« 袖ヶ浦カンツリークラブ | トップページ | シャンベルタン1976 »

2005年11月11日 (金)

吟の蔵 すずらん通り店

銀座にある日本料理のお店、「吟の蔵 すずらん通り店」に行きました。http://r.gnavi.co.jp/g096302/

11月になると「ふぐ」ですよね。ロンドンに住んでいて、久しぶりに東京に一時帰国している友人が「ふぐ、ふぐ、ふぐ」と言っていたのでお願いをしました。

Suzuran01 Suzuran02

この日は天然物が入荷しており、テッサとテッチリを食べました。なかなか天然物を食べる機会がないのでじっくり味わって...と。やはりじんわりと歯に染み渡る旨みはこたえられません。お値段はそこそこはりますが、やはり味の深みが少ない養殖ものを何度も食べるより、1回でいいから奮発して天然物を食べた方がいい気がしました。

お酒は福島県会津の末廣酒造のものです。http://www.sake-suehiro.jp/ 実は今週は蔵元さんが亡くなられ、お通夜がありました。吟の蔵のオーナー、小林さんが行ってこられました。

もう7年も前になりますが、小林さんにアレンジしていただき、会津地方の蔵見学を行いました。その時に末廣さんにお伺いをしたのですが、米がお酒になるまでを熱心に講釈いただいたのを今でも覚えています。心よりご冥福をお祈りいたします。

ということで蔵元さんを偲んでお酒はすべて末廣にすることになりました。 Suzuran03「舞」は大吟醸です。馥郁とした香りがしますが、ふぐのお刺身を邪魔することはありません。山廃純米はぬるめのお燗で。お鍋にはちょどいい。

板前のユウジ君は仕入れたボラの卵巣でカラスミを仕込んでいました。

Suzuran04

このカラスミ、大きくて旨そうですよね。

吟の蔵は銀座に2店舗あります。今年、開店10周年をお祝いしました。オーナーの小林さんは偉大なる利酒師ですが、シニア・ソムリエでもあり、お酒やワインと日本料理のマリアージュに非常に力を注いでおられます。特に日本酒の品揃えは圧巻。また個人的に沖縄がお好きで、泡盛の古酒の甕も数種類置いてあります。

|

« 袖ヶ浦カンツリークラブ | トップページ | シャンベルタン1976 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

ふぐふぐふぐとうるさくてスミマセンでした(笑)

これでロンドンに帰れます

またお会いできるのを楽しみにしてます!

投稿: | 2005年11月12日 (土) 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吟の蔵 すずらん通り店:

« 袖ヶ浦カンツリークラブ | トップページ | シャンベルタン1976 »