« 銀座でクリスタル | トップページ | ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」 »

2008年12月29日 (月)

那須でワインは

Nasu151

夕方出発し、夜に那須に着いたらやはり寒い。朝起きたら雪も降っていないのにテラスにはうっすらと雪が。那須連山から風に吹かれて飛ばされてきたのでしょう。

着いた夜は、この寒空でストーブをつけたばかりでまだ家は全然暖かくない。和室にコタツをして石油ストーブをつけてひと心地ついたら鍋に白ワイン。

Nasu152

Brewer Cliftonはサンタバーバラのワイナリー。なかなか手に入らないのですが、サンノゼ周辺のワインショップを回るとたまに見ることが出来ます。

このシャルドネは口に含むと酸味が柔らかく乾燥した大地の力強さを感じました。

Wine005

翌日は薪ストーブがしっかりと家を暖めてくれました。外は0度でも中は20度。赤ワインをじっくりと味わいながら飲みましょう。ワイン庫でごそごそと選んだのがWilliams Selyem のFlax Vinyard。タンニンが柔らかく、デキャンタをして1時間のすると特有の濃縮感と甘みとこの柔らかい渋みが喉を抜けていく感じがWilliams Selyem。

料理はダッチオーブンで大きなサーモンを、キノコとハーブで。

Nasu153

自宅にいると仕事や地域活動でほとんど休む暇がないのですが、那須に来ると何もしません。本を読んで音楽を聴いて、昼間からお風呂に入り、気が向くと料理をしてワインを飲む。夜はDVDを見て眠くなったら眠る。2泊3日ですがリフレッシュします。

たまにこうしないとうまくバランスが取れないんですよね...

|

« 銀座でクリスタル | トップページ | ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」 »

ワイン」カテゴリの記事

那須」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座でクリスタル | トップページ | ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」 »