« NRF2007 | トップページ | 映画A good Year(ワインと素敵な中年の恋) »

2007年2月 7日 (水)

浦安シティーマラソン2007

週末はシティーマラソンに出た。毎年エントリーをしていて、6年目になる。僕が出場するのは10キロ。本当はハーフマラソンに挑戦したいけど、このマラソン大会だけのために調整をしてる程度なのでいつもエントリー締め切りの時点では走る自信がない。

2月の1週目に開催されるのはとてもつらい。というのも、この3年間は1月中旬にNYで開催される小売業のイベントに出張をしており、帰国後2週間で調整しなくてはならないから。昨年は帰国後に疲れからか1週間寝込んでしまった。きっと年末年始の直後の出張だからだろうと思う。おかげで昨年は調整の失敗で当日出場を断念した。

今年はすでに元旦に熱を出して寝込んでしまい、本当は空気のきれいな正月に東京湾を眺めながら走る計画がまったく実現できなかった。そんなわけでNY出張ではワインは控えめに(なんちゃって)、2次会のジャズクラブではバーボンのソーダ割りを1杯だけにして、飛行機では一切のアルコールを断って睡眠薬でお休みして調整(笑)。
帰国後の2週間でなんとか10キロ走れるまでにうまく訓練できた。

さて当日は早起きしてパンを軽くとバナナ。iPodシャッフルで疲れた頃にちゃんと元気の出る音楽がなるように時間は計算されてある。2月にしては太陽がまぶしくやや温かい。しかし海から吹き込む風がきつい。Tシャツにベストを着て、これは結果的に正解。
今回の目標は50分。トレーニングジムで時速12キロをちゃんと体に覚えさせてある。スタートからきちんと12キロを維持(したつもり)。でもちょっときつい。

3キロ地点で時計は15分46秒。時速12キロだと1キロ5分の計算なので、このペースを守る限り50分で走れるはずだ。ちょっとペースを上げる。追い抜く人の数より僕を追い抜いていく人の数が多いのはちょっと悔しい。でもここでペースを崩すと目標を達成できない、と冷静に考える(実は少々つらくてなかなか加速できない)。
15分経つと体は呼吸に合わせて走ってくれるようになる。いつもはこの辺でランナーズハイ、ってのがやってきて、「俺はいつまでも走り続けることが出来る」と錯覚を起こすはずなんだけど、今日はそれが全くやってこない。つらいだけ。

左に東京湾、右にディズニーのホテル街を見ながら5キロ地点を通過。ここから向かい風に当たってしまう。ここがつらい。風は時折呼吸を奪う。吐き出したはずの息が戻ってくるほどの強さ。そして6キロ地点からの折り返しのランナー達を見なくてはならない。考えられないスピードで1位の人が走り抜けていく。これが一層自分に重荷になる。
やっと6キロの折り返し地点に来た。時計は29分。これなら目標タイムを超えられると安心する。それにこれからは追い風だ。調子よく走り始める。しかしここでやってくるはずの2回目のランナーズハイはやはりやってこない。つらい。練習では足が先に参ってしまうのに、今日は心肺機能が先に音を上げている。
そしてやってくる元気の素の音楽。僕が走るときはすべてスクエアーです。もちろんここでなり始めるのはトゥールスです。F1でおなじみの曲。しかし体は反応しない。いつもなら確実にここで加速するのに…

ここでいつもとちょっとした違いに気づく。なんと6キロ地点から全く距離表示が出てこない。いったい自分はオンペースなのか全然分からない。そのうち呼吸が乱れ始める。そして排気の際にうめき声が出るようになる。8キロあたりでリタイアが頭をかすめる。「もう目標なんてどうだっていい、楽になりたい」と考え始める。自分ではペースは落としていないつもりだが、このあたりで失速しているかもしれない。
そして残り1キロ。トレーニングジムではマシンで最後の1キロを時速13キロにペースアップをして練習をしていた。でも全くそういった発想にもならない。あと500メートル、400メートル、と数え始めるだけ。300メートルあたりまで来ると「あと100メートル走ると残りは200メートルに減るぞ!」と自分を元気づける。いつもなら100人抜いてやる!と思うのに情けない。
50メートルがこんなに遠いとは思わなかった。そしてやっと念願のゴール。タイムは?あぁ50分50秒。目標達成ならず。来年の目標が出来たさ、なんて強がってみたりして。

次回は2ヶ月前に練習を始めるのではなくて1年間ずっと走っていよう、と心に誓ったのでした。しかしこれはいつものこと。終わったらすっかり忘れてしまい、また直前に焦るのだろうか。
訓練で大事なのはLSDだ。「Long Slow Distance」。ゆっくりと長距離を長時間走ること。今年は一番走りたがっているボーダーコリーのリンちゃんと一緒に走る方策を考えようと思う。そして来年こそハーフを完走したいと誓う。

|

« NRF2007 | トップページ | 映画A good Year(ワインと素敵な中年の恋) »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

マラソンまでやっているとは知りませんでした。
がんばりますね。

投稿: msa-aki.m | 2007年2月 7日 (水) 17:31

お疲れ様です!
10キロ50分ちょっとってなかなかの記録ですよ。
ハーフは本当にキツイですよね。
私も山中湖一週マラソン(14km弱)と札幌市民マラソン(ハーフ)を半年の間に経験しましたが、ハーフのあまりの長さと苦しさにびっくりしました!
この二つはお勧めのマラソンです。コース自体もあまりアップダウンがないし、温泉があとに待っている!札幌は走ったあとにお寿司の食い倒れつきだし!
ハーフくらいになると、これくらいのオマケがないとできないのです(笑)

投稿: まりぼん | 2007年2月 7日 (水) 19:50

走るのも続けると中毒になりますよね。
今回の出張もランニングシューズ持参です。
もっともランニングウェアを忘れてきてしまい、成田でナイキを定価で買ってしまったというおまけ付きです。
ブーレ

投稿: | 2007年2月11日 (日) 11:17

お疲れ様でした、レース中の気持ちの変化とてもよくわかります、機会があったら一度一緒にレース参加したいですね。
私も今の状態では50分切るのがやっとかな。

投稿: momoko | 2007年2月13日 (火) 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦安シティーマラソン2007:

« NRF2007 | トップページ | 映画A good Year(ワインと素敵な中年の恋) »