« 那須でのワイン | トップページ | シンガポールに出張 »

2007年4月11日 (水)

ブリティッシュ・ヒルズでアフタヌーンティー

大内塾に行く手前、白河から会津に抜ける街道の天栄村に「ブリティッシュ・ヒルズ」があります。こんな山の中によくもまぁ、と感じるほど失礼ながら「辺鄙」な場所です。でも門を入ると英国式建物がたくさん建ち並び、さながら中世のウェールズにでも迷い込んだよう。http://www.british-hills.co.jp/establish/

        Fukushima004_1

その一角にある「クラフトハウス」で午後のアフタヌーンティーをいただきました。イギリスには何度も行っているにもかかわらず、未だ一度もアフタヌーンティーを試したことがないのです。これには自分でも驚いた。

Fukushima005_1 一見とってもボリュームがありそうですが、意外と軽くおなかに入ります。写真は二人分ですよ。

下からハムとキュウリ、そしてトマトのサンドイッチにキッシュ。

2段目はスコーン。

一番上はケーキ。

これに紅茶がセットになっています。ちょうどお昼時だったからかな、全部するりと食べられました。

忘れられないのはキュウリのサンドイッチの美味しさ。これまでこんな美味しいキュウリのサンドイッチは食べたことがありません。イギリスってキュウリのサンドイッチをよく食べるのでしょ。キュウリの切り方も輪切りではなく、縦に四角く切るのですよね。

Fukushima006_2

ちゃんとした(?)スコーンも初めてです。バターは遠慮してジャムをつけましたが、素朴で小麦の美味しさが味わえました。

Fukushima007_1 紅茶もなかなか素敵でしたね。ダージリンをはじめとして様々10種類以上の飲み物から選択できます。サービスは基本的にイギリス人(だと想像される)人が英語で行っています。公用語は英語だそうです。英語研修に来ている中学生や高校生がたくさんいました。

|

« 那須でのワイン | トップページ | シンガポールに出張 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こ、これはコメントせねば!(笑)

こちらのアフタヌーンティーは、種類は同じですが、もっとボリュームがあります。
お昼ごはんを食べてから行くと、まず食べ切れません。
お値段も、きちんとしたホテルは最低でも5千円はかかります。シャンパンつきだともっと!なので、一回行けば満足。あとはたいていクリームティー(お茶とスコーンだけ)です。

スコーンには、バターではなく、クロテッドクリームを山盛りのっけて食べるのが英国式でございます。焼きたてのアツアツだと幸せ。スコーンも沢山種類があります。

スコーンは別として、サンドイッチとケーキは日本のほうが美味しそうだなぁ…。キュウリのサンドイッチ美味しいですよね。キュウリとチーズだけのサンドイッチが好き♪

ロンドンにいらっしゃる際はご一報を。アフタヌーンティーを予約しておきます。リッツだと一ヶ月以上前に予約が必要です。ブラウンズも人気ですよ♪

投稿: まりぼん | 2007年4月11日 (水) 18:10

やはり一度本場にチャレンジしないとだめですかね。
一眼レフで写真を撮りまくっても嫌な顔されないところがいいな。

投稿: ブーレ | 2007年4月12日 (木) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリティッシュ・ヒルズでアフタヌーンティー:

« 那須でのワイン | トップページ | シンガポールに出張 »