« 大内宿「三沢屋」の蕎麦 | トップページ | ブリティッシュ・ヒルズでアフタヌーンティー »

2007年4月10日 (火)

那須でのワイン

料理をしながら手の空いている人は半露天風呂としてお風呂に入ります。Nasu061 ビールを飲んで料理を待つ間は外で集めた「ふきのとう」を天麩羅にしていただきます。独特の苦みがビールに合いますよね。庭にあるタラの芽はまだまだ出てきませんが、暖冬のせいかふきのとうは満開(?)。リンちゃんの散歩をしながら両手一杯に拾えます。

さぁ準備完了。ワインで乾杯しましょう。
シャルドネはHanzellです。昨年の初夏に訪れたソノマのワイナリー。Nasu062 ほんのりと苦みがあるリッチはシャルドネです。ホタテ貝も焼き上がり醤油と磯のいい香りがします。
そしてお待ちかねの鶏肉が焼き上がりました。網に載せたときよりも一回り小さくなっています。香ばしい香り。なかわジューシーに、皮はパリパリに焼けて美味しそう。食べられないのがなんとも悲しいですが、皆さんの「旨い」の一言で満足しましょう。
白ワインはあっという間に空に。

今日とっておきの赤ワインを開けましょう。1周年だしね。Dalla Valleの1994年です。3年前にスタンフォード・ショッピングセンターで手に入れました。いつも行くお手頃なワインショップではなく、ここのデリカのセラーにおいてあるワインは比較的高級。これもパロ・アルトの高級住宅地ゆえのことでしょうね。
Nasu063 Dalla Valleは現在のオーナーが日本人の女性です。ワイナリーのオーナーとご結婚されたのですがご主人が他界され現在は彼女がオーナーになり立派にワインを育てられています。ここの有名なワインは「Maya」というブランドです。こちらは入手困難でかつとても高いお値段。今日はMayaではなくカベルネを飲みました。それでもいいワインだし値段もそれなりにしました。ちょっとスパイシーな立ち上がりとスムースな舌触りがいいですね。

ワインのお話をしながらオーディオのチェックもしています。松原さんがアコースティックギターがお好きで、いくつかCDを持ってきて音質を確認。そのため前の日に着いた私は一番に電源を入れてすでに20時間以上切らずに温めておいたのです。おかげで音は最高の状態で鳴っています。まず岸部眞明さんのギター。まさにそこにギタリストがいるような、そしてこの家の造りである木材と共鳴をしているような自然な広がりです。
圧巻はボサノバ、ジョアンジルベルトの「三月の水」。まるでそこでジルベルトが歌っているようです。
とても充実したそして心温まる1周年でした。

|

« 大内宿「三沢屋」の蕎麦 | トップページ | ブリティッシュ・ヒルズでアフタヌーンティー »

ワイン」カテゴリの記事

那須」カテゴリの記事

コメント

ふきのとうと山ウドの天ぷら、そして美味しいワイン。
すっかりリラックスして持って行ったギターを弾くのも忘れていました。
少しはうまくなったんですよ。

投稿: masa-aki.m | 2007年4月11日 (水) 22:08

ふきのとうと山ウドの天ぷら、そして美味しいワイン。
すっかりリラックスして持って行ったギターを弾くのも忘れていました。
少しはうまくなったんですよ。

投稿: masa-aki.m | 2007年4月11日 (水) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須でのワイン:

« 大内宿「三沢屋」の蕎麦 | トップページ | ブリティッシュ・ヒルズでアフタヌーンティー »