« まくはり新春マラソン10キロで記録 | トップページ | 浦安シティーマラソン「ハーフ」自己新 »

2011年1月10日 (月)

高校サッカー決勝

Soccer001

日本の高校生の頂点となるこのサッカーはこんなものなのか?
と正直そんな感想を持ってしまった。
いや、ドラマとしてとらえるとまれに見る面白さだった。4−1と3点差をつけられてしまった久御山は、後半終了間際に2点を加え、1点差に。会場はロスタイムで1点を加えることを期待し、久御山がボールを持つとわき上がった。
その前がかりな攻撃のために手薄になった守りの隙をつかれて失点。ここで力つきた。

昨日の午後3時過ぎのことだった。自宅からゴルフコーチのダニーを迎えに車で通りに出たところ、前を走っている小型バスに引き付けられた。
なんだろう、とバスのボディーを見ると「滝川第二高校」と書かれている。少し考えて合点がいった。私の家のすぐ近くに東海大浦安高校があるのだけど、昨年に立派な人工芝のグランドと衣替えをしたばかり。
おそらくトレーニングに浦安に来たのだろう。サッカー決勝はもう始まっている。

今日はドイツでコーチ兼選手兼スカウトで活躍している浦安JSCのOBの中山氏と一緒に観戦することが出来た。その中山氏の「ブンデスリーガー」の目線で試合を見ていたのだ。

開始3分で中山氏は久御山の戦術を高く評価した。シンプルに徹底されていること。
それは「ボールを奪って攻めに出たら広がってフィールドを広く使うことでパスコースを広げてつなぐ。ボールを奪われたらコンパクトになって相手のパスコースを狭める。」
そのため久御山のサッカーは細かいパスが面白いようにつながりゴールに迫ってシュートを放った。
立ち上がり10分は滝二は防戦一方。このままなら久御山の勝利かと思われた。

そういえば同じ事を昨夜聞いている。寒空の午後7時。浦安の少年サッカー場で浦安JSCの小学4年生が市川市を代表する強豪チームのフッチを迎えて練習試合を行った。上條コーチは4年生の子供達に作戦版を使って言った。「いいか、今日は2つの事だけやろう。ボールをとったら広がる。そうすればスペースが出来てパスが出せる。ボールを取られて守りに入ったら小さくなる。そうすれば相手が中央にボールをパスするスペースがなくなる。それだけ考えてやろう。」

さて久御山対滝川2高の試合。ボールを確実に回してゴールに迫る久御山だったが得点にはなかなか結びつかない。そして最初にゴールを割ったのは滝川二高だった。その後は一方的な展開に。後半早々に0−3で滝二がリードしたのだ。

その違いは一言で言えば「組織対個人力」で個の力が強い滝二が半ば強引に得点を奪って行く。攻めではあれほどの組織力を発揮する久御山は守りではその組織力が発揮できない。危険な選手をフリーにしてしまう。中山氏に言わせると「攻められた時にセンターバックがポジション確認を早めに徹底できないこと」だそうだ。

高校サッカーチームの事は全く知らないけど、想像すると久御山はこうだったのではないか。

府立高校(公立)のサッカー部が決勝まで来るのは高校野球もそうだが並大抵の事ではない。監督は集まった選手の力量を見て組織力がポイントだと確信したのだろう。特に目立った力のある選手はいないがバランスの取れた素直な選手達。戦略を組み立て、ルールを徹底してこれを覚え込ませる。そうやってこのチームは決勝まで勝ち上がって来た。とてもビューティフルだった。

3つの攻め口を持っていた。パスでつないでボールを前線に押し流す。次にボールをサイドの大きくフィードしてそこからセンタリング。そしてセンターの選手がボールを持ち込みながら、フォワードの選手がオフサイドぎりぎりで待ちながらGKとの隙間にボールが「ポン」と出てくるような裏を抜ける攻撃。事実それによってペナルティーエリアにボールが何度も持ち込まれた。しかし決定力がない。相手に囲まれてのシュートが決まらない。隙が出来た際にボールが来ても態勢が悪いと枠に飛ばない。すべては体幹の鍛え方が足りないからではないだろうか。そして決勝ともなれば組織力だけでは簡単に勝たせてもらえない。

滝二はどうだろうか。個人の力が強いので組織力に頼る必要がなかったのではないか。サイドの選手はボールを持つとどんどん中央突破を試みる。しかし中央にはセンターバックが控えている。簡単にサイドにボールを流せば突破できるのに、あえて中央を狙う。たまたま相手のシステムがほころんでしまったので得点が出来ているが、これが力のある組織のチームならこうはいかないだろう。

個人的には久御山のサッカーが好きだ。多くの高校部活サッカーが体力と突破力とロングボールで作られたものが多い中、組織を作り個人の実力以上の力を出せるサッカー。日本代表が目指すべき縮図がここにあったような気がするのだ。

|

« まくはり新春マラソン10キロで記録 | トップページ | 浦安シティーマラソン「ハーフ」自己新 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まくはり新春マラソン10キロで記録 | トップページ | 浦安シティーマラソン「ハーフ」自己新 »