« LivermoreのワイナリーLa Rochelle | トップページ | Plumpjack Cafe »

2008年12月 3日 (水)

Wente Vinyard

おなじみの手法だが...ワイナリーを探すにはワイナリーに聞け、ということでLa Rochelleで「次はどこに行けば良いか教えて」と聞いた。すると意外な答えが。それは「今日は火曜日なのでほとんどお休み。」と言うのだ。確かに後ほど調べてみると週末のみ、もしくは金土日のみ、というところが多い。

ナパやソノマと違って観光地化されていないので週末しか需要がないのだろう。

すこしがっかりしていたら「でもWenteは絶対やっているから行ってみたら」と言われた。Wenteは名前をよく記憶している。というのも以前Poppy Ridgeでゴルフをした際に、取れなかったけど、実はWenteの予約にトライしていたのだ。つまりWenteはワイン畑の中のゴルフ場も持っている。だから「それなら行ってみたい」と早速向かった。

        Sanjose019

結構しっかりとした重厚なテイスティングルームだ。

Sanjose020

テイスティングは5ドルと10ドル。La Rochelleでまじめにテイスティングして飲んだので少し酔っている。そこで4名で10ドルのテイスティングをシェアすることにした。

その内訳はクラブメンバー限定販売のプレミアムなワインのテイスティングというもの。シャルドネから順番にテイスティングしていくが、面白かったのはこれ。

Sanjose021

Contraste。メキシコのBaja California産の葡萄とアメリカのカリフォルニア(Central Coast)の葡萄をブレンドしたワイン。Baja Californiaはダイビングスポットでも有名なメキシコの観光地なのだけど...。

詳しくは説明がないけれど、Casa de Piedra of Baja California というメキシコのワイナリーと提携してコラボレーションしたワインだそうだ。しっかりしたタンニンがあり、重めのカベルネだろうか..。

それから特徴として面白かったのはシリコンバレーが近いことから、ビジネス客が多いために、写真のような企業向けのボトル作成をしていること。

Sanjose022 Sanjose023 Sanjose024

中には「カリフォルニアポリス」といったものもあり、ワイン好き&パーティー好きのこの地域の良さが感じられる。ネットスケープは希少価値高いでしょうね。ちなみにこれらは販売をしていません。

個別にオーダーすることは可能で、デザイン料が150ドル。あとは色が1種類か2,3種類で値段が変わる。ちなみにメルローだと企業向けで1色41.96ドル、2、3色で46.96ドルとなる。ワイン自体は企業向けで20%オフとなるそうだ。3週間かかるけど試してみる価値は高い。

ところでいざ購入となると困ったことが。クラブメンバーのみのワインテイスティングをしたので、ワインが買えないのだ。しかもやはり美味しそうなものはクラブメンバー向け。

そこは困った顔をして「日本から来たのだけどクラブメンバーになってもワインを取りに来られないので意味がないのでなるつもりはない。でもこのワインは欲しいなぁ。」とつぶやいてみる。結果「特別よ」と言って売ってくれた。

ContrasteとSmall Lot Syrahを購入。

ところでこのテイスティングルームからゴルフ場はとても遠いみたいだ。どちらも楽しみたい方はHPからゴルフ場に隣接したテイスティングルームを探して行ってください。(失敗した;笑)

Wente Vinyard:http://wentevineyards.com/wine/

|

« LivermoreのワイナリーLa Rochelle | トップページ | Plumpjack Cafe »

ワイナリー」カテゴリの記事

シリコンバレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LivermoreのワイナリーLa Rochelle | トップページ | Plumpjack Cafe »