« 2019年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年1月

2020年1月 6日 (月)

2020年の目標

4年連続となりますが、新年の抱負を書くにあたって、ケリー・マクゴニガルの「スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール」を参照して作ります。

 

本書には「新年の目標設定(Lesson12)」という項目があります。

KPIもいいんだけど、彼女は「成果よりもどう成長したいか」「何を達成するの前になぜそれをしたいのかを突き詰めて考えてみる」。その上で(多分長期的に)何を達成したいのか、そのためには今年の一歩は何をするか、を具体的に示しましょう、と書いています。

そして新年を前に5つの具体的な行動を示唆しています。

1)今年(つまり昨年)起きた一番好きな思い出や功績をリストする

2)人生で感謝していることリストを作る

3)新年のハイライトを5つ想像する

4)再来年(ほぼ1年後)の1月1日の未来の自分に手紙を書く

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

ということでこれらを踏まえて抱負を考えて見ます。赤でハイライトした部分にフォーカスします。

では...

3)新年のハイライトを5つ

  -浦安の陸上競技場で2000人の集客をして勝利する

  -社会人サッカーの全国大会で表彰台に乗る

  -育成のスペイン遠征を実現してみんなでLaLigaの試合も見る

  -自己満足できるレベルでコンサートにてギター演奏をする

  -能登に行って親戚と宴会を行う(父も連れて)

 

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

  -那須に12回以上行ってでカノンにフリスビーを投げてあげる

  -貯めたワインを放出するワイン会の実施

  -家族でクラシックコンサートや歌舞伎を5回以上行く

  -若手に2本目のギター貸し出しを実施(ラミレス638mm)

  -先祖供養をする

 

仕事以外の目標(KPI)

  -本を100冊読む

  -ハーフマラソンで2時間を切る

  -スポーツジムに30回

  -海外サッカーの試合を50回見る(テレビ、ビデオ含めて、勉強のため)

  -定期的にギターレッスンを受ける

  -何か新しいチャレンジを1つ

  -高校の数学をやり直す

  -スペイン語の勉強を始める

 

一昨年、虫垂炎の手術(決意編)で書いたことを改めて転記します。

5つのプリンシプル

1) 食事に気を使う。(両親にいただいた身体を大事に)

2) 週に2回は運動をし、週に1回は休む。

3) 他人の目を見て話す。思いやりを伝える。

4) 家族を大切にする。

5) なるべくシンプルな生活をする。

 

昨年還暦を迎えて感じたことは年末の反省に書きました。しかしこの年でも意欲が衰えないのはなんでしょうか?

意欲というのは新しいことへのチャレンジと勉強です。本屋に行くのが一つの趣味なのですが、そこでいつも本を数冊購入してしまいます。「してしまいます」というのは、なるべくシンプルに生きようと決意したにもかかわらず、本棚が「積読」状態で溢れかえるからです。

年末にいつも数十冊を処分しなくてはならなくなるのですが、もったいない。昨年はスペイン語の入門書を買ったのに開きもしなかった。さらに図書館のサービスで駅前まで本を配達してくれるので、ネットから簡単に申し込めて小説が隔週ベースで届く。2週間で返さないとならないのでどうしても小説重視となってしまいます。

勉強をしたいけど時間がない。単純に映画やDVDを止めれば良いのですが、それが唯一の頭を空っぽにして開放する時間なのでこれもなかなか。うーん、どうしたものでしょうか。

それで、というか集中力を高めるために瞑想(マインドフルネス)を始めました。これは2019のチャレンジの成果なのかな。10−30分何も考えず、自分の呼吸だけに意識を集中します。毎日はできないけど週に2日はやっています。

この年齢なので睡眠はしっかり取りたい(と言っても歳のせいで早起きになってきた)から睡眠削りたくない。悩ましいです。

 

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

2019年に読んだ本

2019年は79冊の本を読みました。100冊には届かなかったです。通勤がないからどうしても増えない。本を読むためだけに電車に乗る、ということもやって見るべきかな。

5つ星

日本への警告 > ジム・ロジャース著

この本を読むと途中で日本を抜け出したくなる。
ジム・ロジャーズは今は日本への投資はできないと嘆く。もう全て日本株のポジションから手を引いた。
借金まみれて国債と札を増刷。やがて円の価値は落ち、日本の魅力はなくなっていく。
オリンピック後の危うさも警鐘の一つ。
古い政治体質から抜け出せず、例えば中国のイノベーションには全くついていけない。
今もし子供に第二外国語を学ばせるなら絶対に中国語だと確信して自分の娘にも中国語を学ばせるためにシンガポールに移住してしまった。
投資術では「お金持ちになるのに必要なのは情熱だ!」と言い切る。「小さな変化に気づいたならその変化の背景を探ってみる。それがやがて大きなトレンドになるかもしれない。」

<三体> 劉慈欣著

とてつもないスケール。先入観で「中国人が書いたSF」と思って読むとき気持ちよく裏切られる。
残念ながら本書は3分作の1作目。後を引くので2020年刊行予定の次作が出てから読んだ方がいいかも。
かなり宇宙やら科学というか物理の法則やら、素粒子の話やら、理系で勉強した人には楽しめるものだと思うが、どうでしょうか。著者が元々コンピューターエンジニアであったとされるが、そんな経験が随所に現れて、ITをやっている人にも面白さが倍増していると思います。
解説に出てくるが...「神狩り」と「星を継ぐ者」はそれぞれ30年前と20年前に読んだが、確かに書いてある通り、本書で感じたワクワク感があったことは間違いない。そういう意味では次回作が出るまで何か読みたいのならぜひ「星を継ぐ者」を読んだ欲しいです。これもとてつもないスケールでした。

<一億円のさようなら> 白石一文著

話が粛々と進みながら最後にさわやかな終わり方をした。残り数ページで「このまま終われるのか?」と心配になったけど杞憂でした。
自分は宮本輝が好きなのだけど、読み進めるうちに白石一文さんのこの小説は私の好きな内容と展開でした。ビジネスで政治的に追いやられ、地方に移り住んで門外漢の仕事を始める。その経緯などとても興味深い。
読後に、この後の彼らの人生について想像する時間が必要で、いい意味で後を引く作品です。

<第160回直木賞受賞 宝島> 真藤順丈著

沖縄小説を読んでいると自分が沖縄側(?)の人間になり、なんとなく呟く独り言も喋れない沖縄弁になってしまうから不思議。
本土の人間にはわからない沖縄の(まさに今)問題の根本の部分が見えてくる。
「テンペスト」、「沖縄処分」と併せて読むとよーくわかる沖縄の歴史。中国、日本、そしてアメリカ、再び日本に翻弄される沖縄。ここではアメリカと日本の戦後史になるけど、そこに立ち向かう若者たちの活動。
辺野古問題は対岸の火事のようにニュースで見ているけど、これを読むと本当に切実な問題なんだ、と改めて認識します。沖縄万歳!


4つ星

<バラ色の未来> 真山仁著
IRを巡って政治家と地方の町長、新聞記者、そしてビジネスとの交錯した攻防。
IRの問題点がよく浮き彫りにされている。いま、日本でもIR候補地が名乗りを挙げ、それに伴って国会議員への不正献金問題で揺れている最中。
2015−2016年に書かれた小説だが、2019年を予感していたかのようだった。

<犯罪者> 太田愛著
よく練ってある作品。読み応えがありました。企業の陰謀との戦い。自己犠牲をした一人の男。そして一気に逆転劇。

<妻のトリセツ> 黒川伊保子著
自己啓発というカテゴリーにしてしまいましたが..自分的には奥様とはまったくちゃんと向き合っていないことにしっかりと気付きました。
自分を変えていくという意味では自己啓発になります。女性の心理と男どもの考えは全然違うんですね。私は妻の話に論理的に応えようとしていましたが、それは全く違っていた。同調をもとめられていたとは。と言ってもまだまだちゃんとできない私です。

<壺霊> 内田康夫著
このシリーズ初めて読みました。引き続き読みたいと思った。
今回は京都の裏側を垣間見れた。しかし本来の仕事のレストランの紹介をもっと知りたかったなぁ。

<羽田圭介、クルマを買う。> 羽田圭介著
芥川作家の羽田圭介が様々なクルマに突撃(でもないけど)、いやアポなしでディーラーに行って試乗しまくり、それぞれの車の特徴を分析して、最後にとあるクルマを購入にいたる実際のお話。小説家だけだけに文章がしっかりしていて小説を読んでいるかのように楽しめた。
買う気のないクルマも乗ってみたら良かったり。商談の際にメーカーの個性が出て、高級外車と日本のメーカー(これも悪くない)のセールスの違いも納得感。そして最後に選んだのがとある中古車でした。
これと「ポルシェ太郎」を一緒に読むと最高に楽しいです。私もディーラー巡りをすることになってしまいました(笑)

<ポルシェ太郎> 羽田圭介著
淡々とした日常にポルシェが入ってくる。著者が日常感じている、高級スポーツカーに老人が乗っている様は面白い。そしてやはりかっこいい奴が乗るべきだ、と自分がポルシェオーナーに。
零細企業の社長としてビジネスの難しさや行き詰まりは共感されるが、それで「なんでポルシェ?」という疑問を抱かせることも目的なのだろうか。
もしかしたらありがちなポルシェオーナーなのかもしれない。自分が年齢的にポルシェを乗っても格好つかない、ということも実感したりして。

<国士> 楡周平著
プラチナタウンの続編、というよりは派生編。
昨今問題になっているコンビニフランチャイズ問題を考えながら読むと色々理解できる。(本書はカレーチェーン店)
フランチャイジー側とフランチャイザー側のそれぞの立場がよく分かる。これをプラチナタウンに強引に結びつけて、日本の農業の将来を明るく描くところが面白い。

帰去来> 大沢在昌著

かなり面白い。没入した。
太平洋戦争の結果で大きく違ってしまった二つの世界をまたいでの犯罪。警察官として強くなって行く女性主人公。
大沢在昌氏の新しい世界が楽しめました。

<仮想通貨はどうなるか バブルが終わり、新しい進化が始まる> 野口悠紀雄著
さすが野口先生
仮想通貨を経済学的に、しかもしっかりと技術まで習得されて解説。結論は「証拠金取引をしない」「海外送金を目的とするなら意味がある」ぐらいでしょうか。日本はブロックチェーン技術でとても遅れている。
しかし未来には夢があります。マイクロペイメント。課題は課税だそうです。

<AX アックス> 伊坂幸太郎著
これは面白かった。普通の人がこんな力を持っていて、奥さんが怖い。最後にそうきたか。

<熱き血の誇り> 逢坂剛著
逢坂剛の真骨頂。スペイン&ギター&サスペンス。そこに製薬会社と宗教法人がからんでくるとなんだか内容が発散しそうだ。
個人的にはギターとスペインについては理解できているつもりなのでそこはすんなり入るから、あとは社会問題の部分。さすがに文庫でも上下巻になるだけのボリュームになってますね。
正直スペインギターをここに持ち込まなくても充分な内容なので、これらは分けて書いてもらっても良いのだけど、そこは逢坂さんの特徴なので私はこれで充分楽しめましたよ。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年に観た映画(DVD含む)

映画の記録はFilmarksと言うアプリを使っています。なかなか使い勝手が良いです。

2019年は69本の映画を観ました。割と古めのDVDも含めてですけど。

昨年の103本からは大幅ダウンですが、夜の時間が少なかったかな。でも昨年よりも映画館に行った気がします。

5つ星

<グリーンブック>

素晴らしいの一言。NYから南部に行くに従って黒人差別が少しずつ。毎晩ボトル1本を飲むジャズピアニストのシャーリー。それはカティーサーク。そして彼の本心がこの物語の主人公で運転手でもあるトニーに語られる。心を打つストーリーだった。

4つ星

<ワンダー 君は太陽>

 2017年の作品。もっと早く観れば良かった。感情移入して泣けます。

<オンリーザブレイブ>

 山火事の消防の話。実話。アメリカって実話を素晴らしい映画に仕立てるのがうまいです。男たちの結束力が見もの。

<ヘイト ユー ギブ>

 人種差別、階級社会、とアメリカは複雑だけどやっぱり家族が一番、と言う作品です。

<ファーストマン>

 SFではないリアルな人間物語。一体なんのために宇宙飛行士をやるのか。宇宙に行った者にしかわからない何かがある。

<運び屋>

 私はクリント・イーストウッドのファンです。90歳になっての家族愛。人生の最後に愛を。切ない。

<未来のミライ>

 リアル過ぎず、でも精緻。様々な奇跡。達郎の歌がいい。

<レオン>

 抱腹絶倒。竹中直人と知英の役作りが最高です。ネタ的には新しくないのに、役柄で見せている。

<クリード 炎の宿敵>

 ロッキーファンです。ロッキー何度観たか。そしてこの音楽を聴きながら社会人になってから勉強を必死でやった日々を思い出す。今回も30年前の気持ちの戻った。8月末にこれを観て、9月から必死に走り始めた。インパクト絶大でした。

<あやしい彼女>

 多部ちゃんの演技に尽きます。まさかあんなに歌がうまいとは。

<アルキメデスの大戦>

 理系頭には最高の映画ですよ。戦艦のCGを期待している人にはちょっと違うけど、ストーリーが素晴らしい。最後の会議シーンで映画館で思わず拍手をしそうになりました。数学は美しい!と改めて思った。

<ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた>

 親父と娘の葛藤と愛。古いレコード店が懐かしさをそそる。二人でビートの効いた音楽を作る。素敵なミニコンサート。

<イエスタデイ>

 ビートルズが消えた。コカコーラもハリーポッターも。ビートルズの盗作をしてスターダムにのし上がる。エド・シーランが実名で彼の成功を後押しするシーンが最高です。そしてネタあかしになるので書けないけど、ビートルズが好きな人なら絶対泣けるラスト。

<マチネの終わりに>

 小説を読んでいたのでどうかと思ったけど、内容は大幅に削られているものの映画としては完成されていた。福山さんのクラシックギター演奏もしっかりしていた。もちろん福田進一さんが(影武者で)演奏している音が素晴らしく、映画館の音響で聞くともう鳥肌でした。

| | コメント (0)

2019年の反省

天災に見舞われ、千葉県や私の出身の福島県は大変な年となってしまった2019年です。

特に中学、高校時代を過ごした福島県本宮市では10月13日に阿武隈川が氾濫して死亡者が出るなど痛ましい報道があり、私も心を痛めました。ささやかながら義援金を寄付させていただきましたが、何もできない自分に情けなさを感じてしまいました。

さて2019年の目標とその反省です。

 

3)新年のハイライトを5つ

  -家族旅行(娘の結婚式を海外で) 

   -> ○グアム で6月に結婚式を行いました。素敵な家族旅行となりました。

  -最高の音色でギターを弾く

   -> ○トローバのTorijaを自分で言うのも何ですが美しく弾けたのでyoutubeにアップをしました。

     https://youtu.be/jF42lySB6DM

  -親と自分のお祝いの席(母卒寿 父米寿 自分還暦)

   -> ○母の体調もどうにか良くなり、でもって自分だけ還暦を祝ってもらいました。

  -家族でフランス料理を食べに行く(子供の体験を兼ねて)

   -> ○2018年末のパーティーでホテルのフランス料理の招待券が当たり、これを使って家族で行けました。

 

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

  -若手ギターコンサートを企画して実現します

   -> ○岡本拓也君のリサイタルを3月に行うことが出来ました。浦安音楽ホール満席でキャンセル待ちが出たほど。

  -若手アマチュアギタリストにギターを貸与します

   -> △1つはドイツに行っていますが、もう1つ自宅にあるままです。

  -那須に10回行ってカノンに的確なフリスビーを投げる

   -> ○12回(うち1回は雪でランニングのみ)

 

仕事以外の目標(KPI)

  -本を100冊読む

   -> X 73冊(せめて80冊は読まないと)

  -ゴルフは20回

   -> X 9回(他にやること多すぎ)

  -スポーツジムに30回(2017はたった10回)

   -> △22回(ただし6−10月はほぼ行ってない)

  -サッカーの試合を100見る(テレビ、ビデオ含めて、勉強のため)

   -> X 海外サッカーは30回 自分の試合入れずに国内10ぐらい 自分の試合は30ぐらい

     評価は海外サッカーで

  -歌舞伎に5回行く

   -> X たったの1回です...

5つのプリンシプル

1) 食事に気を使う。(両親にいただいた身体を大事に)

->△多分まだアルコール多いです。ただ朝食をかなり軽く(豆乳とコーヒーのみ)夕食は炭水化物を食べずに

  気を使った割りに体重は増えました。何が悪いのか。

2) 週に2回は運動をし、週に1回は休む。

->△運動は完璧。木曜にサッカー、週末にランニング。12月は109キロ走った。ただし休みはほぼ取れなかった。

3) 他人の目を見て話す。思いやりを伝える。

->△目を見て話す、は気にしています。思いやりは伝わってないかも。

4) 家族を大切にする。

->評価出来ないですね。家族に聞いてみないと。食事に行ったり、海外で結婚式したり、悪くないと思う。

 両親に対してはあまり良い息子でなかった気もします。

5) なるべくシンプルな生活をする。

->X これは出来なかった。余計な買い物をしてしまいます。良いものを少し、と言う生活にしたいな。

 

新しくチャレンジしたこと:(目標に入れなかったけどあえて書きます)

 ・コーヒーの自家焙煎

 ・瞑想(マインドフルネス)

 ・ラグビー観戦(ルールを勉強した)

 

総評:

仕事に関しては結果が出なかったことで良い評価は出来ないです。スタッフを雇用するだけの予算を作れないため、コンビニオーナー様のようになってしまっていました。つまり自分で何でもやらないとならなくなる。もっと人に任せる仕事のスタイルにしたい。どうすれば良いのか?

健康に関しては悪くない年でした。寝込むような病気は全くなかったです。熱を出したこともない。しっかりと運動をして、しっかりと寝て、回遊魚のように働き続けることは出来ました。

還暦を迎えて思ったことがあります。

それは嫌なことを我慢しない。はっきりと自分の意思を伝える。これはFacebookの還暦祝いに誰かが書いてくれたこと。これまで会社貢献もしたし社会貢献もそれなりにやってきた。人生ひと回りしたので、もう自分のために生きても良いのではないか。

我儘になる、と言う意味ではありません。正しいことをちゃんと述べる。心をすっきりさせて気持ちよく生きる。

還暦でこれまでのカウントアップからカウントダウンになるわけだから、ある程度保有資産もうまく使いながら楽しい人生を生きるのはどうか。

仕事を放棄すると言うことではなく、次世代を育成しながらバトンタッチして行くべきだと思う。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2020年3月 »