« 浄土平から五色沼へ | トップページ | ロッサーナでポルチーニ »

2006年10月18日 (水)

薪ストーブ今年の火入れ

今週末は多少夜が冷えたので那須の薪ストーブの火入れをしました。この時期になると待ってられないというのが正直なところです。

      Nasu050

山荘の木立を見ると、何本かもう葉のついていない木がありました。このままでは腐ってしまうので、薪としての利用価値のあるうちに切ってしまおう、ということでチェーンソーで切り倒しました。

まず倒れる方向に刃を入れて、次に反対側から切っていきます。倒したい方向にもう一人が力を加えているとちゃんと倒れます。でも倒れる瞬間に逃げないと、切り倒した側が跳ねてぶつかって大けがをしないとも限りません。

さて夕食はサンマ。わざわざ那須でサンマもないだろう、と思ったのですが、丸々と太ったサンマを炭で焼いて食べるなんて都会では出来ません。そこで七輪を出してきてサンマを焼きました。まず炭を焼いて準備をして、サンマを乗せます。テラスに置いて、ちょっと他の料理をしていたらなんと火柱が上がっているではありませんか!炭はたいした状況ではなかったはずのに、大変な状況になっています。サンマの脂が真っ赤な炭に落ちるたびにすごい火だねが発生します。こりゃ大変、とばかりにひっくり返し、でもまた火柱の中に包み込まれるサンマ君。思わず網を持ち上げてしまいました。

よく昔、七輪で内輪で煽っているのを思い出したのですが、そんな状況じゃなかったです。むしろ火を落としたいくらい。まぁ脂の乗っている証拠だね。皮は焦げてバリバリだったけど、ほくほくと炭火の焼き魚はとっても美味しかったですよ。

         Nasu051_1

ワインは昨年サンノゼで購入したDiamond Creek 1988でした。あと4,5年おいても良かったかもしれません。

Nasu052

|

« 浄土平から五色沼へ | トップページ | ロッサーナでポルチーニ »

那須」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪ストーブ今年の火入れ:

» ルーガー社の薪ストーブ温度計 [■東西南北・閑閑話■]
薪ストーブを焚くのにサーモメーターが無くても全く問題ない。 初心者ならともかくも、慣れてしまえば目視や暖かさで、およそ状態は判るようになるからだ。 だけどそうは言っても、あればあったでやっぱし便利なものには違いなく・・・ メーター系が好きなボクとしては・・・ どうしても必要以上に着けておきたくなるってものさー ■クリックお願いしま〜す■ 人気ブログランキング 1日10�... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 13:46

« 浄土平から五色沼へ | トップページ | ロッサーナでポルチーニ »