« Vignette サンフランシスコ | トップページ | スペインの逸品「バロン・デ・チレル」 »

2006年2月28日 (火)

荻窪のドミナス

カリフォルニアワインの充実した「ドミナス」に行きました。荻窪の駅から歩いて数分のところにあります。以前からインターネットで見ていて行きたいな、と思っていました。

時間が6時と早かったため、まだ開店したばかりでお客さんはいませんでしたが、9時Ogikubo01には満席になっていました。客層は様々で、数名のパーティー、カップルでデート、近くから夕食に来た、といった感じのラフな格好のご夫婦などなど。皆ワインを楽しんでいました。

ソムリエの井手さんはカリフォルニアワインが大好きだそうで、料理もまたカリフォルニアワインにあわせたようなメニュー。我々は料理をプリフィックスメニューから選びましたが、一皿ごとにワインをグラスで井手さんと相談をして決めました。今回は全部カリフォルニアワインにしたのですが、楽しい相談になりました。

料理はメニューリストからも選べますが、やはり黒板に書かれたものが魅力的に見えますOgikubo03。写真はメインの手長エビと野菜のパイ包みです。他の料理も、たとえば「サンフランシスコで有名なXXというシェフが作った料理が、ピノにとっても良く合ったので、彼の料理を盗んでメニューに加えた」といった感じで、ひとつひとつにこだわりが感じられます。

そこでピノを選んでもらうことに。井手さんが選んでくれたのはこだわりのピノ「El Molino エル・モリーノ」です。ナパのセントヘレナのワイナリーですが、当初からピノにこだわり続けた逸品。上品でいながら強く立ち上る香りがいきなり脳天を突き刺します。このスパイシーさは料理なしでももちろん十分楽しめる複雑味。今度カリフォルニアに行ったら買ってこよう、と心に決めたのでした。http://www.elmolinowinery.com/Ogikubo04

井手さんのこだわりをそのまま反映した落ち着いた、目の行き届いたお店です。グループのワイン初心者に思われるお客様に、根気よく説明をされているのが印象的でした。また銀座のような都心にあるレストランとは違い、やはり荻窪にこそあるべき(?)レストランですね。

Ogikubo02   

http://www.dominus.jp/information.html

|

« Vignette サンフランシスコ | トップページ | スペインの逸品「バロン・デ・チレル」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ドミナス、私も好きでよく行っています。
癖のあるオーナーですが、いいお店ですよね。
私自身はフランスワイン派でカリフォルニアは全く詳しくないのですが、そんな私でもとても楽しめるお店です。

確かに、荻窪にあるべきお店なんです(笑)

投稿: たけ | 2006年7月22日 (土) 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荻窪のドミナス:

« Vignette サンフランシスコ | トップページ | スペインの逸品「バロン・デ・チレル」 »