« 2018年8月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年1月

2019年1月 5日 (土)

2019年の目標

一昨年、昨年同様ですが、新年の抱負を書くにあたって、ケリー・マクゴニガルの「スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール」を参照して見ました。

本書には「新年の目標設定(Lesson12)」という項目があります。

KPIもいいんだけど、彼女は「成果よりもどう成長したいか」「何を達成するの前になぜそれをしたいのかを突き詰めて考えてみる」。その上で(多分長期的に)何を達成したいのか、そのためには今年の一歩は何をするか、を具体的に示しましょう、と書いています。

そして新年を前に5つの具体的な行動を示唆しています。

1)今年(つまり昨年)起きた一番好きな思い出や功績をリストする

2)人生で感謝していることリストを作る

3)新年のハイライトを5つ想像する

4)再来年(ほぼ1年後)の1月1日の未来の自分に手紙を書く

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

ということでこれらを踏まえて抱負を考えて見ます。赤でハイライトした部分にフォーカスします。

(なおサッカーの仕事のことは今年からここには書きません)

 

3)新年のハイライトを5つ

  -家族旅行(娘の結婚式を海外で)

  -最高の音色でギターを弾く

  -親と自分のお祝いの席(母卒寿 父米寿 自分還暦)

  -家族でフランス料理を食べに行く(子供の体験を兼ねて)

 

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

  -若手ギターコンサートを企画して実現します

  -若手アマチュアギタリストにギターを貸与します

  -那須に10回行ってカノンに的確なフリスビーを投げる

 

仕事以外の目標(KPI)

  -本を100冊読む

  -ゴルフは20回

  -スポーツジムに30回(2017はたった10回)

  -サッカーの試合を100見る(テレビ、ビデオ含めて、勉強のため)

  -歌舞伎に5回行く

こんな目標を書いていてちょっと嫌な気分になりました。これってまさに25年間も働いたアメリカ企業の習性がそのまま出てるような気がするのです。いつも目標やKPIに縛られていた。また自分を縛るのか??

今年は数え年で還暦になります。

昨年は体の衰えを感じ始めた年でした。ほんの5分前のことを忘れてしまったり。物をよく落としたり。運転の際に何かを見落としたり。

これって70際を過ぎてから起こるものだと思っていましたが、今やって着たのです。もしかしたらアルツハイマーなのかもしれない。しかし老いは止められません。

昨年はこれでもか、というほど活動をしました。新しいことも始めた(フットサル場の経営)。

今年も脳に、筋肉に、感情に刺激を与え続ける年にしたいと思います。

しかし昨年のように動き続けると必ず体には問題が起きます。そしてついに入院と手術。そうなると自分の仕事を代行してくれる人がいないとならない。今は全ての判断を自分でやらなくてはならないし、書類作成もかなりの部分は自分。そんな組織にしてしまったのは自分の責任ではあるけれど、とにかくバックに人を雇うことが出来ず、どうしても本業に予算のほとんどが投入されてしまうので仕方ありません。事務所のトイレ掃除も少なくても週に1回は自分でやらないと気が済まない。帰ってから新しい勉強をしたいと思うけどヘトヘトなんです。だからDVDや読書に逃げる。KPIとか書いてるけど本当は逃げてんですよね。あ〜ぁ。

そこで虫垂炎の手術(決意編)で書いたことを改めて転記します。

5つのプリンシプル

1) 食事に気を使う。(両親にいただいた身体を大事に)

2) 週に2回は運動をし、週に1回は休む。

3) 他人の目を見て話す。思いやりを伝える。

4) 家族を大切にする。

5) なるべくシンプルな生活をする。

目標やコミットはあくまでも目指すところ。しかしこれが私のプリンシプルです。それがブレないようにしなくては。

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

2018年に観た映画

2018年に観た映画(ほぼDVDかAmazon Prime)は103です。飲みに行く機会が大幅減で夜の9時ごろに観ることが多かったです。あと那須で1日2本を観ていたんです。

かなりTsutayaにお世話になりました。


星の順では(4星以上)

「ダンガル きっと強くなる」

「ボヘミアンラプソディー」

「最後の忠臣蔵」

「カフェソサエティ」

「ボストンストロング」

「モリーズゲーム」

「さよなら僕のマンハッタン」

「セントラルインテリジェンス」

「チェンジングレーン」

「女神の見えざる手」

「ビッグシックぼくたちの大いなる目覚め」

「ギフテッド」

「ボンボヤージュ」

「ラストマップ真実を探して」

「ウィンストンチャーチル」

「ウィスキーと2人の花嫁」

「デトロイト」

「僕の妻と結婚してください」

「あしたは最高のはじまり」

「くちびるに歌を」

「バッドウェイブ」

「なんちゃって家族」

「ザサークル」

「ドラフトデイ」

「Close-knit」

「ナミヤ雑貨店の奇跡」

「ハンズオブストーン」

「アナライズミー」

「フェラーリの運ぶ夢」

| | コメント (0)

2018年に読んだ本

2018年は115冊の本を読みました。ここ数年では一番多いのですが、これもaudibleのおかげだと思います。

運転中音楽を聞いたりFMを聞いたりしていた時間をほぼ耳での読書に費やしました。

今年はペン字にこだわり「万年筆で極める美文字」なんて本から始まりました。(朝の10分を万年筆で過ごしました)

星5つついたのはAI関連で

「シンギュラリティーは近い」(レイ・カーツワイル)

「人間様お断り」(ジェリー・カプラン)

4つでは

「限界費用ゼロ社会 」(ジェレミー・リフキン)

「LIFE SHIFT」(リンダ・グラットン)

「人工知能の核心 」(羽生善治)

あたりで、全体としてITによる社会変化が多かったかも。

小説では5つ星はなくて4星では..

「アノニム」(原田マハ)

「リボルバー・リリー」(長浦京)

「羊と鋼の森」 (宮下奈都)

「億男」(川村元気)

「誉れ高き勇敢なブルーよ」 (本城雅人)

「東京カジノパラダイス」 (楡周平)

「シンドローム」(真山仁)

「この君なくば」(葉室麟)

「降霊会の夜」(浅田次郎)

「吉原手引草」 (松井今朝子)

「下町ロケット ヤタガラス」(池井戸潤)

「日の名残り」 (カズオ・イシグロ)

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

2018年の反省

まずは昨年の目標の結果です。
新年のハイライトを5つ
  -ホームゲーム開幕で観客席をあふれさせる 
    △平均1000人には届かなかった
  -ブリオベッカ浦安が全国制覇をして再昇格
    ×全くだめでした
  -家族旅行
    ×ほぼ一人旅行
  -最高の音色でギターを弾く
    ×テニス肘になってしまった
  -親と自分のお祝いの席(数えで母卒寿 父米寿 自分還暦)
    ×やっていません..
新年の目標に他人へのコミットメントを含める
  -若手ギターコンサートを企画して実現します
    ○と言っても企画と予約をして今年の3月2日実現です
  -(元)アマチュア選手をプロチームに移籍させます
    △一人J2に行ったけど彼はプロ契約選手でした
  -息子が社会人になるので「大人」になれるよう後押しします
    △あまり話す時間はなかったかな。でも自分で成長しているみたい。
6)仕事以外の目標(KPI)
  -本を100冊読む
    ○115冊
  -ゴルフは20回
    ×10回 花粉の期間はできず、冬はテニス肘で行けず
  -スポーツジムに30回(2017はたった5回)
    △多分20回ぐらいです
  -那須に10回行ってカノンに的確なフリスビーを投げる
    ○13回 うちカノンとは10回
  -肝臓の腫瘍マーカー(AFP)を7台にする(2017年は8.3-9.4)
    ×悪化してます..
ほとんど目標達成できませんでした。というかあまり意識せずに生活してたかも。
一番の問題は夏に手術入院したことです。これは自分の年齢を顧みず、真夏(昨年は酷暑)にサッカーなど多くの活動を積極的にやった結果、疲労が祟ってのことだと思います。これまで以上に頑張ってしまった。
また左手がテニスもしないのにテニス肘。おかげでゴルフもできず。しかし毎週木曜日のサッカーは8月の入院時を除いてほぼ皆勤したのではないかな。
本や映画はたくさんこなしました。映画(DVD含む)は103です。
サッカーの結果も出ず、家族との時間もしっかり作れずダメな1年だった気がします。
1年のうち休めたのは年末の1週間だけ。それと個人旅行でウィーンに2回(1回は週末だけ)。
つまりものすごく働いたのです。帰ったら結構疲れていて、全てを忘れて映画に見入ってしまったり。
ところでお知らせはしていませんが、埼玉県にフットサルコートの経営権を引き継いで3面のコート運営を2月より始めています。2名の雇用をしてアルバイトも3−4名。年末年始以外の休みはないため社員のみなさまはよく働いてくれました。車で1時間近くかかるので毎週行けるわけではないのですが、本当によく運営してくれています。こちらは感謝しかありませんね。

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2020年1月 »