« 2017年に観た映画について | トップページ | ブダペスト「Kadara Wine Bar」 »

2018年1月 3日 (水)

新年(2018)年の目標

昨年同様ですが、新年の抱負を書くにあたって、ケリー・マクゴニガルの「スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール」を参照して見ました。

本書には「新年の目標設定(Lesson12)」という項目があります。
KPIもいいんだけど、彼女は「成果よりもどう成長したいか」「何を達成するの前になぜそれをしたいのかを突き詰めて考えてみる」。その上で(多分長期的に)何を達成したいのか、そのためには今年の一歩は何をするか、を具体的に示しましょう、と書いています。
そして新年を前に5つの具体的な行動を示唆しています。
1)今年(つまり昨年)起きた一番好きな思い出や功績をリストする
2)人生で感謝していることリストを作る
3)新年のハイライトを5つ想像する
4)再来年(ほぼ1年後)の1月1日の未来の自分に手紙を書く
5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める
ということでこれらを踏まえて抱負を考えて見ます。でハイライトした部分にフォーカスします。
3)新年のハイライトを5つ
  -ホームゲーム開幕で観客席をあふれさせる
  -ブリオベッカ浦安が全国制覇をして再昇格
  -家族旅行
  -最高の音色でギターを弾く
  -親と自分のお祝いの席(数えで母卒寿 父米寿 自分還暦)
5)新年の目標に他人へのコミットメントを含める
  -若手ギターコンサートを企画して実現します
  -(元)アマチュア選手をプロチームに移籍させます
  -息子が社会人になるので「大人」になれるよう後押しします
6)仕事以外の目標(KPI)
  -本を100冊読む
  -ゴルフは20回
  -スポーツジムに30回(2017はたった5回)
  -那須に10回行ってカノンに的確なフリスビーを投げる
  -肝臓の腫瘍マーカー(AFP)を7台にする(2017年は8.3-9.4)
     ->つまり酒を飲み過ぎない
今年は数え年で還暦になります。自分でもそんなじじいになったのか、と不思議な気持ちですが、ケリー・マクゴニガルが「成長」という言葉を使っており、まだまだ成長する自分を感じられています。70歳まではバリバリ働きたいので、その最初の1年は今年ではなく来年なのですが、その準備をするのが今年なんですね。
私のキーワードはいつでも「チャレンジ」なのです。

|

« 2017年に観た映画について | トップページ | ブダペスト「Kadara Wine Bar」 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年に観た映画について | トップページ | ブダペスト「Kadara Wine Bar」 »