« 玻璃 青山 | トップページ | ニューヨークです »

2006年1月11日 (水)

Bar Orangeでスティンガー

麻布のバー「Orange」は静かで落ち着くバーです。バーテンダーの中山さんが昔「ラジオ」にいらっしゃってそこで知り合いました。Orangeを開店されるときに連絡をいただいて少ししてから訪問をしたのですが、ラジオでも2回しかお話をしたことがなく、かつOrangeで再会するまで2年近くの歳月があったにも関わらず「いらっしゃいXX様」と私の名前で呼んでいただきました。もうそれでびっくりして時々通うことに。

Orangeの名前の由来は奥様(彼女もバーテンダーです)と一緒にお好きな映画、「時計仕掛けのオレンジ」からとったそうです。星条旗通りから一本入った狭い道にひっそりとお店はあります。

いつもそこで頼むのは「スティンガー」。ブランデーとホワイトリキュールのカクテルです。なぜスティンガーかと言うと、少し長いお話があります。

20代のころカクテルやバーにあこがれていました。そこで購入したカクテルの本が 「バー・ラジオのカクテルブック」

そして約15年が経ち、念願かなって知り合いに連れて行ってもらいました。本当に想像していた通りのいいバーでした。私はカクテルブックを読んでいること、カクテルは頭ではわかっているけど実際にはまだ十分な知識がないこと、を伝えました。そんな初めての客にもバーテンダーの大西さんは優しく対応をしてくれたのです。そして私はそこで洋酒の飲み方を勉強しました。

大西さんのカクテルで特においしかったのがスティンガー、そしてジャックローズでした。初夏になるとミントジュレップを飲みました。大西さんのマンションのベランダで作ったミントを入れて。夏には美味しい桃でベリーニを飲みました。大西さんは映画が大好きで、週に2本は見ていて、いつも見た映画の話をしてくれました。

中山さんは私が通った時期の後半2回だけラジオにいらっしゃいました。その時日本の映画の話をしました。それを中山さんは今でも覚えています。

大西さんが亡くなってからラジオには行かなくなり、そして何年かしてひっそりと神宮にあったラジオは店を閉めました。今は青山の2ndラジオがありますが、それほど行ったことはありません。

私は今、中山さんの背中に向こうに大西さんのいたラジオを見ています。そして中山さんには「大西さんのスティンガーを」と頼んでしまいます。

Orange01

Orangeの自慢はたくさんありますが、特にあげればカルバドスです。中山夫妻がフランスまで行って買い付けてくるのですが、バラエティーがあってとても楽しいですよ。

|

« 玻璃 青山 | トップページ | ニューヨークです »

バー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bar Orangeでスティンガー:

« 玻璃 青山 | トップページ | ニューヨークです »