« 手打ち蕎麦「照葉」 | トップページ | Paul Hobbsとまた山菜 »

2008年5月 2日 (金)

那須ちふり湖カントリークラブ

那須のサービスエリアから車で約10分。ちふり湖CCはとても便利なロケーションにあります。あるゴルフ専門のHPによるとこの様な説明があります。

「J・M・ポーレット氏設計によるアメリカンタイプのフラットなコースで、オール洋芝の18ホールである。」

平日の昼間の午後、ハーフプレイを受け付けてくれます。二人でまわってキャディーなしで5800円。安いです。友人のMさんとはカリフォルニアで何度かゴルフをしたことがあるのですが、ここはカリフォルニアか?と思わせるようなアメリカンなゴルフ場です。特に芝の感触が。それと山岳にあるにもかかわらずフラットな作りで、ともすると隣のホールにボールが飛んでいきます。実際10番ホールではグリーンの手前でアプローチをしていると、11番からしっかりと打ち込まれてきました(危ない危ない)。

Nasu108

天気も雨の予報がはずれて薄曇り。気分爽快。そしてスコアもよくまとまりました。私のベストスコアは小見川東急で90なのですが、17番ホールまではハーフで39。最後がパー5なのでパーでまわればハーフとはいえ、目標達成となります。(上の写真がその18番コースをグリーン側から見たもの)

第1打は少し右にスライスしたものの250ヤード付近まで飛び、2打目は9番ウッドでしっかりと打てて、グリーンまで20ヤードのフェアウェイに落ちました。ここで「悪くてもパー」と計算が成り立ちました。

上の写真でオレンジの向こう側に人がいますが、あのあたりからSWで30ヤードの距離(ピンまで40ヤード)を打てば完璧です。今日はアプローチはばっちりなので自信を持って打ちました。が、5センチ手前の地面を叩き、ダフッたボールはたったの5ヤードしか飛びません。あ~ぁ、でもまぁこれをピンそばに寄せれば大丈夫、と言い聞かせてそのままSWで打ちました。すると..ヘッドアップ??トップしてボールは遙か彼方に飛んでいきました。

グリーンの反対からのアプローチもまた反対までトップして....なんと3打目の同じ地点まで戻ってしまいました。仕方なく転がして6オン。なんとか2パットしたものの、3オーバー。

たしか90でまわったときも、最後の3ホールはダボでした。途中で80台の真ん中も夢ではない、と計算したとたんの出来事です。計算することの怖さを改めて感じたのでした...

また挑戦しよっと。

|

« 手打ち蕎麦「照葉」 | トップページ | Paul Hobbsとまた山菜 »

那須」カテゴリの記事

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手打ち蕎麦「照葉」 | トップページ | Paul Hobbsとまた山菜 »