧倒的な勝ち点で最終節を待たずに優勝を決めることも出来たはずです。

しかしこれがサッカーのリーグ戦。強くても長丁場なら何が起こるかわかりません。怪我をしたりカードの累積で出られなかったり、病気になって調子が出なかったり。

私よりも当の選手の落胆は大きかったに違い有りません。なんてこえをかけて良いのやらまったく見当もつきません。

5連休の最終日は小学1年生チームが市内のトーナメントで圧倒的な力で優勝をしました。未来のプロ選手達がそこに見えた。でも彼らが社会人に上がってくるまでに、我々は社会人リーグのトップカテゴリーに上っていたいのです。

まだまだ続くチャレンジです。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

優勝することは感激です

Jsc200944

ぜひクリックして喜びの表情を見てあげてください。

サッカーチームの中1世代が市川・浦安地区で優勝をしました。並み居る強豪を下しての素晴らしい栄光でした。

私は週末ギターのコンサートがあったのですが、ぎりぎりまで時間を調整して土日のすべての試合でベンチに座ってサポートしました。この週末はギターコンサートの成功だけでなく、彼らの優勝という現場に立ち会えて最高のひとときでした。

予選では6-0、6-0と圧倒的な強さを見せながら、上に行くに従って当然ながら点が入るチャンスは少なくなってきます。そして決勝は3連覇中のチーム。3年前には惜敗しています。彼らに勝ちたい、と私たちは様々な取り組みをしてきました。アイディアを出してはそれを実行に移す。多少の抵抗勢力がなくもないわけですが、概ね受け入れる土壌がありました。

そして3年かけて少しずつ改革が出来てきました。まさかたった3年で達成できるとは...思っていました(笑)。

どんな大会でも優勝することは特別なことです。そして最後PK戦までもつれたこの試合。絶対勝てると信じて、本当に微塵も負けることは考えていませんでした、その瞬間を迎えたのです。

PK戦の勝利ってどうなるかご存じですか?優勝がかかったPK戦はまず間違いなくこの写真のような状況になります。

Jsc200945

しかも地区最強のチームが相手です。私も、コーチ達も、保護者も、みんな感涙です。右手を突き上げて「よし!」とか「やった!」とか「キャー!」とか様々の雄叫び。私も左手でカメラを握りながら、右手は突き上げていました。

優勝ってどんな時でも感激します。

実はこの1週間前、中3のチームが最終戦でPK敗退し涙を飲みました。その時の悔しさがベンチにはあったので、喜びはひとしお。

自分が中1でサッカーをやっているとき、上級生は私に基礎の基礎しか教えてくれませんでした。いわいるインサイドキックやインステップキック、胸のトラップなどなど。でもこの中1チームはパスをつないで横から攻めたり、時間がなくなってきたらフォワードにキラーパスを通したりします。日本のサッカーはこの30数年ですごい進展をしているのです(当たり前ですが)。

幼稚園から28歳まで同じチームに250名の選手がいますが、みんな我が息子達です。彼らの喜びは私の喜びであり、彼らの悲しみは私の悲しみです。この日は前日のギターの打ち上げに続いて美味しいビールを飲めたことは言うまでもありません。

試合の実況中継をしたブログです。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

夏のサッカークラブ

夏はサッカーキャンプがあちらこちらで開催されています。私のサッカークラブも、那須や鹿島、そして武尊で各世代のキャンプが開催されました。

中学生以上のキャンプや公式戦が盛りだくさんで、そのいくつかに参加してきました。

Jsc200908

こちらは社会人チームと中学1,2年生です。那須でキャンプをしていましたが、たまたまこの時期は那須に行っていたので半日練習につきあいました。那須とはいえ、高地ではなく、大田原市の近くにある「那須スポーツパーク」で、実際は那須ではありません(笑)。那須町からは車で40分かかります。

このスポーツ施設は緑が多いのが特徴ですが(天然芝)、おかげで虫がすごいのです。蚊より小さな虫に刺されると、2週間ほど腫れが引きません。ソックスを下げて、ちょっとだらしなく練習をしていると間違いなく足は刺されてぼこぼこになります。私は必ず長いパンツで見学をしています。

Jsc166

こちらは高校生(ユース)のキャンプです。社会人に2週間先駆けて那須で行われました。高校生は全体的に明るくて楽しいキャンプになりました。帰りのバスの直前に行けたので、ポテトチップをたくさん差し入れしました。

Jsc200913

そしてこの週末は中学3年生主体のアンダー15世代の公式戦の観戦をしました。土曜日はPK戦で勝利。日曜日はPK戦で敗退。勝っても負けてもPK戦というのは後をひきます。その模様はサッカーのブログに載せています。ちなみにこのブログもほとんど私が書いているのですが、負けた試合の事を書くのはつらいものがあります。

U15は多くの選手がこの大会で受験勉強モードに転換します。つまり節目の大会なのです。そしてこの大会は日本一を決める大会でもあります。つまり日本一にならない限り、必ず負けて終わってしまうのです。PK戦で負けて終わると特に涙が多くなります。「もう少し下に蹴ればよかった」「もう少し思い切って右に飛べば防げたのに」とか、考えてしまいます。試合中であれば時間があり、チャンスもたくさんあるわけなのですが、PKはたった一度。

そんな青春の一コマをサポートした週末でした。

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

浦安Gリーグ

Jsc200907

浦安市サッカー協会が主催するGリーグ。小学生チームのコーチたちのための大会です。私のチームは小学生チームもあるので毎年2回、参加しています。しかしこの日は試合が重なりコーチではなく、保護者の親父中心のメンバーとなりました。

太陽が燦々と降り注ぐ中、入念に日焼け止めをして(笑)試合に出場です。日頃ランニングをしているせいか、走ってボールを取りに行くのはなんとか大丈夫。しかし足下がもたついて相手を抜けない。

ゴルフと同じだなぁ、としみじみ感じました。それは何かというと、日頃から練習をしていないと思ったようにボールを扱えないということ。少年時代にきちんと基礎を身につけて、さらに何年もやっていれば体が覚えてくれているのでしょうけど、私は中学1年間だけ。

でも元韓国代表の李仁成選手(現浦安JSCのトップ選手)も遊びに来てくれて、一緒にサッカーが出来たのはとても良かった。離れていても彼はレーザービームのようにパスを出してくれる。しかしこちらのボールを受けるように走る彼のスピードを読めずにこちらが的確にパスを出せないもどかしさ。

でも3時間、このすばらしい環境で世界レベルの選手の李選手や和久井選手(ヨーロッパの某チームでプレイ)と一緒にサッカーが出来る幸せを感じよう。ちなみに彼らがボールを持つと、親父4人でも取れませんでした。タハハ。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

シニアサッカーイベントに参加

Soccer003

浦安市サッカー協会では毎月シニアイベントとしてサッカー大会を実施しています。先週末は近隣の他チームをインバイトして、合計8チームで試合を行いました。

私のチームは4名の参加だったため、市内の他チームと合同チームを結成してチーム名「浦安チップ」(TDLの近くなので....)というチーム名で参加です。

シニアリーグの規定は40歳以上。しかしそれでは充分に選手を集められないということで、市内では35歳から参加が出来ます。

浦安市の素晴らしいのは少年サッカーの環境です。最新の技術を使った人工芝のグランドが昨年オープンし、さらに今年の4月からはシャワー付きクラブハウスと照明設備が完備されます。大人の公式戦には狭いのですが、シニアならむしろ好都合の広さです。

協会のメール連絡で100名近い人が集まり、サッカーを楽しむ。なかなか地域で実現できるものではありません。それというのも、少年サッカーチーム同士が親密で、協会の運営がうまくいっているという証拠ですね。

今回も3つの少年チームコーチ&親父の合同で1チームを結成しましたが、どのチームからも私の浦安JSCのジュニアユース(中学生)に入会してくれているので、そのまま「仲間」という意識が簡単に醸成されました。

地域スポーツがうまくいくための方策は、利権や競合意識をなくし、ただシンプルに「子供達のためになる」「青少年がただしく育生される」という考えを貫けば良いのです。そのためには日頃から指導者同士の交流や、意見交換が大変重要で、それはただ酒を飲み交わすものでもなく、一緒に汗をかく、という活動が意識を合わせるためには良い手段だと思います。そいういう見方をすると、このシニアイベントは親父の健康のためのみならず、地域の健全化に一役買っている、ということが言えます。

さて、浦安チップですが、7試合行って2勝2敗3分でした。私もおかげさまで2得点入れさせていただきました。相手チームに転ばされたり、痛い目にも遭いましたが、気分も肉体も爽快です。

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

初めてのサッカー審判

私はサッカークラブの代表をしているので、サッカー経験が豊富かと思われがちですが、実はほとんど素人です。

サッカーの経歴については以前ブログに書きました。

そして週末は初審判(主審)をやりました。サッカーファンではあり、40を過ぎてから親父サッカーチームを立ち上げた訳です。そして試合観戦で審判の判定に(小さな声で)いちゃもんをつけるのが関の山。

ところがクラブチームの審判の手が足りず、責任者として今年度はとうとう審判講習を受けて資格を取得することになりました。

資格は4級審判というもので、千葉県サッカー協会が発行する資格です。千葉県内の公式戦の主審ができるものです。とは言っても、講習を受ければ誰でも資格を取得することが出来る簡単なもの。テストなど一切ありませんし、講習も座学で実習などありません。

これまで社会人の市内リーグ公式戦で副審(ラインズマン)をしたことはありますが、主審は避けてきました。

しかし小学生リーグの試合が重なり、とうとう主審を引き受けることに...前日にルールブックを眺めながらけっこう緊張していました。

試合は小学3年生の市内リーグで、8人制の公式戦です。じつは浦安市の3年生の8人制の試合は副審なしで一人で裁かなくてはなりません。しかもオフサイドありです。またキーパーへのバックパスも禁止。もちろんラインの判定も一人。

正直いって結構大変です。走りまくらないとならないのです。それもずっと集中して。

Jsc136

とは言うものの、写真をごらんのようにかわいい3年生達(写真の主審は私ではありません)。子ども達が楽しめるように試合をコントロールしていきます。

当日は夏のように暑く晴天。もう汗だくで走ることになりました。前半は割とボールをパスしようと落ち着いた試合内容だったのですが、後半から選手達がボンボンとボールを蹴り出し始めたのです。そうなると飛んでいったボールを確認するために、こちらも一緒に走らなくてはなりません。15分ハーフですが、合計30分間ずっと走るわけですね。マラソン練習始めていて良かった...

試合は5-2という結果で、割と得点シーンがありました。

小学生なのでコート脇で保護者の皆さんが大声援。ミスジャッジをすると怖い、と緊張しました。実際にはオフサイドを取れなかったり、ゴールキックとコーナーキックの判定が逆だったり、と2回ほど微妙なところもありましたが、まぁそつなくこなした、というのが私自身の感想です。

これから場数を積んで良き審判になれるようにがんばります。

審判後は自チームの試合のコーチボックスで選手達を鼓舞しました。3年生の子ども達は元気で、また物怖じしなくて楽しいです。

ベンチで待っているときには「あぁ、出てぇ、出てぇ」「お~ぃ、ゴール狙え」とつぶやいたり、声援をしたり。全員攻撃をして楽しいサッカーでした。最後はキーパーにも攻撃参加させたり、とにかく勝ち負け、よりも走ってゴールを狙え!というスタンスだったので、保護者の声援もとても熱が入りました。

| | コメント (1)