« 京都マラソン | トップページ | 京都の酒にこだわる貴与次郎 »

2013年4月10日 (水)

シュトゥットガルト放送交響楽団

Music201301_2

とある音楽関係者の方からご招待いただき、シュトゥットガルト放送交響楽団のコンサートに行く機会を得た。

シュトゥットガルトはサッカー日本代表DF酒井高徳とFW岡崎慎司がいるので聞いた事はある地名。まさかこんなにレベルの高いオーケストラがあるとは。ドイツのクラシック音楽の深さを見た。

サントリーホールでの2日連続のコンサート初日は指揮者のステファヌ・ドゥネーヴ出身のフランスのプログラムが中心。なかでもラヴェルのピアノ協奏曲は圧巻だった。

ピアニストのエリック・ル・サージュ(やはりフランス人)が登場した時には背が高くスリムなパンツ姿にビル・エヴァンスを思い起こさせた。

ピアノ協奏曲の第1楽章が始まったとたんに、キラキラとした色彩がサントリーホールに飛び出した。それは天井に飛び上がり、客席に降り注ぎ、そしてまた跳ね上がった。

ピアノは柔らかいのに弾けるような軽やかなタッチ。アンコールのモーツアルトがふんわりとしかしワクワクとさせる華麗なものだった。

ラヴェルのマ・メール・ロワもドビュッシーの海も華麗。どいつの固い音楽を想像していたのに見事に裏切られたフランスの風。

アンコールはアルルの女。あくまでもフランス!

2階席の前から4番目の席だったが、音響はこのあたりが最高ではないかと感じた。程よい残響が心地よかった。

|

« 京都マラソン | トップページ | 京都の酒にこだわる貴与次郎 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都マラソン | トップページ | 京都の酒にこだわる貴与次郎 »