« ロッサーナでポルチーニ | トップページ | 栗の絨毯 »

2006年10月26日 (木)

ロッサーナでポルチーニ2

Rossana006

調べたら昨年は12月の1週目に行っていました。ポルチーニに合わせたのでしょ、同じワインも出ていました。http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2005/12/post_b298.html

Rossana007 ヴォグラールはソービニオンブランでしょうか。非常に個性的な香り。「このワインがソムリエ試験に出たらみんな正解するでしょうね」とは立石さん。確かにこの個性は際だっています。

次がバルベラ・ダスティ。これはまぼろしのバルベラと言われているらしいですね。SO2を使用していないビノです。複雑なちょっと「古い」香りはキノコにすごく合いますね。

Rossana009

Rossana010 お次はレ・デュエ・テッレです。スロヴェニア国境近くのコッリ・オリエンターレ・デル・フリウリのワインということですが、名前(イタリア語わかりませんが..)とエチケットが示すとおり、2つの土壌で作られているそうです。

Rossana012Montepulciano D'aruzzoです。結構素敵なボトルですね。優しい香りがします。

最後にデザートに合わせてマッサ・ヴェッキアのイル・マット・デッレ・ジュンカイエです。こちらは昨年もデザートにいただきました。甘口のワインですが甘すぎず、デザートを邪魔しません。Rossana011

今年はおせち料理を作るそうです。イタリアンなおせちってどんなのでしょうね。ご興味ある方はぜひアクセスしてみてください。

http://www.rossana.co.jp/index1.html

|

« ロッサーナでポルチーニ | トップページ | 栗の絨毯 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロッサーナでポルチーニ2:

« ロッサーナでポルチーニ | トップページ | 栗の絨毯 »