« しだれ桜は満開の京都御所 | トップページ | 京都の「本家 玉壽軒」の生菓子 »

2010年3月29日 (月)

10種類の桜が楽しめる平野神社

Kyoto141

次に訪れたのが平野神社。平城京の時代からの歴史がある神社です。平安遷都で京都に移ってきたということで、京都の歴史をずっと見守り続けた神社なのですね。

平野神社の特徴は10種類の桜が鑑賞できる、ということです。

Kyoto142

しかしよく読むと(クリックで拡大)、珍種十品種と書いてあり、これ以外に「珍種でない」桜もあるわけですね。つまり10種類以上の桜が楽しめる、というのが正しい表現かもしれません。

Kyoto143

日が降り注ぐ早春の朝、うららかな気持ちで桜の木の下に佇むと、日々積もった都会のストレスやら、急ぎがちの気持ちがすっきりと霧散して爽やかな気分に浸れます。

Kyoto144

可能なら桜の木の根本に寝転がり、薄目を開けて青い空と一緒に桜の花を愛でたい。鶯が心地好い眠りに誘ってくれるでしょう。

Kyoto145

お酒を飲む花見もいいのですが、どうしても花を忘れがちになります。ここはお茶と和菓子を頂きながら、じっくりと花を眺めたり、雲の行く末を想像したり、万葉の時代にタイムスリップしてみるのも良い花見だと思います。

|

« しだれ桜は満開の京都御所 | トップページ | 京都の「本家 玉壽軒」の生菓子 »

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しだれ桜は満開の京都御所 | トップページ | 京都の「本家 玉壽軒」の生菓子 »