« 天空のバー | トップページ | 帰ったら日本酒 »

2006年2月 1日 (水)

NYのギターサロン

午後時間があり、夕食まで出かけることが出来ました。さてどこに行こうか、と考えてインターネットを見ていたらギターサロンを発見。年代物の古いギターや世界の新作がそろっているようです。http://www.theguitarsalon.com/

早速電話をして見たのですが、今日はアポイントが一杯で時間がない、とのこと。こちらも時間がないので粘ってみたら「4時から5時の間だけなんとか時間を作ります」ということで行ってみました。場所はウェストビレッジのそれほど大きくない普通のアパートの1階です。犬を2匹飼っていて、そのうち1匹が16歳と高齢で「毎日6回散歩よ」というオーナーとアパートの入り口で会いました。彼女のアポイントのスケジュールには「犬の散歩」というのがしっかり入っているようですね。

NY022 部屋は12畳ぐらいの広さのサロンにギターやリュート、バラライカそして琴などが飾ってあります。おちついた雰囲気です。オーナーの60代か70代の女性とギターの先生と思われる30代の女性と二人がいました。オーナーの女性はスペインに留学していてセゴビアと会ったことがある、と一緒に映っている写真を見せてくれました。

時間がないので早速「どんなギターが欲しいの?値段のレンジは?」と矢継ぎ早に聞いてきます。私も一応買うそぶりを見せないとアポが取れない、と思っていたので「僕のは日本的な柔らかい繊細が音だけど、できればそれとは違う良く鳴るのがいいな」と。

NY023

まずカナダの制作家の作った7000ドルのものを出してくれました。これが弦長650なのですが弾きやすい。私のは640なので聞いてみたらそれはない、とのことだったのですが、これなら弾きやすい。新作ながら音も乾いていてよく鳴っています。

次に持ってきてくれたのはベラスケスの60年代の作品です。もちろん中古。これは深く重くそして甘い音がします。同じ価格レンジですが、すぐにこちらが好きになりました。小一時間弾いていると「どう?気に入った?」と紅茶を出してくれました。そして若い先生に頼んでこの2本を弾き比べてもらえたのです。彼女は南米系の音楽が好きなようです。曲名は知りませんが、甘いポピュラーの曲を弾いてくれました。ベラスケスはそれこそ「とろけそう」な甘い音で鳴いています。この瞬間「買い!」と思いました。

そこで値段など聞いていると「でもちょっと問題があるの。このベラスケスには制作家のラベルがないの。でも正真正銘の本物よ。」と言うではありませんか。確かに覗いてみてもラベルがありません。証明の方法がないのです。でも音はとってもいい。どうしようかなぁ、と思いながらまた手にして弾いてみます。本物なら8000ドルは高くない。状態も新品同様とは言えないけどきちんと手入れされていて美しい。さてどうしたものか。

結局購入は見送りました。1フレットずつチェックをしていたら低音弦の7,8フレットあたりがビビッてしまうのです。これは弦高が低いのかバランスが悪いのか私には分かりません。後者なら直すのは大変です。海外で買うのはちょっとリスクが高い。

ということで5時になり次のアポの方が来たので帰ることに。もっと時間があれば他のギターも試してみたかったのですが、それは次回にします。

どなたかこれ、本当のベラスケスか鑑定できますか?

NY024 NY025

|

« 天空のバー | トップページ | 帰ったら日本酒 »

New York」カテゴリの記事

ギター 」カテゴリの記事

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

これは、ベラスケスではないですね、ロゼッタの模様が
違いますし、ベラスケスはヘッドの形はハウザーと同タイプ
です。ベラスケスはハウザーを追求した製作家です。

投稿: トマリン | 2007年12月 1日 (土) 07:38

やっぱり、買わなくて良かったです。
ありがとうございます。

投稿: ブーレ | 2007年12月 9日 (日) 17:32

古い記事にコメント失礼いたします。
こちらの楽器はベラスケスで合っていると思いますよ。
こういったロゼッタやヘッドの楽器もあります。
60年代でしたらクラシコやエステーラ等の工房作品ではないでしょうか。
その年代ですと、後期の自作品よりはるかに良いものがあります。
ただ、工房品ですと、その価格は高いです。

投稿: | 2017年8月 8日 (火) 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133390/8412497

この記事へのトラックバック一覧です: NYのギターサロン:

« 天空のバー | トップページ | 帰ったら日本酒 »