« 2016年に見た映画について | トップページ

2017年1月 5日 (木)

2016年に読んだ本について

2016年の読書は111冊。一昨年の34冊とは大違い。何が違うか、根本的なところはわかりません。全国リーグに行くので移動が増えた、読みかけの本がたくさんあって一気に処理した、Audibleの読み放題(実は聴き放題)に加入して車で読んだ(聴いた)、がありました。

その中で星4つ以上をつけた本を紹介します。ちなみに発売が新しいとは限りませんので。
(※は星5つ)
<小説>
「オールドテロリスト」 村上龍著(※)
「陸王」 池井戸潤著(※)
「革命前夜」 須賀しのぶ著(※)
「海峡」 伊集院静著
「硝子のハンマー」 貴志祐介著
「サラバ」 西加奈子著
「凍える牙」  乃南アサ著
「黒い家」 貴志祐介著
「握る男」 原宏一著
「当確師」 真山仁著
「ギャラリスト」 里見蘭著
「海王伝」 白石一郎著
「眩」 朝井まかて著
「長流の畔」 宮本輝著
「ガラパゴス」 相場英雄著
「64」 横山秀夫著
「国境事変」 誉田哲也著
「カクテルパーティー」 大城立裕著
小説はやはり読書量が多いので。
「オールドテロリスト」は題名から期待していなかったのに、村上龍ワールドにハマってしまった。
「革命前夜」はクラシック音楽が好きでないとちょっと難しいと思う。東ドイツの演奏家の話が多いので。でも知られざる国。
貴志祐介はホラー的イメージがあったので避けて来たけど今年は一気にハマってしまった。ほぼAudibleで車内で聴いた。
車好きは「ガラパゴス」を推薦します。ちょっと古いネタですが、ハイブリッドの話です。
絵画が好きなら「ギャラリスト」「眩」かな。
誉田哲也はついに「破門」が映画化されますが、その前章的な内容。北朝鮮に西日本のヤクザが行って大暴れするので破天荒。掛け値無しに面白い。
「凍える牙」ではあまり日本では見かけないカナダの犬が登場します。ゾクゾクします。
<自己啓発、ビジネス、実用>
「Moonshot!」 ジョン・スカリー著(※)
「サッカーおくの細道」 宇都宮徹壱著
「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」 デイヴ・アスプリー著
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」 ノバク・ジョコビッチ著
「ドルを買え」 藤巻健二著
昨年は「Moonshot!」に限る、という気がしまた。スティーブ・ジョブズ ファンには悪役のジョン・スカリーですが、やはりペプシで成功して、アップルをそれなりにまとめて来た力が現在のビジネスコンサルタントとして集大成されている。
Moonshot=月に人類を送る ー> ほどのビッグビジネスを立ち上げろ! というメッセージなんです。キーは「IT」とあなたの得意なビジネスを融合させる。触発されました。
宇都宮徹壱さんには取材を受けています。「サッカーおくの細道」にはちゃんと私の話が出てくる。なので推薦します!
食事系は私の減量が成功した理論なので高い評価にしました。簡単に書くと、「小麦を減らして適切な油分を増やし、管理する」ことですね。ジョコビッチは日本でこの本が発売されてから1位を取れなくなったのでちょっと残念です。でも彼はこれでのし上がって来たんですよ。
藤巻さんはとにかく国債の問題で 「暴落ー>ハイパーインフレ」 の構造をずっと指摘しています。で円の価値が下がる、という考え方。5年のレンジで考えると本当にそうなるかもしれませんよぉ...。怖いです。

|

« 2016年に見た映画について | トップページ

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年に見た映画について | トップページ