« 岡本拓也 渡欧記念 ギターリサイタル | トップページ | 京都:茶房「白い花」 »

2011年4月23日 (土)

京都:スマート珈琲店

ホテルで目覚めたのは午前7時。ホテルの朝食も悪くないけどせっかくだから京都の老舗珈琲店に行こうとネット検索したら1ブロック先にありました。

スマート珈琲店です。

昭和7年創業。スマートとは「気の利いた」というネーミングだそうです。

Kyoto216

8時開店。ホテルを8時10分に出て歩く事およそ5分。「これは絶対最初の客だ」と思ったのは無理もありません。大通りに面した他のカフェはガラガラだったのです。
アーケードの一角にある小さな入り口。町家のサイズなんでしょうか。奥は深いのです。
しかし、ほぼ満席でした。一番奥の小さなテーブルになんとか案内されました。

お客さんは観光客が多いのか?2、3名のグループの方が中心で、マエダコーヒーのように新聞を読んで朝を過ごす男性客、というのは結局私一人でした(笑)。

あらかじめHPで見て来たので、注文する朝食は決めてありました。それはタマゴサンドです。
柏井ひさしさんの「ふらり京都の春」でコロナの卵サンドが紹介されているのですが、それが記憶にあり思わず注文です。

Kyoto217

これが京都風タマゴサンド、なんでしょうか?東京でいう所のタマゴサンドとは似て非なるものです。卵だからもちろん成分(?)は同じでしょう。でも京都のタマゴサンドは「卵焼き」なんです。柏井さんの紹介する卵サンドはパンから卵焼きがはみ出しています。こちらのタマゴサンドも「ドッカン」と卵焼きが挟まっています。

そして東京で思う卵焼きと味付けは違います。私のイメージはちょっと甘辛ですか。京都の卵焼きは出汁巻き卵文化ですかね。この卵全然甘くないし、かといってオムレツみたいにケチャップがあるわけでもなくきわめてシンプル。

お店でサービスをする女性3名のすぐ近くに座ったのですが、きびきびと動いています。そのため私は全く落ち着かなかったです。

Kyoto218

|

« 岡本拓也 渡欧記念 ギターリサイタル | トップページ | 京都:茶房「白い花」 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡本拓也 渡欧記念 ギターリサイタル | トップページ | 京都:茶房「白い花」 »