« 香港空港でのRFID | トップページ | フェルメール全点踏破の旅 »

2008年3月 4日 (火)

インターコンチネンタルホテルの絶景

仕事も終わり翌朝のフライトで帰国の前夜はホッとしてくつろげる時間です。食事をしてホテルに帰るまでの少しの時間をバーで過ごそうと、「景色が良い」と教えられたインターコンチネンタルホテルのラウンジに行ってみました。ちなみにホテルに聞いたところ、最上階には宿泊客専用のバーもあるそうです。

まずラウンジの受付まで来て絶句しました。香港島側の夜景が余すことなく堪能出来るのです。ゆったりとしたジャズのスタンダードナンバーが流れ、巨大な窓の外は海面に映る光とその先にある無数の星々のようなビルの窓。ゆったりと行き交う船。思わず仕事で来ていることは忘れています。

Hk042

この風景は香港だけのものです。日本にはあり得ないことが見ていてわかります。そんなことない、と思われるかもしれませんが、やっぱりあり得ない。
それはビルの密度にあったのです。香港はご存じのように地震がありません。そのため日本の建築基準とは違っているのでしょう。ビルは高くかつ接近しています。まさに密接。そして海面すれすれまでビルが建っている。
反対側の九龍から見ると、このビル群の出す窓の明かりや広告の密度がとても濃いことが分かります。言い方を変えると「きめ細かい光」が見て取れるのです。

NYにもブルックリンから見た摩天楼の夜景がありますが、あちらは土地に余裕があるのでこれほど接近していません。レインボーブリッジから見る東京も、私が勝手に「宝石箱」と呼んでいるほど夜景は美しいけど、このきめ細かさはありません。
まさに人工的な絶景と言うしかありません。

Hk043

バーボンのソーダ割りを啜りながら見入っていると、ゆったりと大型の船が近づいてきました。そう、あのオーロラの出航のようです。時間は深夜の11時。南に向かうのか、東に向かうのか、あるいは中東を経由してヨーロッパに向かうのか。優雅に波をかき分けて進むその姿は雄大であり、夢を運んでいってくれました。

|

« 香港空港でのRFID | トップページ | フェルメール全点踏破の旅 »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香港空港でのRFID | トップページ | フェルメール全点踏破の旅 »