« 新年(2017)の目標 | トップページ | 2016年に読んだ本について »

2017年1月 4日 (水)

2016年に見た映画について

2016年は合計83本の映画を見ました。

そのほとんどは映画館ではなく、DVDとアマゾンプライムビデオ、そしてWOWOWです。
もちろん映画館でも観ました。だいたい月に1本あるかないかでしたけど。でも評価が高かったのは映画館が多い。前評判を見ているからか、大画面とサウンドで印象が良いのかわかりませんが。
全ての映画に星をつけました。古いものから最新のものまでありますが、自分で星を4つ以上つけた映画を列挙したいと思います。17作品あります。(観た順番)
DVDなどお借りになる際に参考にしてください。
正直全く期待してませんでした。
しかし終わって見たら爽快感。
007シリーズが少しマンネリ化してきた気がするんですが、強いだけでなく、イングランドらしいウェットとユーモアもあるスパイ映画に面白さを感じた。映画館で見ました。
始まりのうた>(Begin again)
ニューヨークと音楽に惹かれて映画館に行きました。
全く期待を裏切らない素晴らしい内容でした。どちらかというとマイナーな二人が、ニューヨークの街を舞台に無茶をしてみんなをハッピーにする。
夢のある映画でした。
ハッピーエンドが書けるまで> 2012年の作品
ダメなオヤジと多感な娘と息子。
青春映画だけでない、中年オヤジの悲哀もある。
<ソロモンの偽証>
前編後編、一気に見ました。
プロミストランド>2012年の作品
2012年にアメリカではすでにシェールガスの狂騒が始まっていたわけだ。
マット・デイモンはむしろこのような役が合っている気がする。
狂騒の影で行われる不正と主人公の迷いがうまく描き出されていた。
<黙秘>1995年の作品
アメリカの片田舎を舞台としてミステリーとヒューマン映画。
母親と娘の葛藤。そして殺人と真実。
映画館にて。
メリル・ストリープの好演。
まさかロック歌手の役とは!
中年のおばさんロック歌手なんてカッコ悪い、との先入観が見事に打ち砕かれ、最後のシーンに流れる歌は感動的。
特にU2の「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」が効果的に使われていてカッコいい!
バクマン>2015年作品
少年ジャンプを舞台にした邦画。
日本のカルチャー、というところが良かった。
映画館にて。
ネタバレしたくないのであえて書きませんが、見て損はしません。
<SPY>2015年の映画
Wikiによると日本では劇場未公開。信じられないぐらい面白い。
主人公のメリッサマッカーシーが最高!(太った中年女性がすごい演技)
笑いとスリル満点。
映画館にて。
ビートルズ好きな人はみんな見ましたよね?
どちらかというと解散の時期にフォーカスしています。
映画館にて。
すでに本は読んでいたので、映像でどのように実現したか見たかった。
期待を裏切らない映像でした。
映画館にて。
あまりにテレビでも騒がれているので行きました。
行って良かったと思う。映像の美しさとほろ苦い青春。そしてストーリーのトリック。
<天使の分け前>2013年
アマゾンプライムにて。
ウィスキーが寝かせている際に減る分を「天使の分け前」と言います。
スコットランドの映画で、ウイスキーの蒸留所が舞台に使われます。
ウイスキー好きは見ると良いかと。ストーリーも素敵ですよ。
<ロンゲストライド>
日本未公開。アマゾンプライムにて。
アメリカのベストセラー作家、ニコラス・スパークスの小説の映画化。
彼の作品はアメリカ社会をうまく描いている。
二つの時代を交錯させながら収束させていく。
映画館にて。
チェット・ベイカーが好きなら見ますね。
マイルス・デイビスまで登場します。
成功したチェット・ベイカーではなく、堕落していく彼を描いていますが、一抹の寂しさがうまく出ています。
<トゥルー・クライム>1999年の作品
アマゾンプライムにて。
基本、クリント・イーストウッドの作品は大好きだ。
この映画はトリックも何もない、直球勝負のストレートなミステリーだ。
終わり方もイーストウッドらしい。

|

« 新年(2017)の目標 | トップページ | 2016年に読んだ本について »

文化・芸術 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年(2017)の目標 | トップページ | 2016年に読んだ本について »