« Clos du Val | トップページ | Petalumaの「Thai Issan」 »

2010年5月 7日 (金)

Hess Collection

Hessは以前から行ってみたかったワイナリーです。リーズナブルで濃厚なカベルネも魅力ですが、ここには現代美術のコレクションがあるのです。

Napa022

Hessはナパの大きな通りから外れて山の中にありました。まずこの入り口で受け付け&誘導のきちんとしたスーツを着た男性二人に出迎えられます。そして「以前に来たことはありますか?」、ノー、と返事をすると「ようこそHessへ。注意点が2つあります。美術品には手を触れないこと、そしてコレクションでは写真を撮らないこと。ではどうぞ。」とテイスティングルームに通されました。念のため「テイスティングルームでは写真は撮ってよいのでしょうか?」と聞いたところ「Yes you can」だそうです。

Napa023

落ち着くテイスティングルームですね。$10で12種類のワインから4種類をテイスティング出来ます。私はビオニエ->シャルドネ->ジンファンデル->カベルネソービニオン の順番としました。

Napa024_2

ナパの天気は「カリフォルニアの青い空」で気温は30度ほどながら、乾燥していて心地好いです。ビオニエはだからピックニック気分で飲めます。
シャルドネ2007年はトーストの香りがありリッチ。しかし少し苦みが残ります。

Napa025

Mount Veederのカベルネ2006年です。甘い立ち上がりの香り。そこで濃厚な甘みを期待して口に含みます。最初重厚なカベルネ特有の舌触りがありますが、次に強烈なタンニンが立ち上がってきます。あと10年以上寝かせたい。きっと優雅なマダムになるのではないでしょうか。

さて2、3階が美術コレクションです。ほとんど近代、現代美術。残念ながら写真撮影が出来ないのでお見せすることが出来ません。ワインでほろ酔い気分になり、これらの芸術の深い意味をあれこれ考えながら静かに見て回るのが優雅で良いですね。

1階に降りたところで先のお兄さんに呼び止められ「このドアの向こうがセラーです。良かったら入って見てください。そうそう、写真撮影は大丈夫ですから」と丁寧なお誘い。

Napa026

庭も芸術品が展示されていますが、この木陰でくつろぐのもお勧め...

Napa027

座ってみたらなにやら変な音が...。なんとミツバチがたくさん花から蜜を吸っています。たぶん危険ではないでしょうが、落ち着かないのでした。

さて、どなたか知っていたら教えてください。

Napa028

この石垣の門ですが、反対を向いています。これはワイナリーの内側から撮影しました。そしてその内側には「SEQUOIA VINEYARD」と掘られています。Sequoia Vinaydarというワイナリーが別にあるようですが、この石垣はそのワイナリーのものなのか、あるいはこのHessの地域の葡萄畑を意味しているのか。ワイナリーを後にしてから気がついたので質問出来ませんでした。

|

« Clos du Val | トップページ | Petalumaの「Thai Issan」 »

ナパ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Clos du Val | トップページ | Petalumaの「Thai Issan」 »