« ロートレック:サントリー美術館 | トップページ | 香港:満福楼 »

2008年2月22日 (金)

村上ゆきのコンサート

「村上ゆき」のコンサートが渋谷「Duo Music Exchange」でありました。久しぶりです。

Tokyo017

今回のコンサートはアルバム「Friends」の発売記念ということで、アルバム曲中心に演奏されました。会場はほぼ満席。村上ゆきさんの心が伝わるハートフルなコンサートで会場は一つになったのです。

彼女の素晴らしさはピアノを体の一部のように使いこなす演奏力と柔らかく素直な歌声、そして彼女の中に生きる優しさや心遣いをストレートに伝える歌詞。寂しい時に元気づけるのではなく、一緒に心に同調して寂しさや悲しさを共有できる空間が素晴らしい。

この日はこれからテレビコマーシャルで流れる新曲の披露もありました。東武鉄道系のCMらしいのですが、作詞はなんと大貫妙子さん。自分をあの時に連れて帰ろう、ととてもホッとする内容です。

また彼女がオーロラを見に北欧に行った時のインスピレーションで書かれた「1ミリの奇跡」。本人曰く「頭の中にラフマニノフのような音楽が鳴り響いていた」ということでイントロが重厚なピアノ。内容も素晴らしかった。

私が一番印象的だったのは「Bye Bye Black Bird」。ご存じのスタンダードです。何が素晴らしいかってベースの鳥越啓介さん。歌は鳥のようにかわいく飛び回るのですが、ベースはそれと絡んで自由に動き回っています。それがなんとも絶妙な融合。更に超絶技巧!見入ってしまいました。

エンドに向けてドラムとベースとアコーディオン、そして彼女のピアノと歌声が決して広くはないライブ空間を、とても広々とした大空に変えてくれて、とても広がりのある渾然とした仮想空間にしてくれました。

彼女の聴衆を大事にする姿も心地好く、参加していて美しいものでした。

http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2007/12/friends_7782.html

http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2006/03/post_665d.html

http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2006/03/cd_e374.html

|

« ロートレック:サントリー美術館 | トップページ | 香港:満福楼 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

村上ゆき で プログ検索中です。
テレビCM BGMで 流れていて いい曲だなぁと思い。テロップで 唄 村上ゆき と出ていた記憶が 少しあいまいなまま(メモすればよかったみたいな あまり最近テレビ観ていない 私です) ウェーブで 調べ 今 動画で ライブ 1ミリのキセキを 初めて 聴きました。いい唄ですね。最高
砲丸投げをしていて ピアノの音大 スゴイ人生ですね。
音楽関係の仕事も 大変ですね。
音楽同好会(名前検討中 村上ゆきを語る会
健康な日に 独り 夜更かしした そんな時間に しみじみ 聴きたい曲です。

投稿: ザ・村石太 | 2012年10月30日 (火) 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロートレック:サントリー美術館 | トップページ | 香港:満福楼 »