« ウィーン:アルベルティーナ美術館 | トップページ | ウィーン:偉大な作曲家達のお墓 »

2016年3月 1日 (火)

ウィーン美術史美術館

こちらに紹介があるとおり、「絵画の分野では、古いものではハプスブルク家の家族、プラハにいた神聖ローマ皇帝ルドルフ2世、ブリュッセルのレオポルト・ウイルヘルム大公達により収集された作品や、他の多くの逸品が集められています。その中でもデューラー、ルーベンス、ティティアーノの作品や、世界で最大のブリューゲルの作品群が中核をなしています。古典古代・エジプト・オリエント部門の多彩な展示品は、神秘のヴェールに包まれた遠い過去からの使者です。」というハプスブルク家が収集してきた逸品ばかりが展示されています。

あまり時間がないなか、ルーベンス、フェルメール、フリューゲルの作品に絞り込んで見学をしました。

Wien201611

この(上の)フリューゲルの作品はあまりに有名。当時の農家の日常を描いた作品で知られますが、冬に狩りに行ったにも関わらず痩せた狐一匹の収穫。重そうな足取り。その辛い気持ちが伝わってきます。

Wien201612

フェルメールはこの1枚。背中を向けているのは自分。この1枚はフェルメールの死後競売にかけられた作品が多かった中、奥様が自分のために残そうとしたものらしいです。しかし貧困で手放さなくてはならなくなった....。

Wien201613

ベラスケスはこの3枚が並べて置いてあります。マルガリータの幼少から結婚前までの肖像。これらの絵はスペインに生まれた王女のすでに決まっていた輿入れ先のウィーンにお見合い写真のように成長の過程で送られたもの。なのでこの地にあるのですね。
今回は日本語ガイドの機器を借りて回りました。絵と歴史の解説がわかりやすいですよ。
時間があまりなかったので充分見ることは出来ませんでしたが、エジプト展も充実。

Wien201614

|

« ウィーン:アルベルティーナ美術館 | トップページ | ウィーン:偉大な作曲家達のお墓 »

オーストリア」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィーン:アルベルティーナ美術館 | トップページ | ウィーン:偉大な作曲家達のお墓 »