« 柴田翔「贈る言葉」 | トップページ | Bar Orangeでベリーニ »

2007年8月28日 (火)

夏の白ワイン会

以前から「夏になったら白ワイン会をやろう」とカリフォルニアワインの仲間と話していました。この会http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2007/05/post_b63c.html

やっとその時が来ました。白ワインを一人1本持ち込みです。昨夜は暑すぎず、かといって涼しいわけでもなく、白ワインを飲もう、という気持ちになるには最適な夜でした。

飲んだ順番ではなく、まずは自分の持ち込んだワインから。

     Tokyo004

ムルソー・ペリエール 生産者:アルベール・グリヴォ 2003

2005年の9月の事でした。パリに出張で日帰りブルゴーニュワイナリー巡りを敢行しました。その時にモンラッシェの小さなショップで購入したムルソーです。http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2005/09/post_367d.html

飲みたいけどワインのよく分かる人たちと、と思っていてこの日に飲むチャンスがやってきました。言ってみれば言い出しっぺの私がこれを飲みたくて企画してもらったようなもの。他の方...ごめんなさい。

ugeさん曰く「これはムルソーでもとても有名で品質もとても高い。本当は熟成させて10年ごろが飲み頃」だそうで、あと5年ぐらい寝かせても良かったのかも。そうは言っても美味いことに変わりはなく、もちろん十二分に満足をしたのです。

なんと言っても色が特徴的。いわゆる「黄金色」と括られるにはもったいなくて、たとえばモンラッシェが午後の太陽を受けた収穫前の小麦畑、だとしたらこちらはもう少し明るくてキラキラしている「午前9時の太陽に照らされた収穫2ヶ月前の麦畑」かな。黄金にレモンを垂らしたような生き生きとした重量感がたまりません。

味もミネラルたっぷりのフランスの大地をフルーツでブレンドしたシャルドネの王道でしょうか。

他にもすばらしいワインを飲ませていただきました。(銘柄はミヤパパの日記からいただきました。)

Varnier-Fanniere Brut Zero BdB NV

Tokyo005

Willamette Valley Vineyards Pinot Gris 2005

Tokyo006

Moraga Bel Air 2002 ソービニオンブラン

Tokyo007

Kongsgaad 2000 シャルドネ

Tokyo008

DuMOL 2002 ピノ

Tokyo009

今回はカウンターだったのでなかなか全員で同じ話題で会話することは出来なかったのですが、前回同様に盛り上がり楽しかった。次は那須でやりますか。

お店は三軒茶屋の「のみ山」さん。料理は和食で、特に蜂蜜酢でしめた秋刀魚が最高に旨かったです。

Tokyo010

|

« 柴田翔「贈る言葉」 | トップページ | Bar Orangeでベリーニ »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

ムルソー、ご馳走様でした.
次は那須にお邪魔させていただきますね.

投稿: takuya | 2007年8月30日 (木) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柴田翔「贈る言葉」 | トップページ | Bar Orangeでベリーニ »