« Overture 2003 | トップページ | 新年の那須は雪景色 »

2007年12月31日 (月)

年越し蕎麦打ち

大晦日に恒例の蕎麦打ちをしました。

蕎麦粉は北海道産100%です。2割の小麦粉(強力粉)を入れて8割蕎麦となりました。

Soba20071201

粉に水を重さで半分加えます。今回は600の粉に水を約300グラム。状態を確認しながら3回に分けて加水します。少し残して水分が足りなければ水を使い切ります。そしてそれをこねてこのようにまとめあげます。先っぽがとんがっているのは、中の空気を抜くために手で少し周りを押さえて空気を上に上げていくためです。うまくいけばここから空気が抜けます。

これを延ばして...

Soba20071202

均等になるように切っていきます。

Soba20071203

でも実際はそれほどきれいに切れないです。素人っぽいのも悪くはない。太かったり細かったり、いかにも手打ちって感じで(言い訳ですが)。でも太い包丁でリズミカルに切っていくのはかなりの重労働なのです。手が痛くなります。

Soba20071204

蕎麦は「3たて」です。挽きたて、打ちたて、茹でたて。本来は蕎麦の実を石臼で挽いて、それを打つのが良いのですが、年末の忙しい時期にはなかなか出来ません。今回は2たてですね。

打った蕎麦を早速60秒ほど多めの湯で茹でます。そして氷水でさっと洗ってしめます。

さて出来上がりはと..

Soba20071205

今回は2回打ったのですが、1回目がこれです。かなりうまく行きました。しこしことして歯ごたえもあり、喉ごしも良かった。

残念ながら2回目は同じ分量で同じ打ち方をしたのに失敗しました。理由は全く分かりません。打つのに時間がかかったのか、少し延ばしているときにひび割れが生じて、茹でてみたらぼそぼそと途切れてしまいました。食感も歯ごたえなし。

蕎麦を上手に打つには年季がいりますね、実際。

年越し蕎麦には純米酒のぬる燗です。今年は栃木の天鷹の純米酒で無農薬酒でした。ずっとコルトンのシャルドネを飲んでいて、蕎麦で日本酒に切り替えたら飲み過ぎてしまった...。実はこの年末年始でアルコールを当分控えようと考えています。仕事で飲む場合はたしなむ程度として、そうでないときには飲みません。

まずは2月3日のマラソン大会までの1ヶ月ですが...ハーフマラソンを走破するのが目標で、週に25キロの走りを課しています。アルコールを控えてがんばらないと。

|

« Overture 2003 | トップページ | 新年の那須は雪景色 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

わたしもお蕎麦、打ったことがありますが、けっこうからだごと使いますし、たしかに重労働ですよね。
でも、無心になれるし、たのしいですね♪

2月3日、がんばってくださいね!

投稿: Nina | 2008年1月23日 (水) 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Overture 2003 | トップページ | 新年の那須は雪景色 »