« 2018年に観た映画 | トップページ | 2019年の反省 »

2019年1月 5日 (土)

2019年の目標

一昨年、昨年同様ですが、新年の抱負を書くにあたって、ケリー・マクゴニガルの「スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール」を参照して見ました。

本書には「新年の目標設定(Lesson12)」という項目があります。

KPIもいいんだけど、彼女は「成果よりもどう成長したいか」「何を達成するの前になぜそれをしたいのかを突き詰めて考えてみる」。その上で(多分長期的に)何を達成したいのか、そのためには今年の一歩は何をするか、を具体的に示しましょう、と書いています。

そして新年を前に5つの具体的な行動を示唆しています。

1)今年(つまり昨年)起きた一番好きな思い出や功績をリストする

2)人生で感謝していることリストを作る

3)新年のハイライトを5つ想像する

4)再来年(ほぼ1年後)の1月1日の未来の自分に手紙を書く

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

ということでこれらを踏まえて抱負を考えて見ます。赤でハイライトした部分にフォーカスします。

(なおサッカーの仕事のことは今年からここには書きません)

 

3)新年のハイライトを5つ

  -家族旅行(娘の結婚式を海外で)

  -最高の音色でギターを弾く

  -親と自分のお祝いの席(母卒寿 父米寿 自分還暦)

  -家族でフランス料理を食べに行く(子供の体験を兼ねて)

 

5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める

  -若手ギターコンサートを企画して実現します

  -若手アマチュアギタリストにギターを貸与します

  -那須に10回行ってカノンに的確なフリスビーを投げる

 

仕事以外の目標(KPI)

  -本を100冊読む

  -ゴルフは20回

  -スポーツジムに30回(2017はたった10回)

  -サッカーの試合を100見る(テレビ、ビデオ含めて、勉強のため)

  -歌舞伎に5回行く

こんな目標を書いていてちょっと嫌な気分になりました。これってまさに25年間も働いたアメリカ企業の習性がそのまま出てるような気がするのです。いつも目標やKPIに縛られていた。また自分を縛るのか??

今年は数え年で還暦になります。

昨年は体の衰えを感じ始めた年でした。ほんの5分前のことを忘れてしまったり。物をよく落としたり。運転の際に何かを見落としたり。

これって70際を過ぎてから起こるものだと思っていましたが、今やって着たのです。もしかしたらアルツハイマーなのかもしれない。しかし老いは止められません。

昨年はこれでもか、というほど活動をしました。新しいことも始めた(フットサル場の経営)。

今年も脳に、筋肉に、感情に刺激を与え続ける年にしたいと思います。

しかし昨年のように動き続けると必ず体には問題が起きます。そしてついに入院と手術。そうなると自分の仕事を代行してくれる人がいないとならない。今は全ての判断を自分でやらなくてはならないし、書類作成もかなりの部分は自分。そんな組織にしてしまったのは自分の責任ではあるけれど、とにかくバックに人を雇うことが出来ず、どうしても本業に予算のほとんどが投入されてしまうので仕方ありません。事務所のトイレ掃除も少なくても週に1回は自分でやらないと気が済まない。帰ってから新しい勉強をしたいと思うけどヘトヘトなんです。だからDVDや読書に逃げる。KPIとか書いてるけど本当は逃げてんですよね。あ〜ぁ。

そこで虫垂炎の手術(決意編)で書いたことを改めて転記します。

5つのプリンシプル

1) 食事に気を使う。(両親にいただいた身体を大事に)

2) 週に2回は運動をし、週に1回は休む。

3) 他人の目を見て話す。思いやりを伝える。

4) 家族を大切にする。

5) なるべくシンプルな生活をする。

目標やコミットはあくまでも目指すところ。しかしこれが私のプリンシプルです。それがブレないようにしなくては。

|

« 2018年に観た映画 | トップページ | 2019年の反省 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年に観た映画 | トップページ | 2019年の反省 »