« 2013年4月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月

2013年11月21日 (木)

北京で北京ダッグ「大董烤鴨店」

皆さん北京ってどんなイメージがありますか?私は冬は寒い、PM2.5でひどい有様、を想定していました。

China01

ところがどっこい、空気は澄んでいて晴天。誰もマスクをしていません。上空に風があるとこんな天気になるのだとか。ラッキーですね、と言われましたが、毎日ひどい状態ではなさそうです。
ランチも抜いて日中の仕事を完了させ、念願の「北京で北京ダック」を目指します。

China02

モダンで北京ダックの新しいトレンド、「大董烤鴨店」。
まずお店に入ると1階の受付の奥でたくさんのダックが焼かれています。これが壮観なんです。帰りに写真を撮ろうと思っていたら、帰りには食べ尽くしたらしくもう吊るされていなかった。写真は先に撮りましょう!

China03

店の中はとにかくモダン。歴史についてはわかりませんが、お客様は外人とお金持ちそうな中国人。庶民のお店ではなさそうです。
メニューがデカイ!

China04

一人ではとても持ち上がらない感じです。写真もみな奇麗で、全部食べたくなるくらい。(除くナマコ;この店のもうひとつの売りらしい)
さて頼んだ料理が勢揃い。ちなみに同僚と二人分です...

China05_2

China08_3

China07_2

さすがに二人では多かったですが、味はよかった。ちなみに2つめは筍です。

さて北京ダッック。

China13

China14

China15

北京ダックが運ばれて来ます。担当者のお兄さんがついてテキパキとさばいていきます。これがなかなかの早業。

China16

これをテーブルにサーブして...キュウリやネギを巻いていただきます。

China17

このダックのパリパリした皮の部分だけ砂糖にちょっとつけて食べるのも北京風らしいのでやってみましたが、ジューシーさが口中に広がるんです。

China18

最後にデザートのサービスで日本ではほとんど生でたべない「なつめ」をいただきました。さっぱりでした。

北京で北京ダックの夢をかなえられた!

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2014年1月 »