« サンフランシスコ出張で思うこと | トップページ | A.Rafanelli »

2008年5月15日 (木)

Michel-Schlumberger

今回の出張は後述しますが、火曜日と水曜日。チェックインが月曜日なので、1日早く出て日曜日と月曜日にソノマ巡りをしました。

事前に日本でワインブックを見て、良さそうなワイナリーをピックアップしておきました。最初に出かけたのがMichel-Schlumbergerです。

Sonoma260

事前に予約が必要なのですが、テイスティングはテーブルで行われます。Sonoma261

元々Michelさんがワイナリーのオーナーだったのですが、後に買い取ったSchlumbergerさんがここのワインが好きだったため、Michelさんの名前を残してこの名前になったそうです。

ワインは5種類。

Sonoma263

Pino Blanc 07:アルザス地方の葡萄品種。飲みやすいのにこくがあって逸品。小売り$21

La Brume Chardonnay 05:La Brumeは「霧」だそうです。霧のかかるこのソノマの地で取れたシャルドネ、という意味だとか。ディジョンクーロン。オーク樽の香りが強め。$31

Syrah 05:スパイス、チョウジ、杉の香り。タンニン。旨み。$32

Cabernet Sauvignon 04:ボルドーブレンド(メルロー2%)。カシス。$38

Merlot 04:酸味があり。値段不明。

Sonoma262

風が心地好く、外は良く晴れています。湿度が低いので過ごしやすい。飛行機で着いたばかりで開放感があったのですね、素晴らしい、旨い、を連発していたら特別なワインを飲ませてくれました。

Reserve Cabernet Sauvignon 1999:これは旨い。テイスティングワインとは全然違います。葡萄の選別をかなりしているのでしょうか。値段を聞くこともなく「買います」と言ってしまいました。$100

すこし落ち着いてテイスティングするにはとても良い場所です。ツアーもやっていて、ツアー参加の人は屋外でテイスティング出来ます。屋外にはテーブルがあり、ピクニックもOKだと思います。
なんと蜂箱がありました。蜂蜜を集めているのですね。気がついたらあっという間に1時間が過ぎていました。

Sonoma264

Michel-Schlumberger: http://www.michelschlumberger.com/

|

« サンフランシスコ出張で思うこと | トップページ | A.Rafanelli »

ワイナリー」カテゴリの記事

ソノマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンフランシスコ出張で思うこと | トップページ | A.Rafanelli »