« ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」その3 | トップページ | ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」ゴール »

2010年3月 3日 (水)

ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」その4

あとやることはシンプルだ。ひたすらゴールに向かって走るだけ。幸いもう折り返しはない。
ゴールに向かって一直線だ。

東銀座を過ぎると築地に出る。このあたりが35キロ地点。ラップは35分39秒。グロス(37分02秒)。たぶんグロスが合っている。35キロ地点、と「35キロ救護」の看板を見間違えて時計を押してしまったらしい。ペース的には若干遅いが、先の30キロラップと比べると銀座を通過した分、沿道の応援の後押しで少しペースがあがったのかもしれない。しかし、足の痛みはもう限界に近い。あとたった7キロではないか?

最後のパワージェルを給水で流し込む。7キロなんて全然たいしたことはない。普段の練習ならあっという間だ。もうゴールは近い。と励ましたところでなんの役にも立たなかった。足が自分のものでないという感覚。体の前傾をかろうじて保ちながら、重心に引きずられるように足を出していく。左足だけだった道路を引きずる「ズルズル」という音も両方から聞こえるようになった。

そしてやってきた佃大橋。沿道から人が消えランナーだけになる。登りは長い。「歩き組」のペースで進んでいる人たちはほぼ全員が歩き始めた。しかしここで歩いては負けだ。どんな事があっても、たとえ亀のようでも走るんだ、と自分に言い聞かせる。その歩いている人たちをかき分け、サイドステップをして橋を登り始める。途中でコースの右側がほとんどランナーがいない事に気がついて右に移動する。思ったほどきつくない。気がついたら橋を登り切っていた。これはまだ走れるという証明ではないか。

あとはひたすら下りが残る。沿道に応援の人が戻ってくる。見ているとバックステップで橋を下っていくランナーもいた。理由は分からない。膝が痛くて下れないのかもしれない。あるいは筋肉のバランスを取るために敢えて逆向きに走っているのか。

佃大橋を渡って安心しているとまた、橋が続くのだ。佃大橋は長いので割と緩やかな登りだったが、残りの橋は小さく、登りがきつい。ほんの50メートルほどの登りがとても重苦しく感じる。小刻みに足を動かしてなんとか登り切る。やはり下りは膝に来る。あまり重心が前に偏らないように気をつけて降りる。

いつの間にか豊洲に来ていた。37キロ地点を越える時に「あと5キロだ。頑張れ!」とおじさんが大声で応援してくれていた。そうだ、あと5キロ。普通に走れば30分で着く。もうゴールは間近だ。と思うことにする。少し気が楽になる。

すると「谷口さ~ん」と声がかかる。ふと振り返ると銀座で応援してくれた同僚達。思わず足を止めて歩み寄り「ありがとう」。

Run015

彼らが言うには30キロからラップが出ていないのだそうだ。東京マラソンは携帯電話でアクセスするとゼッケン番号で5キロ毎のラップと通過時間が分かる仕組み。彼らは私が「途中でリタイアしてタクシーで帰宅して、テレビ観戦しならがお茶でも飲んでいると思った」らしい。「もうあきらめてここから移動しようと話していたところで見つけた」のだそうだ。ありがたい。

とにかくこれ、と渡されたエアーサロンパス。ロングパンツの上からあちこちに吹き付けた。そして渡されたポカリスウェットとアーモンドチョコレート。本当にありがたい。

Run016

写真はちょっと疲れてはいるけど、おかげで少し元気が出た、という感じ?

走り出すとまた橋。アーモンドチョコレートのアーモンドが口に残っていて、それを「カリッ」とかじるとほろ苦い味がした。これがちょっとしたカンフル剤となって坂を一気に登り切った。

(続く)


|

« ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」その3 | トップページ | ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」ゴール »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」その3 | トップページ | ほろ苦デビュー「東京マラソン2010」ゴール »