« ソノマのワイン街道? | トップページ | 久々のOpus »

2006年6月15日 (木)

ディナーはFifth Floor

サンフランシスコに戻り、ディナーはビジネスのお仲間のHさんとご一緒させていただきました。Hさんとは仕事で知り合ったのですが、那須仲間ということがわかり、更にたまたま同じ時期にお互いの本社があるシリコンバレーに出張に来ていたのです。

Fifth Floorは4thとマーケット通りにあるPalomerというホテルのそのまま5階、つまりFifth Floorにあります。初めて行ったのですが、昔の同僚が推薦してくれました。

レストランは静かでとても落ち着いています。お客さんも土曜日だというのにほとんどの方がネクタイをしてジャケットを着ています。

メニューは厳選されていて、前菜からアントレまで4,5種類のみです。コースですべての料理にワインを合わせてくれるメニューもありますが、これだと一人180ドルにもなってしまいます。今回はアラカルトで。

Sanfrancisco009 これはスープではありません。立派な前菜です。

海老が野菜と料理されており、テーブルの上でアスパラガスのソースをその上からかけてくれます。

ワインメニューはすごい!とにかく分厚いし、カリフォルニアももちろんですが、かなりフランスワインが充実しています。Sanfrancisco010

でもこれはなんと、Williams Selyemのほぼすべてがカバーされてるではありませんか。 (見えますか?)

これは頼むしかない!と普通は思いますよね。でも最低で200ドル、ものによっては300ドルです。これは小売で探して家で飲っと...

ワインは「Domaine Drouhin 2002」のピノとしました。オレゴンのワインです。

Sanfrancisco011

これ、美味いのなんのって。オレゴンのワインは私の守備範囲外だったのはうかつでした。このワインはブラインドで飲むと絶対100人中99人がブルゴーニュのワインと言うでしょうね(根拠ないです)。

なめらかでふくよかで、複雑な香りがずっと残ります。

チャンスがあればオレゴンのワイナリーも行ってみたい。

さてメインは白身にしました。アメリカのレストランにしては淡泊でした。日本人にはちょうどいいのです。量も多すぎないし。

         Sanfrancisco012

ちょっとフォーマルなディナーにお勧めのお店です。

「Fifth Floor」 http://www.fifthfloorrestaurant.com/index.html

先ほど調べたらこのワイン、ブルゴーニュのワインと言ってもいいくらいのものなのですね。ブルゴーニュワインの生産者のDrouhin(ドルーアン)の系列ではないですか。それはブルゴーニュの味がするわけですね。 http://www.drouhin.com/accueil/index1.php?lg=en

|

« ソノマのワイン街道? | トップページ | 久々のOpus »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディナーはFifth Floor:

« ソノマのワイン街道? | トップページ | 久々のOpus »