« 北京で北京ダッグ「大董烤鴨店」 | トップページ | 2013年の読書 »

2014年1月 2日 (木)

昨年の反省と本年の目標

皆様、明けましておめでとうございます。

例年は年末に那須山荘に来て、じっくりと反省と計画を練るのですが、とある理由によって今年の年末年始は那須に行く事が出来ませんでした。それについては別途ご説明します。

では早速昨年の目標と反省を。

2013年の目標(KPI)

サッカークラブ:絶対1部昇格、できれば飛び級でJFLに昇格。個人的には浦安SC全試合に帯同してしっかりとサポートする。

ー>△ JFL飛び級はなかったもののダントツの成績(リーグ17勝1分)で昇格をしました

ゴルフ:ハンディー15まで縮める(今は27)。絶対に。

ー>× ハンディーは一つ増えてしまいました。

ギター:ほんとに小規模なプライベート演奏会を行う。お金は私が払います。

ー>× 残念ながら毎年年末恒例のコンサートもなかった。(ただし今年1月末に涙活にて映画音楽などを人前で演奏します)

読書:115冊読破

ー>○ ちょうど115冊

カフェ巡り:主にBook Cafeを6軒以上。

ー>○

仕事を理由にはしたくありませんが、営業の責任者をやっているとどうしても昼夜問わず仕事に関わる時間が多くなってしまいます。KPIには仕事の目標を一切入れていません(もちろん会社では厳密なKPIが管理されていました)のでプライベートな時間が制約されたことは否めません。

ストレスから頸椎症になったと推察され(医師がストレスと断言したわけではないので)、それにより7月8月が機能しなかったのが大きな原因でしょう。右腕があまりの激痛としびれで使えなかったのです。幸い9月末には完治した模様です。

その間読書量が増え、結果として一昨年より5冊多い目標をクリアすることは出来ました。

しかしブランクの結果、ゴルフ再開後はひどい成績でして...。

今の私に必要なのではもっとじっくりと考えてくクリエイティブな事を起こすことではないか、と考えるに至り、10月末をもって営業の事業部長から「ビジネスイノベーション推進室長」に転身をしました。

4年と1四半期、営業の事業部長をしてきたのですが、ビジネスの基本は営業である、とつくずく感じたのでした。前向きにビジネスを推進することと、トラブルや苦情で目の前が真っ暗になることの繰り返しでした。しかしおおきく2つ学びました。ひとつはくじけずに継続すればなんとかなる、むしろ好転する、ということ。

そしてチームワークは全ての苦楽を分かち合える素晴らしいものであること。30人いれば苦しみは30分の1になるし、喜びは30倍になるのです。こんな素晴らしい仲間達に囲まれて仕事をしたり遊んだり出来た自分はなんて幸せだったのでしょう。本当に感謝です。

健康面では2月に京都マラソンでやっと5時間を切ることが出来たものの、先に書いた頸椎症ですべてが台無しに。体重も3キロ増加。

「将来カフェを開業する」といろんな人に宣言をしてしまうぐらいコーヒーには魅せられました。好きな絵を飾り、素敵な本を置いて、心地よい音楽を時間帯で変化させ、そんなカフェが運営できたらいいな、と思えました。今年はプランしてみようかな。

2014年のKPI(仕事以外です)

もうサッカーのことは仕事に近いのでこれからは書きません。浦安SCで宣言をしたのでそちらを参考に。

地域活動:サッカークラブを主体として取り組みます。新たな取り組みを1つ起こす。

ゴルフ:ハンディはもうどうでも良くて、目標は30回以上プレイすること。

ギター:エチュードからやり直し。成長はなくても人前で演奏すること。3回以上。

読書:120冊!

早起き:春からになりますが朝の散歩

さて那須に行かなかった理由ですが、実は犬を飼います。1月4日に引き取りに行きます。そのための準備がいろいろあって行けなかった。11月生まれの3ヶ月目に入ったボーダーコリーの子犬です。

リンちゃんがあの世に旅立って約1年。いまだに思い出すと涙が出るのですが、ずっとひきずっているわけにも行きません。幸い以前お世話になった玉野さんをFacebookで見つけ出し(Facebookって本当に偉大!)、リンちゃんのおじいさんの血を引くワンちゃんを推薦していただきました。

何匹かのワンちゃんから選ぶのは辛かったのですが、私の顔を一番なめてくれたワンちゃんに決定。名前は明日決めます!というわけで子犬のうちは散歩できないので春から散歩。本当に楽しみです。

|

« 北京で北京ダッグ「大董烤鴨店」 | トップページ | 2013年の読書 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京で北京ダッグ「大董烤鴨店」 | トップページ | 2013年の読書 »