« 那須はふきのとうが満開 | トップページ | 京都の桜はまだ咲いていますか? »

2010年4月12日 (月)

薪ストーブの取材

先々週のこと、金曜日の夜、仕事が終わってからリンちゃんを連れて那須に向かいました。

Linn006

土曜日は少し暖かくなって来ていたのですが、それでも山。リンちゃんのコートが羨ましく感じるのでした。

実はこの前の木曜日に建築家の松原さんからメールがあり、薪ストーブの取材の推薦をしていただいたようです。これを意識して那須に行ったわけではないのですが、土曜日に雑誌の編集長さんからメールがあり、GWあたりに取材に行きたいとのこと。
私はGWに那須には来られないかも知れない、などなどメールのやりとりをしていると「明日がいいですね!」ということになってしまいました。

元々翌日曜日は弟とゴルフの予定。これを午前中のハーフで切り上げると取材に間に合いそうです。(ゴルフの話は後で)

ゴルフが終わり、お風呂に入ってくつろいでいると予定より1時間も早く人が訪ねてこられました。白河の薪ストーブを扱っているアルパインの社長さんでした。そして早速汚れているストーブを30分でピカピカに磨き上げていただいたのです。どうも雑誌社から連絡があったみたいです。
そして午後2時に編集長さんとカメラマンさんが来られました。

Nasu211

早速セッティング...。プロのカメラマンが時間をかけて場所、明かり、ストーブの火加減などえを決めていきます。

実はこの前に、外で薪を割っている写真撮影、薪置き場の撮影などですでに1時間以上を外で過ごしていました。薪ストーブは磨き上げられた状態でまだ火がついていません。ちょっと家は寒くなってしまいました。

薪割りなどは私がカメラを持って出なかったので撮影出来ませんでしたが、薪を割る写真はタイミングが重要らしくひたすら何度も何度も撮影しました。結構疲れた...最後に編集長さんが割り方の極意を教えてくれました。腰を使って斧の重みを最大限に引き出す...あれ?ゴルフと同じだ!

Nasu212

やっとストーブに点火して撮影開始。火がゆらゆらと移り変わるので撮影は大変です。何枚も何枚も写真を撮り、そのたびに確認して、再度光りの具合を調整して...。1時間はかかったでしょうか。

その間、私がギターを弾いている姿を一緒に撮影し、更に目の前でリンちゃんがストーブの暖かさでうずくまっている状態で...これは大変でした。ギターはいいのですが、リンちゃんはじっとしていません。この写真は欲しいです。が、自分のカメラでは撮影出来ませんでした。

私もまねごとをしてみました。

Nasu213

炎を強調するとストーブが暗くなります。しかしストーブを見えるようにすると炎が白くなってしまいます。これは調整が難しい。

さて、雑誌は5月末に発行されるそうです。「薪ストーブライフ
記事の文章は私が書かせてもらえるとのこと。さてどんな記事が出来上がるのか、楽しみです。

<ゴルフは...>

Golf040

カメラを忘れたので携帯撮影。雪の残るスキー場が見える那須の山をめがけてショットするのはなかなか出来ない体験でした。ちふり湖CCです。3月の下旬はこんな景色で楽しめますね。

|

« 那須はふきのとうが満開 | トップページ | 京都の桜はまだ咲いていますか? »

那須」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 那須はふきのとうが満開 | トップページ | 京都の桜はまだ咲いていますか? »