« 金目鯛の塩竃焼きとOverture | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団 »

2009年6月22日 (月)

Bar山鳥に夏のお客様が

Bar山鳥が1時間だけ開店していました。昼間の仕事の後、ワインを楽しみ、その余韻でバーを開けたのです。

Nasu178

雨上がりの夜は、濡れた木々の葉が熱を吸収してしまい、少しの風でも肌寒くなります。

飲んでいるのはワインと20年古酒の泡盛。自宅で10年寝かせたので30年ものです。というのも、小さな瓶で買ってきたので、寝かせた効果があります。甘く優しいお酒になっています。

そして合わせているのが豆腐よう。2月の名護マラソンの時に予約したものが今やっと届きました。金武酒造では泡盛だけでなく、豆腐ようも鍾乳洞で熟成させているのです。

Nasu179

良い感じに熟成されています。食感は生チョコ。味は熟成されたチーズ。

Nasu180

ふと窓際を振り返るとこの季節にしては珍客が来ていました。

Nasu181

ちょうど飲みながら「夏はカブトムシが飛び込んでくるよ。ぜひ次はお子さんを連れてきてください。」と話していたばかり。小さいけど立派なクワガタムシです。もう夏の手前まで来ているのですね。

そっとしておいたら翌朝にはいなくなっていました。

またおいで!

|

« 金目鯛の塩竃焼きとOverture | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団 »

那須」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金目鯛の塩竃焼きとOverture | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団 »