« Flip Video(フリップ・ビデオ) | トップページ | 神尾真由子 ヴァイオリンリサイタル6月30日 »

2009年6月29日 (月)

富里スイカマラソン

Run004

いきなりスイカですが...これは10キロマラソンの9キロ地点の給水所です。

6月28日(日)に富里(成田市のお隣)で行われたスイカマラソンに参加しました。主に5kmと10kmのレースがあるのですが、なんと参加者は1万3千人以上のビッグな大会です。

というのも、写真のように給水所に冷たいスイカが出ているのです。そのスイカが食べ放題となれば参加者のモチベーションも上がります。

さて、参加者が多いということで、街の駐車場は一杯で大変だろう、と考えて会社のランニング仲間と一緒に東京駅付近に朝6:30に集合してバスで向かいました。このマラソン大会のためだけにバスが東京駅から10台以上も出ているのです。

そして富里に着いたらまずスイカ。

Run005

走っていたらゴール1キロ前の給水所でスイカ、終わったらテントでスイカ(後で動画見てください)。スイカ三昧な1日でした。

私は目標の60分を切って56分でゴール。なんたって晴れていないのは良かったとしても蒸し暑い。スタート前の中学校の校庭を2周したら汗だくです。最初の1キロで7分もかかってしまいました。これはまずい!と少しペースアップ。5キロ地点でようやく目標時間より下回り(28分)、後はこのまま走れば1時間切りです。

しかしあまりの蒸し暑さに辟易。この時点から残り距離を数えるようになりました。「まだ6キロかぁ、あと4キロもある」という具合に。これは悪い兆候です。

ところが沿道の応援がすばらしい。農作業を休んで皆さん旗を振っての応援です。中には自宅の水道からホースでコースの中に見ずを放水している家も何軒か。おかげで少し暑さも和らぎます。

残り1キロで血圧が下がり始め「これは血糖値が下がっている、頭も痛くなってきた、そろそろ限界が来るのか」と思っていたら...最初の写真のようにスイカがズラリ。これを2切れ食べたらたちまち元気になりました。

終わってみると「あっという間に終わっちゃった」と思うほど。この大会は楽しいです。そしてなにより素晴らしのは、大会運営がすごくスマートであること。1万3千人も参加しているのにトラブルはないし、あまり並ぶこともない。コースは快適だし。市民を上げての大会なのですね。いろんな経験が活きているようで素晴らしかった。

私は例のFlipを手に持ちながら走りました。途中、スイカの場面やゴールシーンなどを撮影したつもりなのですが、なんと映っていなかった。スイッチのオンとオフを間違えたみたい。汗かきながら持って走ったのに残念です。

仕方がないので、こちらをご覧ください。終わってからテントでスイカが振る舞われています。群がるランナー...でもこのおばさん達が切っている包丁に注目です。

そしてバスで東京駅まで帰り....

新丸ビルでメンバーで打ち上げ。場所は「随園別館」です。見ると奥のグループも同じマラソン大会に出た方々達。

ちなみにこのメンバーの方々には「You Tube」への投稿の了承を頂いています。

|

« Flip Video(フリップ・ビデオ) | トップページ | 神尾真由子 ヴァイオリンリサイタル6月30日 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Flip Video(フリップ・ビデオ) | トップページ | 神尾真由子 ヴァイオリンリサイタル6月30日 »