« Club House | トップページ | マネーはこう掴む »

2008年5月24日 (土)

フィラデルフィア管弦楽団

サントリーホールで行われたフィラデルフィア管弦楽団のコンサートに行ってきました。

会場に来て「これはいつものコンサートとは様相が違うぞ」と感じたのです。何が違うって、客層です。私は1階の前のほうの列にいたのですが、周りはどうも大企業の経営者とおぼしき方々がご夫婦で鑑賞に来られています。テレビやビジネス誌で見知った顔もちらほら。

プログラムを購入して、その中を読んで納得。協賛はJPモルガンでした。つまりはJPモルガンの顧客である日本を代表する企業の社長さん達を「ご招待」されている、ということですね。なんたってアメリカを代表するオーケストラの来日です。アメリカを代表する金融機関が協賛するのは当たり前といえば当たり前。

Music2008501

まずは五嶋みどりのヴァイオリンによるチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトニ長調。彼女の渾身の演奏でした。初めて五嶋みどりの演奏を聴いたのですが、全身全霊で演奏をします。あの小さな体からは想像できないエネルギーが伝わってきます。まるで等身大の操り人形が舞台を飛び出したかのような演奏スタイル。

終わった瞬間に拍手の嵐。拍手はやまず、彼女は5回も舞台に挨拶に出てきました。

休憩のあとはプロコフィエフの交響曲大5番。ほかのオケとは違い、左側にチェロやコントラバスをおいた体制で、左側から重厚な低音で始まりました。前回はチェコフィルの、これぞボヘミアン、つまり悪い言い方をするとヨーロッパの田舎、といった演奏スタイルだったのですが、フィラデルフィアはモダン。奥に控える5名の打楽器奏者が楽器を持ち替えながら活躍する姿が印象的でした。エッシェンバッハもヨーロッパというよりモダンなアメリカンな動き。

演奏は始終興味を引きつけた素晴らしいものでした。終わった瞬間に、後ろの席の方が「素晴らしい」とつぶやいたのですが、皆同感でしょう。

それにしても拍手が五嶋みどりさんの演奏後から考えるとなんと貧弱だったことか。演奏のレベルから考えると残念ですが、裏を返すと彼女の人気の高さが伺えます。

Music2008502

写真はアンコール

|

« Club House | トップページ | マネーはこう掴む »

クラッシック音楽」カテゴリの記事

コメント

私もみどりさん、気になっています
知り合いも五嶋みどりさんのことを絶賛していました。

投稿: 千代大海 | 2008年6月 6日 (金) 01:14

ですよねぇ。
輝いていました。

投稿: ブーレ | 2008年6月12日 (木) 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Club House | トップページ | マネーはこう掴む »