« パリにやって来ました | トップページ | パリ市立近代美術館 »

2016年2月26日 (金)

ポンピドーセンター1

そうだパリに行こう、の一番の目的はポンピドーセンターに行くことでした。個人的に興味があるのはキュビスム以降の作品です。

Paris201603

2005年から実に10年ぶりの訪問。

Paris201604

特別展示ではやはりモダンアートが充実していて思わず足を止めます。

Paris201605

壁一面に圧倒的なスケール感。奥行きの深さから、手前に突き出したインパクト。3次元で迫ってきます。
今回は特別展示の「Gerard Fromanger」1939年生まれのフランス人。

Paris201606

発色の強い色使いで眼球に迫ってきます。足を踏み入れた途端に体ごと惹きつけられた。

Paris201607

Paris201608

Paris201609

Paris201610

この特別展を見ただけでパリに来たかいがあったと思いました。大きな作品ばかりなのですが、もし小さいものがあれば買って帰りたい...とても高価でしょうからポスターでも。と思ったのですが、ショップにははがきサイズの、しかも限られた作品のみでした。

せめて展示作品全部を絵葉書にして欲しかった。

Paris201611

日本では見学者に配慮してからやらないけど、欧米でよく見かける風景です。小学2年生ぐらいでしょうか。先生と会話しながら自分で模写しています。

有名な作品でなく、どんな芸術作品でも良いので詰め込み教育から離れてこんなチャンスを日本の子供たちに与えてほしいと切に願う。

|

« パリにやって来ました | トップページ | パリ市立近代美術館 »

フランス」カテゴリの記事

絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリにやって来ました | トップページ | パリ市立近代美術館 »