« 2013年3月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年4月

2013年4月18日 (木)

京都の酒にこだわる貴与次郎

Kyoto201310

京都は2012年12月26日の市議会で「乾杯は日本酒で行う」との条例を全会一致で可決したの、ご存知でしょうか?「京都市清酒の普及の促進に関する条例」で市長もブログに書かれています。そこで我々も京都で乾杯すべく行ってきました。選んだ店は京都の日本酒しか扱わない、という強者である「貴与次郎」です。

カウンターが4、5席。テーブルは3つの目の行き届くサイズ。シンプルで落ち着く内装です。

さて乾杯はどうしようか、と選んだのが桃の雫の大吟醸。

Kyoto201311

竹筒に入れられてお酒でちゃんと乾杯をしました(証拠写真)。

料理は文句なしです。

Kyoto201312

全国から直送された素材が活きています。ホタルイカは甘く柔らかい。

Kyoto201313

鯛はねっとりと甘く、鰹は初鰹!。ウニは、すみません痛風なのでMさんに差し上げました。

お酒は濁り生酒の「月の桂」。

Kyoto201315

ビール好きのMさんもこの日は「日本酒しか飲まない」と宣言をしてお互い顔を火照らせながらグイグイと酒が進みます。そういえば月の桂は私の大学時代の友人のお母様の実家だったので、彼の結婚式では盛大に振る舞われたのを思い出しました。

Kyoto201314

私が肉が食べられないということで鮭の幽庵焼きに山芋とイクラがけになりました。イクラも大半が食べられなくて残念ですが、これ親子盛りですよね。

Kyoto201316

旬の筍は柔らかく、味もしみて美味。

Kyoto201317

蛤のみそ汁にピカピカと光るご飯。

Kyoto201318

最期は月桂冠の純米酒を熱燗で。ちなみに月桂冠、東京では良い銘柄に巡り会いませんが、実は資金をつぎ込んで旨い酒も造っているんですよ。

銘柄は忘れましたがもうひと種類のお酒も飲んで二人で4合いただきました。

大将も女将さんもとてもサービスがよく、予約した私の名前でずっと呼んでいただけました。そういう気配りがとても良い印象に残るんですよね。

料理も京都のお酒も堪能した夜でした。

| | コメント (0)

2013年4月10日 (水)

シュトゥットガルト放送交響楽団

Music201301_2

とある音楽関係者の方からご招待いただき、シュトゥットガルト放送交響楽団のコンサートに行く機会を得た。

シュトゥットガルトはサッカー日本代表DF酒井高徳とFW岡崎慎司がいるので聞いた事はある地名。まさかこんなにレベルの高いオーケストラがあるとは。ドイツのクラシック音楽の深さを見た。

サントリーホールでの2日連続のコンサート初日は指揮者のステファヌ・ドゥネーヴ出身のフランスのプログラムが中心。なかでもラヴェルのピアノ協奏曲は圧巻だった。

ピアニストのエリック・ル・サージュ(やはりフランス人)が登場した時には背が高くスリムなパンツ姿にビル・エヴァンスを思い起こさせた。

ピアノ協奏曲の第1楽章が始まったとたんに、キラキラとした色彩がサントリーホールに飛び出した。それは天井に飛び上がり、客席に降り注ぎ、そしてまた跳ね上がった。

ピアノは柔らかいのに弾けるような軽やかなタッチ。アンコールのモーツアルトがふんわりとしかしワクワクとさせる華麗なものだった。

ラヴェルのマ・メール・ロワもドビュッシーの海も華麗。どいつの固い音楽を想像していたのに見事に裏切られたフランスの風。

アンコールはアルルの女。あくまでもフランス!

2階席の前から4番目の席だったが、音響はこのあたりが最高ではないかと感じた。程よい残響が心地よかった。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年11月 »