« これまでで一番旨かったLaksa | トップページ | シンガポールでインディアン「タンドール」 »

2010年7月10日 (土)

シンガポールは日本ブーム?

先の大型ショッピングモール「IOS」の地下フードコートですが、ご飯系のお店はテーブルがある場所にあるのですが、ちょっとしたおつまみ、スイーツなどは入り口の外側にあります。

少し歩いてみて気がついたのは、なんとも日本の文字が多いこと。

Singapore077

ほら、日本みたいでしょ。銀だこに並んでいる人たち。奥にも日本の文字でのぼりがみえます。
他にもお好み焼き、たこ焼き、焼き鳥、カップケーキ、せんべい等々、このあたりは50%以上が日本のものです。

Singapore078

「ゴーゴーカレー」はチェーン店ですか。始終日本語のビデオが流れています。

Singapore079

ラーメン屋さんは従業員もほとんどが日本人みたい。

しかし気がついたこと。フードコートの中には日本料理は一軒もなく、こちらの番外編みたいなところに集中。
まだシンガポーリアンの懐には入り切れていない、ということでしょうかね?

|

« これまでで一番旨かったLaksa | トップページ | シンガポールでインディアン「タンドール」 »

シンガポール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これまでで一番旨かったLaksa | トップページ | シンガポールでインディアン「タンドール」 »