« パリ市立近代美術館 | トップページ | パリのレストラン「Nakatani」 »

2016年2月28日 (日)

パリ:パレ・ド・トーキョ

パリ市立近代美術館の向かい、というか同じ様式の建物の対面となります。名前の由来はパリ万国博覧会の時代にこの通りは「トウキョー通り」だったため、この美術館はそのような名前になったとのこと。特に日本の作品を扱っているというわけではありません。(なおこの通りは現在はニューヨーク通りと改名)


パリ市立近代美術館は早々に追い出されたのに、こちらはなんと24:00まで開館されています。夕食まで1時間でしたがそれだけで気持ちに余裕が出来ます。

常設展示がない企画のみということで今回の展示が次もあるわけではないのですが、ちょっと面白かった。

だいたい入ったら小上がりみたいになっている場所があり、若者達が思い思いに寝転びながらくつろいでいる。
そしてカフェがこんな感じ。

Paris201618

これ自体が作品なんです。イカ干し(?)のようにみえるのは実は女性の履くパンスト。足の部分を思いっきり延ばして、地面の部分にはちゃんとハイヒールを履いていました。このカフェ展示も常設ではないのでしょう。もったいない感じがします。

Paris201619

やはりモダンアート展示(つまり現代の作家)なので工夫がありいろいろ楽しい。

Paris201620

この作品は高さ2メートルぐらいありますが、下のように全部手書き文字で描かれています。

Paris201621

こちらも同様なんですが、色使いが綺麗ですね。「Marriage」の主題が透けて見えます。

Paris201622

最後にみつけたお気に入りはこちら。

Paris201623

通常のカフェも落ち着いたちょっとモダンな感じなので、アートに囲まれながら気楽に夜を過ごすのには最適だと思います。


|

« パリ市立近代美術館 | トップページ | パリのレストラン「Nakatani」 »

フランス」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリ市立近代美術館 | トップページ | パリのレストラン「Nakatani」 »