« Ryan | トップページ | このブログを始めた理由1 »

2005年12月12日 (月)

銀座のバー 酒仙堂

この季節、夜の銀座はとってもきれいで人通りも多く活気付きます。特に活き活きしているのがクラブのお姉様達ではないでしょうか。華やかな衣装やお着物を着てお客様と銀座を闊歩されているのを見るのは、年末のこの時期の「風物詩」として私は好きですね。特に忙しいのは8時前の飲食店です。このところ8時前に予約なしで比較的気軽に食事の出来る店に入るのは至難の業です。何故って「同伴」の方々がたくさんいらっしゃって、しかも8時までに入店が普通ですよね。なので7時から8時にピークが一気に来るわけです。「今日はちょっとおでんでも食べて暖まろうか」ととある人気店の暖簾をかき分けてみると...満席です。でも心配なく、8時にはがらがらに。

そんな華やかな世界を見ながらこちらはバーに入ります。今夜は「酒仙堂」に初めて行きました。初めてのバー、ってちょっと緊張しますよね。しかも初めの一杯の注文って試されているみたいであれこれ迷いますよね。でも酒仙堂ではそれが全くありませんでした。失礼な言い方かもしれないけど、顧客がすぐになじめる雰囲気でした。

すでにワインを飲んでいい気持ちだったのですが、まずはラムを頼むことに。「しっかりした重めのラムをお願いします。」と注文したところMontebelloが来ました。このラムはカリブ海のグアデロープというフランス領の小さな島で造られています。Shusendo01 これをストレートで飲んでいるとバーテンダーの方が世界地図を持ってきてくれてグアデロープの場所を教えてくれました。本当に小さな島です。ちなみにWEBで調べるとこんなのが見つかりました。http://www.rum.cz/galery/cam/gp/montebello/ この方、チェコの人でラム酒のコレクターみたいです。すごい情報量。

棚をみながらラムをすすっていると、みかけないラベルが(といってもかなり見かけないものがあったのですが...)。これは珍しい、タリスカーのカスクですね。Shusendo02 アルコール度数は58.8度もあります。ストレートにちょっと水を垂らして飲むと香りが立ち上ります。

最後のシメは何にしようか。翌朝早いのであまり強くなく翌日に残らない優しいお酒にしてください。と言うと「フルーツなどはいかがですか?」と言われました。今は苺と洋梨があります。ここは洋梨とシャンパンにしましょう。Shusendo03 今日はデザートも食べていなかったし、フルーツの甘みと酸味が口の中をさっぱりとさせで、明日への活力になります。

|

« Ryan | トップページ | このブログを始めた理由1 »

バー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のバー 酒仙堂:

« Ryan | トップページ | このブログを始めた理由1 »