« 2018年の反省 | トップページ | 2018年に観た映画 »

2019年1月 4日 (金)

2018年に読んだ本

2018年は115冊の本を読みました。ここ数年では一番多いのですが、これもaudibleのおかげだと思います。

運転中音楽を聞いたりFMを聞いたりしていた時間をほぼ耳での読書に費やしました。

今年はペン字にこだわり「万年筆で極める美文字」なんて本から始まりました。(朝の10分を万年筆で過ごしました)

星5つついたのはAI関連で

「シンギュラリティーは近い」(レイ・カーツワイル)

「人間様お断り」(ジェリー・カプラン)

4つでは

「限界費用ゼロ社会 」(ジェレミー・リフキン)

「LIFE SHIFT」(リンダ・グラットン)

「人工知能の核心 」(羽生善治)

あたりで、全体としてITによる社会変化が多かったかも。

小説では5つ星はなくて4星では..

「アノニム」(原田マハ)

「リボルバー・リリー」(長浦京)

「羊と鋼の森」 (宮下奈都)

「億男」(川村元気)

「誉れ高き勇敢なブルーよ」 (本城雅人)

「東京カジノパラダイス」 (楡周平)

「シンドローム」(真山仁)

「この君なくば」(葉室麟)

「降霊会の夜」(浅田次郎)

「吉原手引草」 (松井今朝子)

「下町ロケット ヤタガラス」(池井戸潤)

「日の名残り」 (カズオ・イシグロ)

|

« 2018年の反省 | トップページ | 2018年に観た映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年の反省 | トップページ | 2018年に観た映画 »