« 「ちふり湖CC」で年内那須最後のゴルフ | トップページ | 男の焼き芋 »

2009年12月12日 (土)

Laetitia と Ambullneoのアロヨ・グランデワインを那須で

那須での夜はワインを所望されました。今回来ているMさんと以前行ったサンタバーバラ。ロサンジェルスの出張の際にワイナリー巡りに行ったのですが、時間があれば行きたかったアロヨ・グランデ。サンタバーバラから来たに行った101沿いにあります。

まずはLaetitia(ラティーシャ)。

Wine026_2

2004年のピノです。開けたとたんにフルーツの香りが飛びました。ブルゴーニュスタイルにこだわった作り手らしいです。しっかりとしたタンニンがあるのですが、もっと寝かせた方が良かったかもしれません。しかしパワフルでした。値段は確か60ドル。

次に開けたのが(実は翌日)Ambullneo(アンブルネオ)のシャルドネ。Solomon Hillsです。

Wine027

こいつはとてつもなく美味い。目隠しをしたら絶対ブルゴーニュの逸品だと言うでしょうね。香りはフルーツやバニラ。口に含むと貴婦人。しかも派手ではない。いやいやあまりの美味さに一同「すっご~い」と絶句。たしか100ドルのワインでした。

那須の八百屋で見つけたぶっとい舞茸を天麩羅にして食べたのですが、すごく合いました。

最後のシメはEtude。

Wine028_2

1997年のカベルネ・ソービニオン。結構、澱があったのです。当然デキャンタしました。少し、といっても30分ほど置いてから飲んだのですが、これがまだまだ堅い。1時間ほどかけて飲んだけど、まだあと10年置いておけそうなパワーでした。しっかりタンニン。

これもたしか70ドル~100ドルぐらいしたかもしれません。

料理は適当に鶏肉と野菜をダッチオーブンで...これがなんと美味しかったですよ。

Nasu196

 

|

« 「ちふり湖CC」で年内那須最後のゴルフ | トップページ | 男の焼き芋 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ちふり湖CC」で年内那須最後のゴルフ | トップページ | 男の焼き芋 »